いわれのない誹謗中傷に大感動したときの話

皆様、お疲れ様です。
9月に大阪行くか行かないかとか迷ってたり(お金も時間も大阪だと東京の
倍は苦しい)、11月盛岡のきよコンは行くぞとか夏通り越して秋のこと
考えてる管理人です。
あまりに更新しないと「あいつ、仏罰あたって・・・」とか陰口とか
言われそうなので、生存確認も込め他愛のないことでも定期的な更新をしたいと
思っております。
と言っても、以前、当ブログの誹謗中傷を発見したときに私、物凄い感動を
覚えたことがあります。

理由としては・・・

悪口をいわれるたびに、罪が消えていくのです。
功徳が増してくるのです。
ですから悪口を恐れてはいかんと日蓮大聖人様はおっしゃっています。
ぼくなどの悪口のいわれ方をみてごらんなさい。
新聞、雑誌と、ずいぶん悪口をいっています。
けれども、そんなものは蚊が鳴いたみたいなものです。
刺されるとかゆいから、蚊のほうがこわいです。
あんなものかゆくも痛くもありません。
むこうで書いたものですから。
ひどい目にあう人たちもいるのですから、いまにみていなさい。
法華経の行者の悪口をいって、満足な死に方をしたら、お目にかかりましょう。

「戸田城聖全集 第二巻」 戸田城聖 148~149ページより

(当ブログ 2015年2月8日 
悪口をいわれるたびに、罪が消えて功徳が増す  戸田先生の質問会より 参照)

という指導もあり「そうかこの人私に功徳をくれたのか」と思ったりしたのと
皆様ご承知の通り、このブログは、学会のこと以外といえば、私のリッラクマレベルの
ダラダラ生態と松村雄基さんときよしと氷室さんのファンブログ仕様になっております。
それをわざわざやって来て貴重な時間を割いて頑張って読んで、しかも感想まで言って
自分を犠牲にして私に功徳をくれるなんて思うとなんだか逆に申し訳くなく
哀れに思うこともあります(笑)
どんなに長生きできても1000年はないので時間は有意義に使っていきましょう!





[PR]

by hakodate0711 | 2016-07-31 21:53 | 戸田先生

舞台は世界

皆様、お疲れ様です。
今日「ノンストップ」と言う番組で、伝統と情緒のある風景、
チョコレート等の美味しいもの満載の口コミベルギー旅が放送しており
釘付けになっておりました。
そんな時、新人間革命1巻 旭日の章の(14ページ)の
「待っていた、みんな待っていたよ。日蓮大聖人の仏法を求めてな。
行きたいな、世界へ。広宣流布の旅に……。
伸一、世界が相手だ。君の本当の舞台は世界だよ。世界は広いぞ」という
戸田先生の言葉を思いだしました。
この言葉が思い浮かぶのも、今日は、戸田先生の生誕115周年という
佳節からでしょうか・・・
この小さな日本の中でも県民性等で差異がでるのに世界の人々と渡り合って
いくことは本当に難しいことです。
しかし、戸田先生の意志を継いだ池田先生が、創価学会インタナショナル(SGI)
を発足させ、世界192カ国・地域に1200万人以上のメンバーを擁するように
なりました。本当に凄いことです。
この混沌とした世界ですが、広宣流布の道を、世界平和の道を前進していきたいです!

本日お知らせとして、2月8日にアップしました
「悪口をいわれるたびに、罪が消えて功徳が増す 戸田先生の質問会より」
に少し加筆をさせて頂きました。
どこを加筆したかというと、先日の話では、「折伏していて悪口を言われる」
のみの話で終わってしまった感じでしたが、今回の加筆修正では
「また、これは、折伏だけでなく、あらゆる学会活動、学会員故に起こること
においての悪口や噂等も含まれると思います。」
の一文を付け加えさせて頂きました。
皆様、ご確認くださるよう宜しくお願い致します。











[PR]

by hakodate0711 | 2015-02-11 22:18 | 戸田先生

悪口をいわれるたびに、罪が消えて功徳が増す  戸田先生の質問会より

皆様、お疲れ様です。
先日、ベルギーチョコについてこちらのブログで語っていたら、
昨日の聖教新聞にチョコレートの話が載っていました。
なんだか、タイムリーで嬉しいです(笑)
美食大国ベルギーについてはチョコだけでなく、最近日本でも注目
され専門店ができているベルギー版のフライドポテトも気になっております。

さて、こんな調子の私ですが、「生命が変わらないとまたやる」の話を
書くため様々な書物を紐解いております。
その中で「戸田城聖全集 第2巻」を読んでおりまして、
戸田先生が質問会においてバサバサ痛快に指導されておりました。
その中で折伏してて悪口を言われることについて出てきた話を・・・

