徒然なるままに書いてます

by hakodate07

怨嫉される方に間違いがあれば、その人は因果の理法で裁かれる

皆様、お疲れ様です。
近所のスーパーの関西フェアで買った「みっくちゅじゅーちゅ」を
飲みながら先月の大阪ライブの余韻に浸っております。
今日は、このブログでは、珍しく、昨日に引き続き連日の更新です。
実は、昨日の記事より先にこの記事の方が大元は出来上がっておりました。

さて、色々と「怨嫉」について語っておりますが、
「怨嫉する方」は罰を受けるけど、「怨嫉される方」が何をしてもいい
なんて思っている方がいたとしたら大変なことになるという
懸念がございまして、今日は、これらの指導を紹介させて頂きます。

正しくても怨嫉した方が罰を受ける。させた方ではなく、した方に罰が出る。
そう御書に書いてある。「それが本当でも嘘でも」と書いてある。
怨嫉する理由が何であっても、同志であれば功徳はマイナスになって出てくる。
相手が間違っていれば、相手は因果の理法で裁かれる。人が裁くのではない。法が裁く。

河合師範 「信心の基本を学ぶ」② より

「怨嫉する方」が罰を受けるのは当然ですが、
「怨嫉される方」に間違いがあれば、これは別で「因果の理法」で裁かれます。
悪事、非常識、迷惑行為、「他人不幸の上に自分の幸せを築く」行為、
悪を見逃したりする行為をすれば「因果の理法」で裁かれます。

では、仏法を持ってない人から恨まれたり等したときにはどうなるか・・・

広宣流布の闘士である皆様方を侮辱し迫害する者は
「豈大悪人(あにだいあくにん)に非(あら)ずや」であり、
仏罰も厳然である。御本仏が御断言です。
池田名誉会長 「御書と師弟」 第6回 仏の未来記より

やはり、仏法者に対して馬鹿にする等した場合は仏罰があたることが
明記されております。
こちらの指導には、特に、明記してはおりませんが、
先程の河合師範の指導から考えると、仏法者と言えども、仏法を持ってない人に
悪事、非常識、迷惑行為、「他人不幸の上に自分の幸せを築く」行為、
悪を見逃したりする行為等の「間違い」を犯した人間は「因果の理法」
において裁かれます。

しかも、このような行為を改められない人は、「仏」になれず、
最後は「法華経の敵」になってるパターンが多いです。
今までの退転者を見てると、借金、異性問題等の問題行動を改められず、
結局、退転し、最終的に学会を逆恨みして「法華経の敵」となって立ち
はだかってますよね。
そして、最後の最後には惨めな末路を迎えております。

また、「間違い」が、法を弘めるどころか法を下げてしまいます。
この「法を下げる」については別の機会にお話させて頂きます。
皆様、言われるまでもないですが、仏法者は広宣流布の為に、
周囲に誇れる行動をして頂けるようお願い致します。

[PR]
by hakodate0711 | 2016-10-10 20:02 | 愚痴と文句と怨嫉は厳禁