カテゴリ:日常( 132 )

すいません、大不覚です<(_ _)>

皆様、お疲れ様です・・・
お天気や津波の影響は大丈夫でしたでしょうか?
管理人は、津波警報のため今朝3:00起きました・・・
そのため一日中寝ぼけておりました(いつも寝ぼけてるような・・・)
寝ぼけたこととの因果関係があるのかないのか不明ですが
管理人、大不覚をしました・・・・
何をしたかと言うと、まず、数日かけて書いていた自分の記事を削除し、
コメント承認作業中に何人から頂いたコメントに対して
「承認」と「削除」ボタン間違って押してしまいました(大汗)
コメントは読ませて頂きましたので、今後の記事の参考にさせて頂きます。
本当に申し訳ございません<(_ _)>





[PR]
by hakodate0711 | 2015-09-18 18:20 | 日常

備え

皆様、お疲れ様です。
ここ数日、大雨、地震の被害に遭われた方お見舞い申し上げます。
様々、心の傷も深いところだと思います・・・・
お題目を送らせて頂きます。
自衛隊、救助隊等救助、救援に立ち向かわれてる方々、本当にお疲れ様です。
救助の映像を見るたびに、その判断力、緻密さに驚かされます。
そして、残されたペットの救済等のボランティアに動いてる方々、本当に
ありがとうございます。
災害は、「災害です」なんてい言いながら来るわけではなく、時間選ばずに
突然やってきます。
弟は「北海道南西沖地震」の時にパンツ1枚で寝ていたので、驚いて
そのままパンツ1枚で外に出てしまったことを未だ覚えております(汗)
裸で寝てる方は本当にお気を付け下さい(大汗)
「家に避難袋あるから大丈夫」だけでなく、避難袋は、家だけでなく、
車、許されるなら職場にもちょっとしたものを置いておきたいものです。
そして、今一度、避難所、避難場所の確認、災害の時の対応について
ご家族でお話くださるようお願い致します。
ちなみに、私は時として、人の誕生日に、避難グッズを贈っております・・・
「生命」を大事にしてほしいからです。

ところで「⑦悪意ある人間に利用されるような情報」に再追記させて頂きました。
以前から、内容の良し悪しに関わらず、一言でもあるようでしたら即削除
しておりましたが、マスゴミ等がネット上の意見についてもコピーやWEB魚拓を
貼って利用してる場合もありますのでより一層この件について厳しくさせて頂きます。
ですので、このようなことを書かなければないらない質問に対してもも削除の上
一切回答いたしませんので宜しくお願い致します<(_ _)>
私が不十分な知識で、お話をして周囲に迷惑をかけては、元も子もございませんので・・・





[PR]
by hakodate0711 | 2015-09-13 17:09 | 日常

南の島に雪が降る②

皆様、お疲れ様です。
ちょっと今日は日付を跨いでしまいました(大汗)
すっかり秋めいてきました・・・
家で育てたかぼちゃがそろそろ食べ頃です。

さて、今日は先日の記事に引き続きの「南の島に雪が降る②」です。
書いてるうちに、どうしてもネタバレの要素が多くなってしまったので
大阪の大千秋楽を終了を待ってからとなりました。
「南の島に雪が降る」のストーリーは、前回の記事で書かせて頂きましたが
従来の「南の島に雪が降る」と大きく違うのは
オリジナルのキャラクターオランダ宣教師の娘「リリィ」(大和悠河さん)と
「シンシャ」(西条美咲さん)の姉妹(オランダ人とインドネシア人のハーフ)
が登場します。
姉妹の父親の宣教師は空爆で亡くなり、逃げるときに母親、姉妹も離れ離れになります。
リリィは妹シンシアを探すため、主人公の加藤徳之助(柳家家禄さん)を頼ります。
ここで日本人の兵士の悲劇だけでなく、加害者としての側面が描かれることになります。
こう書くと、「やっぱり悲しいばかりの話じゃ・・・」と思われますが、面白いシーンを
いくつか紹介致します。

①マノクワイ歌舞伎座の面接において下ネタ芸を披露する僧侶に杉山大尉
(松村雄基さん)キレるシーン
杉山大尉は、個性豊か過ぎるマノクワイ歌舞伎座の面々のまとめ役というかツッコミ役(笑)
加藤さんが大らかで飄々としていて歌舞伎座面々を放牧しがちだったので(笑)
それにしても、松村さん若い・・・丸刈りにしたら、またさらにに若くなってました。

②「外国人の女は怖いぞ」という麻世さん
麻世さん演じる歌手今川永喜一等兵がリリィに構う加藤さんに対しての一言
この言葉の後、カイヤさんのものまねに続きます。
そのまんまな内輪ネタです!

③大和悠河さん宝塚ネタ
大和さんは加藤さんの奥さん京町みち代、リリィの二役以外もにも男装で軍人等も
演じてました、そのため、彼女が劇中、歯や着替えの衣装替えがあったのかわかりません(汗)
その中でも、宝塚を彷彿させるシーンが何度か・・・「華麗」の一言です。

④酒井敏也さん劇中劇で棒読み
斉藤上等兵(酒井敏也さん)は衣装担当としてマノクワイ歌舞伎座に参加するの
ですが役者が不足してるので、「瞼の母」で役者として駆り出されます。
しかし、斉藤さん全部棒読みで芝居をします・・・
このシーンで爆笑した私は、隣の人からがっちり睨まれました(大汗)

