徒然なるままに書いてます

by hakodate07

2014年 10月 26日 ( 1 )

皆様、お疲れ様です。
人間革命の一歩は生活革命だなと思い、早寝早起きを実践しております・・・
なので、これ書いたら、寝る準備をします(えっ!《時間は更新時刻から察してください》)
今年も2カ月ちょっとになってきておりますね・・・
今年は、学会や法華経の行者を陥れてる魔が活発になってると思いました・・・・
そこで、今日は池田先生のご指導を・・・・

「末法の法華経の行者を軽蔑し、いやしめる権力者、その臣下、そして民衆は、
迫害した当初は、何も起こらないように見えても、必ず滅びる」(1190ページ)
 善人は黙っていてはいけない。口うるさくしなければ、悪人はすぐに
悪いことを始める。
 ユゴーは叫んだ。
「善が沈黙を守っている間に悪がひょっと顔を出す。この間の戦いが人間の戦いであります」
(「自由劇『ユゴー全集』8所収 川路柳虹訳、ユゴー全集刊行会。現代表記にした)
ゆえに、悪人を責め続けることである。
 勝つか負けるかである。最後まで悪には、とどめを刺さなければいけない。
日本人には、この“徹底的に”が、なかなか、できない。だから社会が変わらない。
(1998年7月17日)
輝きの人間世紀へ 御書とその心 池田大作 283~284ページより

「末法の法華経の行者を軽蔑し、いやしめる権力者、その臣下、そして民衆は、
迫害した当初は、何も起こらないように見えても、必ず滅びる」(1190ページ)
(原文「過去現在の末法の法華経の行者を軽賤する王臣万民始めは事なき
やうにて終(つい)にほろびざるは候はず」 聖人御難事)の箇所ですが
先日の「悪人の末路 平左衛門尉(へいのさえもんのじょう)① 」に掲載した
先生の指導の中でもこの箇所をを引用しておりました。
先生が何度も引用して指導してるこの箇所は、最重要な所といっても
過言ではありません。
ただし、先日の指導は「罰」について、今回の指導は「悪との戦い」について
指導されております。

悪に対し「やりすぎなんじゃないか」「ちょっと可哀そう」という考えに対し、
私は「悪に泣かされた人たちは可哀そうじゃないのか?
泣かされた人たちに対してその考えは無慈悲、無関心ではないのか?」思うのです。
悪を許すことは、悪に泣かされた人を無視し、これから泣かされる人をまた
作り出してしまします。
河合師範の指導において「生命が変わらないとまたやるから」というのがあります。
悪は許されたら、また同じことやります、それどころかもっとひどいことやります。
「悪」を許す人は仏法の中の怨敵(おんてき)となり、また「悪」と一緒に地獄へ
行くことになってしまいます。
(この地獄に行く話は、輝きの人間世紀へ 御書とその心 池田大作 289ページ等
に掲載されておりますので、また後日お話させて頂きます)

「悪」と戦い大功徳を得るか?「悪」を許し仏法中の怨敵となり地獄に堕ちるか?
皆様どちらを選ぶかはわかりきった話ですよね!





[PR]
by hakodate0711 | 2014-10-26 19:37 | 日顕宗(悪)僕滅