「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:御書( 27 )

一念の因果~勝利への執念~

皆様、おはようございます。
先日の「怨嫉の傾向と対策」より先に書こうと思っていた記事です。
先日の「ラグビーW杯 日本が南アフリカに勝利!」に「もんげ~!!!」
(妖怪ウォッチ)と朝から叫んでしまいました。
ラグビーをご存知ない方にはピンとこないかもしれませんが、この勝利は、
世界中で「世紀の大番狂わせ」「ワールドカップ史上最大の衝撃」と騒がれ
「ハリー・ポッター」シリーズで知られるイギリス人作家J.K.ローリング氏が
ツイッターで日本の歴史的勝利に「こんな話は書けない…」と呟ておりました。
そして、インターネット上では「クリリンが最終形態フリーザに勝つ」ような
もの等突拍子のない例えで溢れかえっておりました(大汗)

しかし、この勝利は「最後まで勝ちに行くことをあきらめなかった」の
「一念の因果」です。
しかし、この「勝ちに行く」という一念も世界一といわれる「練習量」「緻密なデータ分析」
という選手、監督、彼らを支える人々の努力、皆の力等を信じた上に
為し得たことだと思います。
「信は力なり」というスクールウォーズの名言も思い出すところです。
本当に見習うところです!

しかし、2015年のラグビーワールドカップは始まったばかり、
さて、今日は、スコットランド戦です、嬉しい結果が続いてほしいです!
ラグビーあまり詳しくない皆様は、手始めに「スクールウォーズ」をお勧めします!




[PR]
by hakodate0711 | 2015-09-23 09:21 | 御書

奇跡

皆様、お疲れ様です。
先日の東京では「氷川きよし特別公演」に「本部」に、
「遠ざかるネバーランド」にと充実しすぎてて、うっかり
飛行機に乗り遅れるところでした(大汗)

本当は、3・16である昨日に更新したかったのですが
旅の疲れと睡魔に負けました・・・・
今日は、先日見た上記の「遠ざかるネバーランド」
(ピーターパンの話をベースにしてるのですが自殺問題や十界、一念三千について
詰め込んでる哲学的なストーリーでした。詳細は感想と共に後日書かせて頂きます)
においてピーターパンの友達、トゥ―トルズ(以下(トゥ))が
海賊フック船長の部下ドンキー(以下(ド))に囚われてる時の会話の印象的なシーン
(うろ覚え)がござしましたのでご紹介

(ド) 「みんな言ってるよお前のことが好きだって。
     船長だって言ってたろ、お前のことが好きだったって。」
(トゥ)「言ってないよ。」
(ド) 「言ってたろ。」
    「『ピーターパンは必ずお前のことを助けに来る』って。
     それは船長なりの『好き』ってことだ。
     すげぇんだぞ、船長に『好き』って言わせるなんて奇跡だよ。」
(トゥ)「そんなの奇跡じゃないよ。
    『今日のご飯はハンバーグ。』はい、奇跡。
    『あ、わりとおいしい。』はい、奇跡。」
(ド) 「そうだよ、それ全部が奇跡だよ。」

というシーンがございました。人間何気ないことでも奇跡なんです。
「人身(じんしん)は受けがたし爪(つめ)の上の土・人身は持(たも)ちがたし草の上の露」
(通解 人間に生まれてくることは難しく爪の上の土のようにまれであり、
その身を全うすることは難しく、草の上の露のようにはかない。 
崇峻(すしゅん)天皇御書 1173ページ)
生きていること、目が見えること、耳が聞こえること、口がきけること、匂いを嗅ぐことが
できること、体が動くこと、内臓が動いてること、何か一つできることそれ自体奇跡なんです。
よく、ロボットなどに人間が行う機能を一つつけるだけでも物凄い労力と費用が
かかり、大発明となります。
そこから考えても「人間」は本当に奇跡の存在なんだと思いました。
そして、今日生きてることだって奇跡なんです。
今、台風で大変なことになっているバヌアツの人々だって、事故や災難等に遭われた人だって
前の日にこんな目に遭うとは思ってもみなかったはずです。
明日が来ることは当たり前ではありません、本当に奇跡なんです。
この「生きる」という「奇跡」に感謝していきたいものです。

ちなみに、帰りの飛行機内で、自分の会社の社長に会いました私・・・・
社長から「ここで会うなんて、凄い偶然、奇跡だね♪」と言われました。
えぇ、本当に「奇跡」です(大汗)











