氷川きよしに学ぶ愚痴と文句を言わない力

氷川きよし・・・・

私に彼を語らせたら最後、今日のブログがどれだけ長くなるかわかりません
氷室京介、布袋寅泰、GLAY、そして氷川きよし、
私の中の歌手四天王・・・・凄いラインナップだという突っ込みは
キリがないので突っ込まないでください(笑)

彼の歌唱力、ルックス、人格等々素晴らしいのは言わずもがななんですが

私が彼を好きな理由の大きな一つに、彼がゲストで出ていた「徹子の部屋」に時に聞いた、
黒柳徹子さんの彼の性格を表す一言

「あなたは仕事のことで愚痴らないですものね」(正確ではないですがこんな内容の一言)

河合師範の指導に
「愚痴と文句は功徳を消すよ!」というのは先生の指導、なぜかと言うと
祈れば解決する。祈らないで愚痴を言っている・文句を言っているのは御本尊不信だから。
「私ばっかり苦労して」と言うが、言い分は正しくても何も解決しない。
これを『正しい愚痴』と言う。正しい文句かもしれないが、だめ。解決しない。
信心は良いか悪いかではない。良くなるかどうか。仏法は勝負。良くなるように祈ればいい。

というのがあります。信仰云々じゃなくとも、愚痴らないという仕事の姿勢は
必ず結果を生みます。
「氷川きよし」という歌手がが浮き沈みの激しい芸能界で10数年トップを走り続けてる
理由はこれなんだと納得しました。

まぁ、彼も人間ですから親しい仲間内とかと飲んでる時に嫌なこともポロッと出たりしてる
のかもしれませんが
「愚痴」というのは、国語辞典で調べると「言ってもしかたのないことを言って嘆くこと」
とあります。
あんまり、ダラダラ嘆かずにサラッと流したり、ネタにしてしまえばいいのかなと
私は思ってます。

ちなみに私の今日一番のショックなことはきよしが出てる歌謡笑劇団見逃してしまったこと(泣)
嘆きたいのですが、ここで嘆くと上記の内容に反していくので、これもサラッとネタにします(泣笑)
[PR]

by hakodate0711 | 2012-11-10 21:44 | 河合師範