悪口をいわれるたびに、罪が消えていくのです。
功徳が増してくるのです。
ですから悪口を恐れてはいかんと日蓮大聖人様はおっしゃっています。
ぼくなどの悪口のいわれ方をみてごらんなさい。
新聞、雑誌と、ずいぶん悪口をいっています。
けれども、そんなものは蚊が鳴いたみたいなものです。
刺されるとかゆいから、蚊のほうがこわいです。
あんなものかゆくも痛くもありません。
むこうで書いたものですから。
ひどい目にあう人たちもいるのですから、いまにみていなさい。
法華経の行者の悪口をいって、満足な死に方をしたら、お目にかかりましょう。

「戸田城聖全集 第二巻」 戸田城聖 148~149ページより

週刊文春、週刊新潮、フライデー等のマスゴミは勿論のこと
言いたい放題のアンチブログ、2ちゃんねる、ガールズちゃんねる、
YAHOOの知恵袋、ニュースのコメント欄等のインターネット、
井戸端会議での悪口、噂話等学会、法華経の行者の悪口が溢れてる昨今ですが
皆様、気にする必要はございません。
上記の戸田先生のこの指導がすべてを物語っているのです。
また、これは、折伏だけでなく、あらゆる学会活動、学会員故に起こること
においての悪口や噂等も含まれると思います。
悪口を言われてるほど人ほど罪が消えて功徳が増してるのです。
胸を張りましょう!




















[PR]

by hakodate0711 | 2015-02-08 22:36 | 戸田先生

衆生所有楽(しゅじょうしょゆうらく)②

皆様、お疲れ様です。
「11・18」おめでとうございます。
世知辛い世の中に「本当に疲れてる」とお思いの方も多々いらっしゃると思いますが、
これは、むしろ、この混沌の時に「地涌の菩薩」として生まれたことの
証のような気がします。

「それでも疲れてるんだってば」と仰る方も多々いると思いますので
今日は8月7日掲載「衆生所有楽(しゅじょうしょゆうらく)①」
から結構空いてしまいまいましたが、衆生所有楽②となります。

「折伏をしなさい、信心をしっかりやりなさいということは、
学会、国家、世界のためのように聞こえるが、再往(さいおう)は
あなた方自身のためです。
折伏さえすれば、本当に功徳があるのです。
 だから、何か問題が起これば、すぐ御本尊様に向かって題目を唱えなさい。
そして、折伏を勇敢にやり切りなさい。
 経文に『若(も)し懺悔(ざんげ)せんと欲せば端坐(たんざ)して
実相(じっそう)を思え、衆罪(しゅうざい)は霜露(そうろ)の如し、
慧日(えにち)能(よ)く消除(しょうじょ)す』
とあるとおりです。信心と折伏に純粋に励むなら、悪い、悲しまねば
ならぬ宿命をも楽しみに変え、この世は遊びに来たのだという
境涯(きょうがい)が、必ず開けてくるのです。」

人間革命6巻 離陸 305~306ページ
(注意 私が持ってる「人間革命」は非常に古いので ページ数は
あてにならないかもしれません、
後日「人間革命」を購入してページ数は修正も予定してます)

本当に身に染みる指導です。
私もちょっとヘロヘロですが、また、明日へと前進していきます!



[PR]

by hakodate0711 | 2014-11-18 20:14 | 戸田先生

衆生所有楽(しゅじょうしょゆうらく)①

皆様、こんばんは
今日も一日お疲れ様です。
パソコンの不具合で一度書きかけがアップされてたこと
お詫び申し上げます・・・・

今日は、戸田先生が人間革命6巻「離陸」の中で
経典にとかれていて、勤行にも出てくる「衆生所有楽(しゅじょうしょゆうらく)」に
ついて人生の根本的な意義をわかりやすく説いたところをご紹介いたします。

「なぜ人間に生まれてきたのか。これは簡単なようで、
なかなかむずかしい問題ですが、要するに、あなた方はこの世に
遊びにきたのです。いつ、いかなることがあっても、人生を楽しみ切り、
思うがままに遊戯(ゆうげ)していく。ここに人生の目的があります。
 それなのに、実際は遊ばないで、病気したり、夫婦喧嘩をしたりして、
忙しい忙しいと毎日、目の色ばかり変えている。
 会社へ行くのも楽しいし、女房に叱られることも、また亭主に叱られることも、
楽しくて仕方がないというのでなければいけない。
 しかし、遊ぶといっても、甘い汁粉(しるこ)に、砂糖と塩がなければ
ならないように、人生も、塩程度の苦労がなければ、真の幸せも
感じられないわけです。ところが、あなたがたの場合は、塩の方が多すぎるのです。
しょっぱい汁粉なんて食べられたものではない」