[PR]
by hakodate0711 | 2015-03-17 23:22 | 御書

妙とは蘇生の義なり 蘇生と申すはよみがへる義なり

皆様、お疲れ様です。
今日の函館は暴風雪です・・・・
私は、今週末の上京の為、スケジュールを詰め込んだため
なんだかフラフラしております・・・・

さて、今日は東日本震災から4年ですね・・・・
本日のタイトルの御文は東日本震災の時に、被災した学会員の方を
支援した折、お礼ととともに送られてきた決意の言葉です。
強い決意に心打たれていたので、ご紹介させて頂きます。

  妙 とは  蘇生の  義なり 蘇生と 申 すは よみがへる義なり
(みょう) (そせい)(ぎ)    (もう)

法華経題目抄(ほけきょうだいもくしょう) 947ページ

(通解)
妙とは蘇生の意味である。蘇生とは、蘇(よみがえ)るということである。

先生のこの御文のことを引用したご指導を一つ

 人生、いろいろなことがある。悲しみがあり、苦しみがある。毎日、
いやなこともある。夫婦げんかもあれば、離婚して不幸になる場合もある。
仲が良くても、子どもが病気になることもある。自分が病むこともある。
ありとあらゆる悩みがある。生きていくことが、どれほどたいへんなことかー。
 その人生を「生きて生きぬく」ためのエンジンが信仰である。ロケットのように
悩みの雲を突きぬけて、ぐんぐん上昇していく。生き生きと、限りなく向上していく。
幸福の大空を遊戯(ゆうげ)していく。そのための噴射力(ふんしゃりょく)が
信心である。
 南無妙法蓮華経と唱えれば、「生きぬく力」がわいてくる。「希望」がわいて
くる。煩悩即菩提(ぼんのうそくぼだい)で、悩みを喜びに、苦しみを楽しみに、
不安を希望に、心配を安心に、マイナスをプラスに、すべて変えながら生きぬいて
いける。絶対に行き詰まりがない。
 日蓮大聖人は「妙とは蘇生の意義である。蘇生とは蘇るということである」
(947ページ)と仰せである。個人も、団体も、社会も・国家も、すべてに
「生きゆく活力」を与え、みずみずしく蘇生させていく。それが妙法の
偉大なる力である。
(1994年2月6日)
輝きの人間世紀へ 御書とその心 池田大作 344ページより

私がどうこう語る言葉もない、様々な状況に置かれてる人に対して
先生の的確な激励の指導ですね。
そして、「蘇生の姿」は仏法を立証する姿だと私は思っております。


 



[PR]
by hakodate0711 | 2015-03-11 22:10 | 御書

池上兄弟 プロローグ

皆様、お疲れ様です。
氷川きよし(今日はきよしのお誕生日ですね、おめでとうございます)^o^()の
釧路でのコンサートチケットが到着し、席を確認したら前から
4列目の端の方でした・・・・
去年、函館市民会館の最前列と言う福運使いまくりの席だったので
ちょっと凹みました・・・・
前から4列目なんて物凄いラッキーなのに、人間贅沢になれると
ダメなものです・・・・・
私、ちょうど来週の土曜日は、「氷川きよしのコンサート警備をした時のこと」
の漫画のようになっていると思います(笑)

それにしても、なんでしょう、このタイトル?、
また、大風呂敷広げてますね私・・・・
先日、「やさしい教学 日蓮大聖人と門下の人々」という本を入手し、
池上兄弟の箇所を読んでおりました。
皆様、池上兄弟と言うと二度の勘当事件が有名でそのイメージが
あると思いますが、実は、他にも讒言(ざんげん)によって
陥れられる事件があります・・・・
それも、含めて池上兄弟について語っていきたいと思いますので
宜しくお願い致します。


[PR]
by hakodate0711 | 2014-09-06 23:33 | 御書

桜梅桃李① 人と比べて卑屈にならないこと 

皆様、こんばんは
(最近、海外から読まれてる方もいらっしゃるので、時差的も考え
挨拶を変えようかと思う今日この頃・・・・(笑))
今日2回目の更新です。
以前、質問で「ひきこもり時代から脱する時にどのようにして
変わっていきましたか?」かというのがありました

