愚痴りたくなった時どうしたらいいの?

皆様、お疲れ様です。
私、来月のネバーランド?のために現実を戦っております(笑)
先日、テレビを見ていましたところ
サラリーマン川柳入選作品100句に妖怪ウォッチにひっかけた
「妖怪か ヨー出るヨー出る 妻の愚痴」という川柳がありました。
河合師範の指導を思い出し、読み直しておりました。
愚痴、文句、怨嫉を的確に捉えた指導に改めて考えるところ
多々ありました。

さて今日は「愚痴りたくなった時どうしたらいいの?」というお話です。

答えとしては、「ご本尊様に訴えて祈りにする」です。
昔、ある芸術部の女性の方の講演に行った時
その方は、人間関係において嫌なことががいると
「今日、あの女が、あんなこと言ったんですよ」等
ご本尊様にぶつけるというのを仰っていたのを思い出します。
境涯革命五原則において
「一、他人に言ったら愚痴になり・御本尊に訴えれば祈りになる。」とあり、
河合師範の指導にも出てくる
「人のことはほっとくか祈るか、どっちかしかない。感情をぶつければ怨嫉になる。
御本尊に祈ってあげれば自分も相手も変わる。」という指導があります
ちなみに、祈る時に「相手の不幸」を祈ると完全に怨嫉ですから(汗)
今考えると、その方の方法が一番いい方法だなと思いました。
それでも、まだ、納得できない腹が立つことがあったという方と怨嫉に悩む方への
記事をまた順にアップさせて頂きますので宜しくお願いします。

※本日、境涯革命五原則のところのコメント、フォローについて新たな注意をk加えさせて
頂いております。








[PR]
by hakodate0711 | 2015-02-25 22:17 | 怨嫉の話