境涯革命五原則

境涯革命五原則

一、他人に言ったら愚痴になり・御本尊に訴えれば祈りになる。
二、世法で苦労すれば苦しみが残る・信心で苦労すれば喜びと福運が残る。
三、感情で対すれば怨嫉となる・題目で包容すれば成長出来る。
四、方法ばかり考えると迷いになる・決意して祈ると知慧が沸く。
五、出来ないと決めると出来なくなる・やろうと決めて祈ると力が出る。


「冬は必ず春となり、逆戻りしない」にお越し下さりありがとうございます。
常連の方々にはご理解頂いていると思いますが、当ブログは創価学会指導、
教学、私のお気楽な日常が綴られております。
指導、教学において自分の見解が多分に含まれている所もございますので、
ご了承くださるようお願い致します。
このたび、2013年11月18日と当ブログの1年(2012年11月2日開始)
を記念し、この「境涯革命五原則」を胸に2030年に邁進していきたいと
思いトップに持って参りました。宜しくお願いします。

最近、管理人多忙でして、記事更新、過去記事整理がままならなず様々滞っております。
誠に申し訳ございませんが、コメント受付を休止しております<(_ _)>
 
また、過去記事の整理の編集作業のため、過去記事のコメントをオフにしておりますので
誠に申し訳ないことに、過去に頂きましたコメントはブログ上からは消えております。
せっかく頂き、勿体ないお言葉の数々ですので別のデーターにて保管させて
頂いております<(_ _)>




[PR]

# by hakodate0711 | 2018-11-18 02:12 | 指導

本当の勝敗は見えぬところにある

皆様、本当にお疲れ様です<(_ _)>
私も、しばらくだれておりました
その割に、安く大阪に行く方法を西村京太郎の小説の登場人物ばりに
調べてたな私・・・
結局、年末、東京に行くので結局断念しましたが(泣)

さて、今日は、物事、今、目に見えてる結果だけで判断しない
ほうが良いと思う話を二つほど紹介します。

まず一つは、1週間ぐらい前に判明した話を・・・
今から5年ほど前ですが、母と私は、ある友人の家に対話しにに行き、
帰り際、友人の旦那さんの態度に「ひぃぃ、絶対、怒ってるよ~」
と思い、それ以来なんとなく避けておりました・・・・
しかし、ほんの一週間ほど前、その友人とラインでやり取りをしていたら、
旦那さんの話になり友人よりも、実は、旦那さんの方が遥かに理解し
応援し、信じてくれていてくれたことを聞きました・・・
私も母もいい意味でビックリ仰天です(汗)

もう一つは、以前こちらのブログの2016年3月16日の
桜梅桃李② どこで咲き誇るかわからない・・・にて紹介した話ですが・・・
ある有名大学の信心強盛な女性が、就職活動の結果、彼女は、自分の希望しない
中小企業の会社に就職することになりました。
一方で彼女の友人(信心してない)は大企業に就職しました。
当然の如く彼女は、「どうして、あの子があの大企業に就職できて、なんで私が・・・」
と非常に悔しい想いをしたそうです。
しかし、彼女の就職した企業は不況に強く、残業も少なく、年間休日も多く
尚且つ、都市から郊外に向かう通勤なので渋滞に巻き込まれずに楽で
学会活動し放題で毎日が充実していたとのこと(笑)
前述の友人は、大企業に就職したものの、残業三昧で休みも取れず、毎日
疲れ切っていたということ・・・・

余談ですが、仕事でも言い争いになった人とは後後、信頼関係が生まれ
何もなかった人の方が、最後の最後で大揉めになったりすることがあります。
本当の勝敗は、すぐ目に見えるところにあるわけでなく
意外なところにあるものです。





[PR]

# by hakodate0711 | 2017-10-29 17:40 | 私の体験談

函館百景① 野生のパンダ!?

皆様、お疲れ様です。
大分ご無沙汰して申し訳ございません<(_ _)>
社会情勢も変動し、私自身、仕事に、学会活動に、趣味に
バタバタしてる間にあっという間に早いもので10月・・・・

今朝、車線変更の際にサイドミラーの確認が甘くて
危うく事故を起こすところでした・・・本当に危なかったです・・・
自分の運転が下手なのはもちろんですが、魔が来てるな
と思うところありますので注意喚起と自分の戒めにも
書かせて頂きました・・・・
皆様、お気を付けくださいませ・・・・

さて、上野動物園で生まれたパンダが「香香(シャンシャン)」と
名づけられ、盛り上がってる頃、函館では、野生のパンダが・・・・!
「観光資源が増えた!」と思ったのですが、野性のパンダではなく、
正体はヒグマとのこと
道総研環境科学研究センター、間野勉自然環境部長曰く
「ヒグマで間違いありません。 (見た目から)2歳~3歳
くらいの個体か雌の成獣。 パンダのように見えるかもしれないですけど、
(こういう配色は)北海道のヒグマでは一般的です」 とのこと 
「一般的なヒグマですか?ここまで、パンダ柄なのは見たことないんですが・・」
という疑問は多々あるんですが・・・・
間近で見てみたいところですが、遭遇したら確実に命がないので止めておきます・・











[PR]