ひきこもりを脱する時に何をしたかと結論を行ってしまえば
ここで、何回も書いてるのですが、
「日顕宗(悪)撲滅」の祈りです。
これなきにして、どんなに折伏しようが宿命転換は絶対に無理ですので
申し訳ないですが、こちらについては、「日顕宗(悪)撲滅」のカテゴリのところを
根気よく読んでください。

ただ、これだけだと非常にアレなので私の考えを変わるエピソードを・・・
そして、まずはこの御書を・・・・

桜 梅 桃 李の 己己の当 体 を改めずして無 作三 身と 
(おうばいとうり)  (ここ)(とうたい)       (むささんじん)

 開  見  すれば是れ  即   ち  量の 義 なり
(かいけん)     (こ) (すなわ)  (りょう) (ぎ)

( 御義口伝  784ページ)
(おんぎくでん)

(通解)
桜は桜、梅は梅、桃は桃、李(すもも)は李と、おのおのの姿を改めずに
無作三身(そのままの姿で、三身[法身(ほっしん)・報身(ほうしん)・応身(おうじん)]
の特質を顕(あらわ)していく仏の生命)を開いていくことが、無量義(むりょうぎ)の
「量」の意義である。
 
法身(ほっしん)とは、仏が悟った真理そのもの
報身(ほうしん)とは、真理を悟る仏の智慧
応身(おうじん)とは、衆生を導くため種々に表れた仏の姿、また仏の慈悲の姿

無量義経についての「御義口伝」の一節。
花々は、それぞれの個性に従って咲き誇る。同じように、一切衆生が例外なく、
日蓮大聖人の仏法によって、自分本来の特性を発揮して生きることが
できる原理「桜梅桃李」という。

参考資料 御書をひもとく 要文123選 創価学会 男子部教学室編

私が変わるきっかけとして、「人と比べる」という考えが変わっていきました。
今の会社で働く前に、短期間働いた会社があったのですが
そこにいた人たちが、既婚未婚、年齢も環境もバラバラと様々で
それまでは、同世代と似たような環境の人しか付き合いがなかった私は
様々な世代や環境の人たちの考えや苦労話を聞いてるうちに
いかに自分が見ていた世界が狭いかを見せつけられることになりました。

そして、私が比較して嘆いていた、順調に就職、結婚、出産していた
はずの友達も、だんだん月日が経ってくると会社が倒産したり、離婚、
嫁姑問題、子供の問題等の自分だけでは解決しないどうしようもない
壁にぶつかっていくようになり、それを目の当たりにしていくうえで
私の考えはまた変わっていきました。

他にも、様々な境遇の人をみて
どん底にいても這い上がれるし、逆に頂点にいてもどん底に落とされるし
「誰の人生明日どうなるかわからない」
「人と比べてもどうしようもない」と思うようになりました。
人と比べて自分を追い詰めるのは非常に馬鹿らしいです。
日顕撲滅を祈りつつ(ここ最重要) ありのままに自分の気持ちをご本尊様に
ぶつけて祈ってみてください!
[PR]
by hakodate0711 | 2014-08-15 23:52 | 御書

やっぱり魔は天界に住んでいる・・・

皆様、こんばんは
一日、お疲れ様です、
「やった~春だ~!暖かくなった~」「つくしもいっぱい~♪」
「もう少しでお花見だ~♪」と浮かれていた矢先「の、喉が・・・・!」
と呻きながら耳鼻科に駆け込みました・・・
ここ数日、本当に喉が痛くて水を飲むのも、話をするのも
つらかったです・・・・

「題目に励んでたからですか?」
「いいえ、ただの寝冷えによる風邪です」
(この2行は金子みすず先生の詩の調に読んでください)

完全回復ではないですが、我慢せずに、病院に行ったので
大事に至らず回復に向かっております。

「魔は天界に住む」と心に戒めていても
浮かれているときに魔につけ入れられるものだなと思いました
これから、GW、楽しいことが沢山待ってます。
そういう時だからこそ本当に気をつけていきたいものです。
[PR]
by hakodate0711 | 2014-04-25 23:44 | 御書

再び会える①

皆様、こんばんは
色々忙殺され、書いているうちに、日付をまたいでしまいました・・・・
昨日は、東日本震災から、3年・・・・・
震災にまつわるものを見たり読んだりするたびに
「多くを失った被災者の方々の喪失感は筆舌に尽くしがたく
特に、かけがえのない大切な人たちを失い生きる方々に
何かできることは・・・・かける言葉は・・・・」と考えていた時に
こんな言葉に出会いました

