功徳を受けることは広宣流布の推進!

皆様、お疲れ様です。
今年も終わりに近づいてきましたね・・・
痛い話かもしれませんが、先日、忘年会対策として一人で歌の練習
してきました、いわゆる、ひとりカラオケです(汗)
歌の練習だったはずなのに、だんだんヒートアップして好きな歌ばかりを
いれていまい、非常に痛々しいなりきり大会になってしまいました(大汗)
そこで、もっと松村雄基さんの曲を入れてほしいとか
きよしの「男花」やTMRの歌の時は、オプションとして「風」をつけて
欲しいとかワガママなことを考えておりました(笑)
いいエネルギーチャージでした(笑)

さて最近、「実証」について考えることがあります。
功徳を受けてない信心は、信心してない人から見たら「裸の王様」
みたいに見られてるのかなと思ってみたりする今日この頃です(汗)
見えなければ、悲しいことに、どんなに「素晴らしい」と言っても
信じてもらうことができないので(汗)

某ダイエット会社のラ○ザ○プのCM(太ってた→痩せてカッコよくなった)
見てると気になりますよね?
痩せてキレイになった、カッコよく変わった人に「どうして、痩せたの?」
「何やったの?」聞きたくなりますよね?
逆に、太ってる人に「いいダイエットあるんだけど・・・」と言われても、
聞きたくないし、「あぁ何回もダイエットして、リバウンドしてああいう風に
なったんだ、あんな風にならないでおこう!」と違う決意されますよね(汗)

四条金吾は、また決意をして、
大発心をして頑張るわけです。前後、四年間大難が続くんですね。
だけど、最後は、主君の信用が前より倍増して、所領が三倍にもなるん
ですね。そうゆう大勝利の実証を示すんです。そうゆう面で、社会の中で
実証を示していかなければ、広宣流布の推進はできないんです。
逆に、信心しているからといって、「信心してもちっとも変わらないじゃないか」
「仕事もちっともできないじゃないか」と、そうゆう風に、生活の上に実証を
示せないで、むしろ人に御本尊を疑わせる、と、すれば謗法だと、
よく戸田先生が言われました。そして、広宣流布の妨害だといわれたんです。
こうゆう、大変な世の中だからこそ、信仰者の一人一人が見事な実証を
示していくこと自体が、折伏になり、広宣流布の推進になるんですね。
そうゆう面で、信心は観念じゃいけないんです。

当ブログ 河合師範御書講義⑬(最終回)2012年12月26日 参照

体験は自分一人のものではありません。
その体験を聞いて「もっと、頑張ろう!」「こうすればいいのか!」
と発心する人「創価学会に入る」と決意する人が出てきます。
「こんなこと祈っていいの?」と思うこともあると思いますが、
「人を不幸にすること」(悪の撲滅は別)以外、何祈っても良いんです。
だから、いつまで具体的に、しっかり自分の願いをご本尊様にぶつけてください。
当ブログは、皆様の喜びの体験を随時待ってます<(_ _)>

このたびも、ありがたいことに多くコメント頂いております、
これから読みますので返信等は後日となります<(_ _)>

[PR]
by hakodate0711 | 2015-10-18 18:06 | 河合師範