2015年 09月 27日 ( 1 )

皆様、お疲れ様です。
私、今週金曜日に東京で行われたライブに行けず、しんみり、切なく
過ごしておりました(泣)
今度は、北海道にも来てほしいものです・・・

最近コメント下さる方において、境涯革命五原則のところに載せている注意書きを
全く読まず、尚且つ「怨嫉」の命で愚痴、文句、揚げ足取りのコメントが
多くなって参りました。
すいませんが、「怨嫉」の書き込みは私の為にも、書き込みした方の為にも
何一ついいことないので、削除させて頂いております。
私は毎日、このように怨嫉している方が、可哀そうなので、ご本尊様に
「怨嫉してる方が、生命を変えて、更生して、より良く成長しますように」
と祈っております。
そして、「怨嫉している方が組織にちゃんとつけますように」と願っております。
怨嫉している方は大体組織についておりませんので・・・・
これは、「軽善(きょうぜん)」の生命があるからです。
「軽善」とは、正法信受している人を軽蔑することです。
そして、これは、十四誹謗(松野殿御返事 御書1382ページ 「教学の基礎」
創価学会教学部編 324ページ)の怨嫉に当たる部分です。
正法信受している人達に対して、軽蔑の命があるから組織につけないのです。
「どうせ、~だし」とか思ってるパターンが多いと思いますが
もし、そうならなおさら、「成長しますように、良くなるように」祈ればいいのです。
境涯革命五原則の「三、感情で対すれば怨嫉となる・題目で包容すれば成長出来る。」
ですから!

関連記事
 境涯革命五原則
「怨嫉」の傾向と対策
 河合師範 「信心の基本を学ぶ」②
 

[PR]
by hakodate0711 | 2015-09-27 22:43 | 怨嫉の話