再び会える①

皆様、こんばんは
色々忙殺され、書いているうちに、日付をまたいでしまいました・・・・
昨日は、東日本震災から、3年・・・・・
震災にまつわるものを見たり読んだりするたびに
「多くを失った被災者の方々の喪失感は筆舌に尽くしがたく
特に、かけがえのない大切な人たちを失い生きる方々に
何かできることは・・・・かける言葉は・・・・」と考えていた時に
こんな言葉に出会いました

「私たちは妙法家族です。生も死も超えて、妙法と言う『生命の無線(むせん)』
で結ばれている。唱えた題目は必ず相手に通じるし、
自分が願えば、再び家族になったり、友人になったりして、身近なところに生まれてくる」
(御書をひもとく 要文123選 創価学会男子部教学室編 121ページより)
と言う池田先生の言葉がありました。


この言葉に関する詳しい御書、通解等は、私のちょっとした体験をアップと思ったのですが
流石に深夜になってしまったので誠に申し訳ないですが、また後日・・・・
今週中には掲載させて頂きます。
[PR]

by hakodate0711 | 2014-03-12 00:59 | 御書