「私たちは妙法家族です。生も死も超えて、妙法と言う『生命の無線(むせん)』
で結ばれている。唱えた題目は必ず相手に通じるし、
自分が願えば、再び家族になったり、友人になったりして、身近なところに生まれてくる」
(御書をひもとく 要文123選 創価学会男子部教学室編 121ページより)
と言う池田先生の言葉がありました。


この言葉に関する詳しい御書、通解等は、私のちょっとした体験をアップと思ったのですが
流石に深夜になってしまったので誠に申し訳ないですが、また後日・・・・
今週中には掲載させて頂きます。
[PR]
by hakodate0711 | 2014-03-12 00:59 | 御書

前進

皆様、こんばんは
様々な情報に触れながら、「お江戸は楽しそうだな、遊びに行きたいな~」
と想いを馳せておりました
もう、2014年の12分の1が過ぎてしまいましたね
本当に早いものです・・・・・
先日、「一年早いのは、一日一日、ダラダラ過ごしてるからですよ
充実させなきゃダメですよ~」という内容の会話を会社で
交わしておりました(大汗)

さて、今日はこんな御書を・・・・

 始めより終りまで   弥   信心をいたすべし・さなくして
(はじ) (おわ)  (いよいよ)
 後 悔 やあらんずらん、 譬えば 鎌倉 より 京へは十二日の道なり、
(こうかい)         (たと) (かまくら) (きょう)
それを十一日余り  歩 を はこびて 今一日に成りて歩をさしをきては
       (あま)(あゆみ) (運)  (いま)   (な)
  何として 都の 月をば 詠め  侯 べき
(なん) (みやこ)    (なが)(そうろう)

(新池御書   1440ページ)
(にいけごしょ) 

(通解)
始めから終わりまで、いよいよ信心をまっとうしていきなさい。
そうでなければ、後悔することでしょう。
たとえば、鎌倉から京都へは12日を要する道のりです。
それを11日余り歩いて、あと1日になって歩くのを辞めてしまったならば
どうして都の月をながめることができましょうか。

この道ウン年の名人、達人と呼ばれる人たちも
最初から何十年のキャリアがあったわけはなく、その人にも最初緊張すべき
初日があり、辞めようと思った日も多々あったと思います。
信心は勿論ですが、己の為すべきこと、これから、
また1日1日大事に進みゆきたいものです。
[PR]
by hakodate0711 | 2014-02-02 20:36 | 御書

大悪をこれば大善きたる②~ある婦人の体験談~

皆様、こんばんは
今日も、1日お疲れ様です
本当は、色々書きたいことあるのですが、私の小さな脳味噌にまた
退化の兆しが・・・このままだと、ミジンコくらいになるのではと心配です(汗)
そんな退化に抗い、進化の方向に持っていこうと努力するのですが
色々時間がかかっております・・・・

今日は、2012年12月10日にも載せましたが、
今月の座談会御書の御文にもなっていたので再び

大事には小瑞なし、  大悪  をこれば大善   きたる、
(だいじ)(しょうずい)(だいあく)(起)  (だいぜん) 
すでに、大謗法・   国にあり大正法     必ずひろまるべし
    (だいほうぼう)     (だいしょうほう)

大悪大善御書 1300ページ

(通解)
大きな出来事の起こる前には小さな瑞相はない。
大悪起これば大善が来るのである。すでに大謗法が国に充満している
のであるから大正法は必ず弘まるであろう。

日蓮大聖人は大悪が起きたからには、次には大善が来ることは間違いないと
仰っている有名な御文であります。

以前、コメント欄でちらった書かせて頂いた体験談ですが
この御文にピッタリなので改めてご紹介

かな~り昔の関西の方の体験談です。
ギャンブルと女遊び、借金まみれで、DVの信心嫌いの旦那さんを持つ
ご婦人が一家和楽を願って信心に励んでいました。
しかし、ご婦人の努力の甲斐もなく旦那さんが離婚届と借金を残して出て行ったそうです。
そのご婦人が築いた財産も借金のカタにとられ、ご婦人は絶望の中、
3人のお子さんを連れ一家心中を考えたそうです。
しかし、北条婦人部長(当時の幹部の)に激励され、
「大悪起これば大善来る」を確信し、猛然とお題目を上げ、折伏した結果
その折伏相手であった9歳年下のイケメンの名家出身の高学歴の
有名企業に勤める真面目な心優しい旦那さん(もっとありましたが、私の覚えてる
範囲です)と再婚され、その旦那さんと、その間に生まれたもう一人の子を
加えた4人のお子さんと仲良く、裕福な生活を送っているとのがありました。
(このご婦人の体験談はもっと壮絶なものだったのですが、かなり抜粋、
簡略して書いております)

