徒然なるままに書いてます

by hakodate07

2014年 02月 08日 ( 1 )

皆様、こんばんは
東北地方から関東地方に暴風雪とのこと・・・・
函館でも、昨日から路面が凍結しており、車が街灯に激突して大きく破損してるとか、
横断歩道を歩いてた女の子が後から転びお尻、背中、頭を打っていたりとの
事故を見ました、皆様、お気を付け下さいませ!

今日はこんな指導を・・・・・

大きな悩みを持ちながら、「私は宿業が深いから」と嘆き、
「しかたがない」と諦めていたのでは、宿命転換などとうていできないでしょう。
過去がどうであれ、これからどうするのか、「未来」を確信して力強く前向きで
生き抜くことが大切なのです。
また、過去の行為を反省しては、落ち込んでいる人もいるようです。
過去にやったことを今さら反省しても、取り消すことはできませんし、
落ち込むだけでしょう。
それよりも、これから「よくなろう」と決意して、強く祈っていけば、
未来は必ず開けるのです。
そうすれば、過去もすべて生きてくるでしょう。

一時、信心を退転していたことにこだわって、
だから私は変われなくても仕方がない、と諦めていた人が、
発心して前向きの姿勢になってからは、大きな功徳を受けて急激に
成長した、という体験があるように、一念の姿勢が変われば、
すべてが変わるのです。
ですから、信心は常に前向きで、未来を確信していく一念の姿勢で
ありたいものです。過去に囚われるのは「後ろ向き」の姿勢であり、
現状に安住してるのは「横向き」の姿勢といえ、それでは、
絶対に未来は開けないでしょう。

(続・生活に生きる信仰Q&A 河合一より)

「反省だけならサルでもできる」って反省猿のCMありましたね・・・・
若い青年部の皆様から「何、そのCM?」と声が聞こえてきそうですが
流行ったんですよ、昔に・・・・・
言ってるそばから墓穴掘っている人間がここに・・・・(大汗)

信心とは関係ないところですが、タモリさんが
「週刊朝日」の取材に対し、「笑っていいとも!」(フジテレビ系列)の
長寿の秘訣について、「番組についての反省を一切しないこと」というのを
聞いたことがあります。
そして、彼は仕事も何でも「反省はしない」「反省ばかりしてるとバカバカしくて
これから先、やっていけない」「過去を振り返らない」と語っていたのも
聞いたことがあります。
これらの言葉は、前を向いてる故の言葉なんですね。

私の知人で、出会った当初、信心から遠ざかっていたため
5分も題目をあげられないと暗い顔をしていた人がおりました。
しかし、その方は、今、題目5時間あげるし、教学の研鑽も凄く、
御書も、大白蓮華も付箋と蛍光ペンだらけ・・・・・
雪をかき分け仏法対話・・・・と誰よりも元気になり、
今や、こちらがお会いするたびに元気をもらっております。

「心がどっちを向くか?」で進む方向が違う・・・・
だから、「心こそ大切なれ」です

最後に、ちょっと前に飛行機の上・・・ではなく根崎ラクビー場から
撮影した函館の雪景色です。
c0250395_2002617.jpg

撮影したものの腕がアレなので、申し訳ない写真ですが
厳しい冬楽しんで頂けたらと思います。
[PR]
by hakodate0711 | 2014-02-08 22:19 | 河合師範