徒然なるままに書いてます

by hakodate07

広布の父

皆様、こんばんは
私、週末とても行きたかったライブイベントがあり、ギリギリまで調整して
悩みましたが、色々立て込み日程が合わずやっぱり苦しくなってしまうのと
お財布が風邪気味なので断念しました(大泣)
絶対、絶対、絶対福運つけて近いうちに絶対リベンジしたいと思います(大泣)

さて、今週日曜日は父の日ですね
私の父は、家中のカレンダーに赤丸印をつけ「父の日」と書き込んでいました
新手の壮年部の主張です
今日の聖教新聞の社説にも、「誇り高き黄金柱」として下記のように言及
されておりました

名誉会長は”広布の父”に、こうエールを送っている。
「我ら壮年の誉れとは、いったい何か。それは、わが人生の道にあって、
信心を根本に打ち立てた『勝利の旗』の数ではあるまいか。『誰か』ではない。
『自分』である。自分が勝つことだ。自分に勝つことだ。その姿こそが、皆に勇気を
波動させていくのだ」(『随筆 栄光の朝』〈広布の賢者の壮年部(下)〉)
”創価の父”が厳然と立ち上がれば、各部の力も、勢いも倍加する。

本当に、青年部、婦人部が安心して走れるのは、縁の下の力持ちの壮年部が
いるからなんです。
そんな、広布の父を大切に!
[PR]
by hakodate0711 | 2013-06-14 22:13 | 池田先生