人間革命6巻 離陸 305ページ
(注意 私が持ってる「人間革命」は非常に古いので ページ数は
あてにならないかもしれません、
後日「人間革命」を購入してページ数は修正も予定してます)

以前にも書いたことがあると思いますが
私の趣味に「西村京太郎ごっこ」があります。
これは、目的地にいかに安く、短時間に効率よく移動するかを
調べまくり妄想旅行するものです。
実践に移すこともありますが失敗(青森で一人フェリー乗り場で一夜を明かす
大阪で北極星のオムライス探しで迷子になる等)が多々あり
コントのような展開になることもあります・・・・
でも、順調な旅行より、散々なことがあった方がいいネタ・・・いや思い出になって
たりすることあります(笑)
なので、皆さん、旅行でも思いもかけいないことがあったら
大変なこともあるかもしれませんがネタが増えたと思ってください(笑)

また、ある女性が子供の頃いじめたりいじめられたりとかの問題もなく
順調に大学進学、就職、結婚、二人の子供を出産と特に苦労という
苦労の経験はしたことがないという話を聞いたことがあったのですが、
普通は羨ましいはずのその女性の人生に何も魅力を感じませんでした
私がちょっと(いや、相当)変わってるのかもしれませんが、
むしろ、「こんな人生嫌かも」とも思いました・・・・
私が、この女性のような人生を送ってたら、間違いなくこのブログは
存在しないし、皆様との仏縁もなかったでしょう・・・・
やはり、戸田先生がおっしゃるように、塩程度の苦労がなければ
真の幸せはないものだと思います。

また、戸田先生の話は、その方法論としての折伏の問題に移っていきます
それは、また後日お話させて頂きます。
[PR]

by hakodate0711 | 2014-08-07 23:53 | 戸田先生

東京オリンピック、そして・・・・・

皆様、こんばんは!
2020年東京オリンピック決定ですね
非常にめでたいです!
今日はお休みなので、頑張って5時まで起きてようと思ったのですが
2時ぐらいまで起きてたのですが、また睡魔に負けました(またか・・・)
でも、人間不思議なもので朝6時ごろに目が覚め、枕元で携帯の
ニュースサイトでチェック、安心して、また夢の世界へ・・・・
ここまで来るのに、テレビで報道されてる方達は勿論、
決して表舞台にはでずに、影ながら支えてきた人達に
お礼を言いたいです。

さて、1957(昭和32)年のこの日、横浜・三ツ沢の競技場に5万人の青年が
集い、開催された「東日本体育大会」の席上、戸田第二代会長は、
歴史的な「原水爆禁止宣言」を発表しました。
この宣言当時は東西冷戦の時代、大国は競って軍事開発に勤しんでおり
世界は、徐々に原水爆の脅威に晒されていきます
それに対し戸田会長は仏法の平和主義を基この宣言をされました。
云わば、この宣言は創価学会の平和運動の原点の日でもあります。
その日に平和の祭典であるオリンピックの開催が決まるとはというのは
縁を感じます。
[PR]

by hakodate0711 | 2013-09-08 22:38 | 戸田先生

折伏はうれしさのあまり行ずる・・・・戸田先生の指導より抜粋

皆様、こんばんは
書いてる時に日付をまたぎましたが
昨日は創価学会第2代会長戸田城聖先生の亡くなられた日です・・・
この前、戸田城聖全集2巻(質問会編)を購入致しましたので、
今日は、その中から戸田先生のご指導をご紹介させて頂きます

(質問)
入信して以来、平和な家庭生活ができますように、また折伏ができます
ようにと、毎日五千べんの題目をあげてきたのですが、最近、会社の上役を
折伏したのがもとで圧迫され、生活に困るのですが、その理由について
おうかがいします。

(戸田先生の回答)
それは、あなたの折伏の目的が間違っているのです。折伏というものは、
自分が幸福になりたいからやるというのではなく、御本尊様の功徳に歓喜し、
相手の境遇に同情して、慈悲の心をもって折伏するのが、ほんとうの折伏する者の
態度です。
利己的な動機で折伏しても、結果はでません。折伏はうれしさのあまり行ずる
ところに、しぜんと功徳があふれてくるのです。

当ブログの2012年の11月15日の「河合師範の信心の基本を学ぶ③」のところでも
「御書に、『喜び身に余るが故に堪え難くして自讃するなり(P.334)』とある。
嬉しくてしようがないからつい「仏法はすごいよ」と言ってしまう。これが本当の折伏。」
というのがあります。

折伏は苦しくやっちゃだめですね、楽しくいきましょう!
[PR]

by hakodate0711 | 2013-04-03 00:33 | 戸田先生