目から鱗な体験談ですね!
だから、苦境に立たされた皆様、これはチャンスなんです!
[PR]
by hakodate0711 | 2014-01-23 23:11 | 御書

過去に囚われる必要はない~ある創価大学教授のお話~

皆様、こんばんは、今日も1日お疲れ様です。
私、ちょっとしたことがあり凹んでおりました・・・・
気が付いてみれば、最近の祈りが、過去に囚われてグチグチして
いたことに原因があると分析しておりました。

池田先生の
「過去に囚われる必要はない。
『未来の果を知らんと欲せば其の現在の因を見よ』
(開目抄 231ページ)である。大事なのは、『今から』『これから』、
喜び勇んで、行動を起こしゆくことだ」
(随筆 人間世紀の光 より)

河合師範の
前向きに、強気に、過去のことは反省しないこと。
反省してもどうせまたやるんだから。生命が変わらないとまたやるから。
決意すればよい。これから良くなればいい。後ろ向き運転は事故の元。
過去のことは振り返らないこと。良くなれぱいい。過去のことが
活きてくるから。振り返っても落ち込むだけ。いつも前向き、強気でいい。
(河合師範 「信心の基本を学ぶ」② 当ブログ2012年11月15日より)
等々指導が頭を過ぎります・・・・

先日、「ありえへん∞世界」
- 99%行かない!?世界の秘境の国スペシャル -というのを見ておりました

そこで、ウズベキスタン在住の加藤九祚(かとう きゅうぞう)さんという
91歳の男性が紹介されておりました。
彼は、第2次世界大戦の時に満洲へ出征し、1945年敗戦により、
ソ連軍に捕らえられ、シベリア抑留されます。
シベリアの抑留といえば、御存じの方は多いと思いますが
厳寒環境の下で満足な食事や休養も与えられず、苛烈な労働を強要され
多くの死亡者を出しました。
彼は、青春を戦争とシベリア抑留に費やしてしまったのです。
それでも彼はシベリア抑留時代の強制労働の頃を「国費で留学したと思えばいい…」
と仰りました・・・・

言葉を失いました・・・・
自分の嫌な過去って何だろう・・・・、凄く恥ずかしくなりました・・・・・・
その後、彼は、抑留時代に学んだロシア語を生かし出版社に就職、
そこから考古学等の研究・翻訳紹介の道へ
そして91歳の今もウズベキスタンにて遺跡を発掘しているとのこと
その生き方が、ウズベキスタンの小学校の教科書に掲載された
とのことですが、ご本人は知らないうちに掲載されていたそうです(汗)

気になって「加藤九祚」さんをネットで調べたところ
創価大学教授でした・・・・・ビックリです・・・・・・
[PR]
by hakodate0711 | 2013-11-21 22:45 | 御書


徒然なるままに書いてます


by hakodate07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ

全体
日常
函館話
旅行記
日顕宗(悪)僕滅
私の体験談
池田先生
戸田先生
牧口先生
辻副会長
私が聞いた体験談
於保先生(ドクター部)指導
河合師範
御書
指導
生命が変わらないとまたやる
教学
愚痴と文句と怨嫉は厳禁
宿命転換
因果の理法
世界の人々
お知らせ

以前の記事

2018年 11月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

お気に入りブログ

最新のコメント

管理人多忙につき、これか..
by hakodate0711 at 03:10

メモ帳

最新のトラックバック

スペインの経済発展を象徴..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

人気ジャンル

ブログパーツ

最新の記事

随方毘尼(ずいほうびに)  ..
at 2017-02-09 23:03
退転したわけじゃないですよ(..
at 2017-02-06 20:36
思わぬところで・・・
at 2016-12-31 19:34
誤投稿のお詫び
at 2016-12-28 20:58
過去は変えられない、しかし過..
at 2016-12-23 22:47

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
哲学・思想

画像一覧