# by hakodate0711 | 2017-10-11 20:33 | 函館話

真面目に生きることは「功徳」

皆様、お疲れ様です。
今日は、先日の間抜けな「バッファローマン~」話とは違い
「昔、悪かったんだわ~」的な人は結構辛いお話になるので
かなりご注意を・・・・

16日深夜放送のラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」
(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、
過去の破天荒エピソードを「昔のいい思い出」
として話してしまう人々に苦言を呈した。
番組ではリスナーから届いた「ヤンキー」に
まつわるメールをきっかけに、山里が「ヤンキー」について語っていた。
中でも、山里は「昔はヤンチャだったからね」
「悪さしてたけど、それは昔ですよ」と話す人がいることを
例にあげ「スゲェいい思い出みたいな空気を出すけどさ…」
「被害者サイドから言うと、結構人生変わっちゃった人もいるん
じゃないかな?」と苦言を呈したのだ。

山里亮太 過去の破天荒エピソードを「いい思い出話」
のように話す人々に苦言 ライブドアニュースより


山ちゃん、良く言った!
私もいじめられたり、迷惑被ったので同意見です!
私も、ヤンキーの武勇伝や浮気話のような
「他人の不幸の上に自分の幸せを築く」ネタに語っている人を
見ると、「あぁ全く反省してない」のだなと思い、
怒り、憐れみ,情けなさを覚えざる負えません。
そして、なんだか「昔、悪かった~」ネタが賛美されるのも
苦々しく思っておりましたので、前々から、こういう人に苦言を呈する
記事を書きたいと思い構想練っておりました。
今回、非常にいいタイミングでしたので、記事に致しました。

「今、更生したからいいんじゃないの?」
「昔は昔、今は、そうしてないし・・・」
それは、ありません。そんなに世の中甘くありません。
悪いのが普通に戻っただけですから、
そして、人の生命は簡単には変わりません。
「生命変わらければ、またやる」ので
また、何かの拍子で戻るほうが圧倒的に多いのですし、
仮に、運よく、生きてるうちは出てこなくとも
来世、また同じことするのです。

そして、被害者はしっかり詳細に覚えてます!
いや、被害者だけでなく、被害者の身内、見ていた周りの人も
覚えてますし、人づてに評判と言うのは広まってるものです。
また、ネット全盛の世の中ですから、過去のことも何らかの形で
残っていたりします。
それが周りまわって、かえるように出来ていると
「因果の理法」においても説かれております。

普通に考えてみても、
仕事を依頼する時、採用する時等
元ヤンの人、真面目にコツコツやってきた人
どっちを選びますか?
簡単なお話ですよね?

「じゃあ、どうすればいいの?」
信心して世の中に貢献してください。
こういうのは宿業ですから、必死で信心して
「宿命転換(しゅくめいてんかん)」 
「転重軽受(てんじゅうきょうじゅ)」するしかないのです!
そうすれば「使命」に変わってくれるのではないでしょうか?
私としても、このような方が「生命を変革して更生して成長して
おもいっきり、世の中に貢献するように」祈っております。

このように考えていくと、真面目にコツコツ生きるということは
そのような宿業がなく、プラスからのスタートできるのです。
「損」のように見えて、立派な「功徳」なのです。
あとは、於保哲外先生が仰るように「図太く生きる」を加え頂ければ
と思いますので宜しくお願い致します。

参考記事
生命変わらなければ、またやる
因果の理法
於保先生(ドクター部)指導


参考リンク
宿命転換     教学用語検索(創価学会公式)
転重軽受     教学用語検索(創価学会公式)




[PR]

# by hakodate0711 | 2017-08-19 19:56 | 生命が変わらないとまたやる

バッファローマンと会社と創価家族

皆様、お疲れ様です。
「管理人、ブログサボりすぎだろ!」という感じですが、
多々動きながら、クリップスタジオ(絵のソフト)の
勉強をしておりました。
わりとハードな記事が多かったので、今日はイラストを趣味と
する私の数年前に起こした「バファローマン事件」の話を・・・

あれは、数年前、会社の昼休み、楽しく一人お絵描き大会を
行っていたときのこと・・・
(もう、この時点でで嫌な予感しかしない・・・・)
私の横に思いっきり蔑みの眼差しを向ける上司が立っていました。
昼休みなので、イラストを描いてても別に問題はないのですが、
しかし、私が描いていたイラストは「キン肉マン」に出てくる
「バッファローマン」(なんだか描きたくなったため・・・)
物事の分別のつくいい年齢の女が、会社の昼休みに
キン肉マンのバッファローマン描いていたら、
そんな視線を送るしかないわけです・・・
ちなみに、私は、週刊少年ジャンプで連載持つことを
夢見ていた人間なので少年、青年漫画系の絵で、
可愛い女の子からマッチョな兄ちゃん、ヤクザ等
なんでも描くタイプです。

普通、落ち込むところ、面白いネタが出来たと思い、
止せばいいのに女子部の会合の近況報告でうっかり発表
当たり前の如く、女子部の幹部の人Aさん(名誉のために仮名)
に注意されます・・・
しかし、注意された理由がふざけてるという理由ではなく
「○○ちゃん(管理人)、『キン肉マンのバッファローマン』をわかるのは、
ここにいる女子部でも年齢的にも、ネタ的にも○○ちゃんと私しか
いないのよ・・・」というダメだしでした・・・・

そこに、心優しき女子部幹部のBさん(彼女も名誉のため仮名)が
「知ってるよ『黒いのでしょ!』」とフォーロー
しかし、私は「バッファローマンって黒かったか・・・・?」と
若干の疑問が・・・・
会合終了後、帰りの道中「Bさんは、バッファローマンとウォーズマンを
間違いしてたのでは・・・・」と言うことに気がつきました・・・
それから数年、未だBさんに会っても、あの時のことを話せずにおります。


皆様、趣味は心を潤します・・・
しかし、趣味への邁進(まいしん)はほどほどに(笑)







[PR]

# by hakodate0711 | 2017-08-17 18:53 | 日常