バッファローマンと会社と創価家族

皆様、お疲れ様です。
「管理人、ブログサボりすぎだろ!」という感じですが、
多々動きながら、クリップスタジオ(絵のソフト)の
勉強をしておりました。
わりとハードな記事が多かったので、今日はイラストを趣味と
する私の数年前に起こした「バファローマン事件」の話を・・・

あれは、数年前、会社の昼休み、楽しく一人お絵描き大会を
行っていたときのこと・・・
(もう、この時点でで嫌な予感しかしない・・・・)
私の横に思いっきり蔑みの眼差しを向ける上司が立っていました。
昼休みなので、イラストを描いてても別に問題はないのですが、
しかし、私が描いていたイラストは「キン肉マン」に出てくる
「バッファローマン」(なんだか描きたくなったため・・・)
物事の分別のつくいい年齢の女が、会社の昼休みに
キン肉マンのバッファローマン描いていたら、
そんな視線を送るしかないわけです・・・
ちなみに、私は、週刊少年ジャンプで連載持つことを
夢見ていた人間なので少年、青年漫画系の絵で、
可愛い女の子からマッチョな兄ちゃん、ヤクザ等
なんでも描くタイプです。

普通、落ち込むところ、面白いネタが出来たと思い、
止せばいいのに女子部の会合の近況報告でうっかり発表
当たり前の如く、女子部の幹部の人Aさん(名誉のために仮名)
に注意されます・・・
しかし、注意された理由がふざけてるという理由ではなく
「○○ちゃん(管理人)、『キン肉マンのバッファローマン』をわかるのは、
ここにいる女子部でも年齢的にも、ネタ的にも○○ちゃんと私しか
いないのよ・・・」というダメだしでした・・・・

そこに、心優しき女子部幹部のBさん(彼女も名誉のため仮名)が
「知ってるよ『黒いのでしょ!』」とフォーロー
しかし、私は「バッファローマンって黒かったか・・・・?」と
若干の疑問が・・・・
会合終了後、帰りの道中「Bさんは、バッファローマンとウォーズマンを
間違いしてたのでは・・・・」と言うことに気がつきました・・・
それから数年、未だBさんに会っても、あの時のことを話せずにおります。


皆様、趣味は心を潤します・・・
しかし、趣味への邁進(まいしん)はほどほどに(笑)







[PR]

by hakodate0711 | 2017-08-17 18:53 | 日常