徒然なるままに書いてます

by hakodate07

冬は必ず春となる

また、肉体的にも、精神的にも厳しい時期がやって参りました。
こういう時だからこそ、事件、事故、上げ足を取られそうになったり
等々とあらゆる場面で魔がでると思います。
ありとあらゆる場面で気を引き締めていきたいと思うところです

「冬は必ず春となる」

先生の指導に
「冬」は、すばらしい「春」のための充電と鍛えのときである。
そのときにこそ、永遠に崩れぬ「成仏」へのエネルギーは蓄えられ、
宇宙大の広がりを秘めた生命活動の力が培われていく。
しかも、そのエネルギーは、難にあえばあうほど大きさを増す。

「冬」の間にこそ、どう戦い、どれほど充実したときを過ごすか。
必ず来る「春」を確信し、どう深く生きるかである。
自然界には花咲く春がまちがいなく訪れる。
正しき法にのっとった人は、だれもが必ず
「春のとき」を迎えることができる。それが生命と宇宙のリズムである。

正しき信仰をしていれば、苦難を乗り越えるたびに福運を積み、
境涯を高めていける。
しかし逆に、「冬」のたいへんなときに、
信心の向上のための世界から逃げたり、疑ったりして、
十分に力と福運を蓄えておかなければ、
満足の人生を送ることはできない。
現実の社会にあっては、「冬」のままで
人生を終える人があまりに多い。

戦い鍛えて春を迎える『池田大作全集第74巻』 引用

とあります。
冬は充電と鍛えの時なんです、そして冬があるから春の暖かさに
ありがたみを感じるんですよね
キャベツだって越冬した方がおいしいし(それ、違うって・・・
すいません脱線しました・・・)

見つけた先生の指導や河合師範の御書講義を連続してアップしていきますので
そちらもご覧いただければと思います。
[PR]
by hakodate0711 | 2012-12-04 12:57 | 池田先生