徒然なるままに書いてます

by hakodate07

2014年 01月 19日 ( 1 )

皆様、こんばんは
今日も1日お疲れ様です
特に、センター試験受験の皆様、お疲れ様です
勉学は大事です、勉学もまた青春です
そして、「御(おん)みやづかいを 法華経とをぼしめせ」
(檀越某御返事  1295ページ)
とありますように学生の方の勉学も、また法華経です。

勉学ということで、私もまた、要文選集(創価学会教学部編)を
眺めておりました、
そこで、数年前に会合である幹部が指導しておりました
御書の要文を見つけました。

その幹部の方は、私がかな~り若かりし頃・・・・
「○○ちゃん(管理人のこと)、その題目の仕方だったら叶わないよ♪」
まぁ、あっさり、笑顔でやさしく明るく厳しい指導(汗)する方でした
「うぅ、また、実は私が感じてことをついてきたよ・・・・(泣)」
この方は、怒鳴ったり相手を打ち負かそうということもはしません・・・・
ただ、的確な弱点ついてきて、「悪いところはさっさと治しちゃいなさい♪」
みたいな感じで指導します。

そんな幹部の方のコワ~イ指導を・・・・・

人の身(み)には 同生同名(どうしょうどうみょう)と申す二(ふたり)のつかひを
天生(うま)るる時よりつけさせ給(たま)いて影の身に・したがふがごとく須臾(しゅゆ)も・
はなれず、大罪・小罪・大功徳・小功徳すこしも・おとさず・かはる・かはる天にのぼ(上)
て申し候(そうろう)
                                             
(同生同名御書 1115ページ)

(通解)
人間は生まれたときから同生天(どうしょうてん)・同名天(どうみょうてん)という
二人の使いが天からつけられていて、影がいつも体についてるように
一瞬の間も離れず、その人の大罪・小罪・大功徳・小功徳を少しも
残すことなく、かわるがわる天に昇って報告しているのです。

(資料 要文選集 創価学会教学部編)

だから、良いことしたら、良いことが返ってきて
悪いことやったら、悪いことが返ってきちゃうわけです
こそこそ、ばれないだろうと悪いことしてても、生まれたときから
ついてる同生天(どうしょうてん)・同名天(どうみょうてん)によって
ばれて報告されて結局返ってきちゃうんです。

ちなみに、その幹部の方は
「言ったこや、やったこととだけでなく、思ったこともですよ♪」と付け加えました
私「ギャ~!そりゃないよ!(別にその方がそうしたわけではありません)」
同生天、同名天にメロンとか渡してつけ届きしたいとか考えちゃいけません!
それも報告されちゃうわけです(笑)
確かに、怨嫉すれば罰が下るわけですから「思ってること」も確かに含まれるかと
納得するところです。

因果の理法のことで結構厳しいことを書いておりますが
「こんなことやっちゃったよ~じゃぁ、どうすればいいの?」と質問されれば、
これから、「罪障消滅」に勤しめば大丈夫です。
ちなみに罪障消滅=お題目です、これはまた後日に
[PR]
by hakodate0711 | 2014-01-19 21:06 | 因果の理法