⑤皆でポリネシアンダンス!
加藤さんの夢で見たというこのポリネシアンダンス!
大和悠河さんがココブラに腰ミノつけたポリネシアンダンスを披露しました。
ここまでなら「セクシー!」で終わるのですが、
ところが、ここでは終わらずキャスト全員ポリネシアンダンス!
ランニングシャツに、軍帽、ブーツに腰ミノ・・・・皆さん楽しそうです。
なんだか混ざりたくなりました(笑)
すごいインパクトのあるシーンです。
従来の「南の島に雪が降る」を覆すシーンだった思います。

キャストの皆様芸達者な方ばかりだったので、本当に見応えがある舞台でした。

私の祖父は、戦争の際に中国、ロシアに送られました。
祖父が、生きて帰ってこれなかったら父が生まれてこないので私は存在しておりませんでした。
そして、祖父は亡くなるまで戦争中のことを周囲にほとんど語りませんでしたので、
幼い頃から「戦争のことは聞いてはいけないこと」という認識でした・・・
そのため、戦争の知識は、周囲からほとんど聞くことはなく、本、ネット、
テレビやこのような舞台から得てきたものです。
今回の舞台を見て、今、何不自由なく、この日本で生きていることに感謝すると同時に
大事にして未来に繋げていきたいと思いました。

「南の島に雪が降る」舞台は、終わってしまいましたが、気になる方はDVDが
発売になるので、そちらをお勧めします!











[PR]
by hakodate0711 | 2015-09-07 00:05 | 日常

夏の終わりと秋のはじまり

皆様、お疲れ様です。
この前、「男花」を「男塾」と一瞬見間違いながらも
どっちも「男気」溢れてるから似てるんだと言い訳をしている
ボケた日常を過ごしている管理人です。
南の島に雪が降るのパンフレットを眺め、最高の夏の思い出にひたりながら
「南の島に雪が降る②」を書いております。
キャストの陣の腰みのつけたポリネシアンダンス楽しかったです。
こちらは、明日か明後日アップ予定です・・・
そんな2015年の夏の終わりの思い出の1枚を・・・・
c0250395_21224348.jpg











少しい寂しいですが、今度は、実りの秋が待っております。
これは、これで楽しみです(笑)

あと、コメントの返信も、もう少しお待ちくださいませ・・・
また、非常に申し訳ないのですが、境涯革命五原則の
「⑦悪意ある人間に利用されるような情報(2015年2月25日追記)
内容の良し悪しに関わらず、一言でもあるようでしたら即削除させて頂いております。」
に則り、削除させてもらってるコメントもございます。
私が、そうしている理由の一つに、あり得ない酷い悪用を目の当たりにしたことが
あるからです。
特に、今の時期において「魔」が手ぐすねひいて待っております。
「感情」で先走ったところに待ってるのは「後悔」です。



[PR]
by hakodate0711 | 2015-09-04 22:54 | 日常

南の島に雪が降る①

皆様、おはようございます。
盆明けも仕事に追われてました・・・
本日「境涯革命五原則」の注意書きに「⑧返信について」を追記いたしました
ので宜しくお願い致します。

さて、先日お話した通り、

と上様(松平健さん)(笑)が懸命に宣伝する愛知県にて
め組の栄五朗親分(松村雄基さん)が出演する「南の島に雪が降る」を観劇してきました。
こう書いてたら、「暴れん坊将軍」が見たくなってきました・・・・
私の高校の頃の友人は、テストで「徳川8代将軍は?」という問いに「松平健」と書いて
答え、「お前は、答えをわかってるから」と〇を貰ったそうです(笑)
ちょっと「南の島に雪が降る」の感想と愛知旅行記(食べてばっかりだったような)
を書くことになると思います。

「南の島に雪が降る」は
昭和36年、俳優・加東大介さん(兄が沢村国太郎さん、姉が沢村貞子さん、
甥は長門裕之さんと津川雅彦さん)の自らの戦争体験に基づいて描かれた従軍経験手記です。
遠く日本から離れた熱帯雨林ニューギニアの戦地、そこは主力部隊から脱落し見放され、
救援物資も届かない最果ての地。
戦友たちは飢えとマラリア等の病でバタバタと死んでいきます。
いつ戦争が終わるかもわからず、希望もみえない・・・
そんな過酷な状況で加東大介は、上官からの命もあり、演芸分隊を立ち上げます。
熱帯のジャングルの真ん中に日本の舞台を作り、三味線弾き、ムーラン・ルージュの脚本家、
スペイン舞踊の教師、舞台美術・衣装担当の友禅職人等々個性的なメンバーと共に、
公演をはじめていきます。
その状況下なので、ありあわせの道具で粗末な舞台・・・。

そして、一人の兵士が呟きます。
「ふるさとの雪が見たい・・・」と・・・

とある程度内容がご存知の方もいらっしゃると思います。
キャラクターが非常に濃く、ただ、泣けるのではなく、笑えるシーンが多々あります。
ただ、大和悠河さんや西条美咲さんが演じるオリジナルキャラクターが出て
「加害者としての日本」の部分も描かれるので知ってるお話と少々変わってくると思います。
中日劇場は今日が千秋楽、福岡が25日、大阪が27日の公演とのこと、良かったら是非!







[PR]
by hakodate0711 | 2015-08-23 07:34 | 日常

南の島に雪が降る プロローグ

皆様、お疲れ様です。
無事、名古屋から帰ってきました。
名古屋が35℃、函館が23℃凄い気温差で・・・
函館に着いた瞬間の感想は「寒い・・・」でした(大汗)
名古屋は暑かったですが、凄く嬉しいことがあり、満喫してきました!

今日は、終戦記念日です・・・
昨日、「南の島に雪が降る」観劇し、色々胸に詰まるものがありました。
ただ、悲しい切ない話だけでなく、笑いの要素も取り混ぜられております。
こちら後日、感想書かせて頂きます。
(これから観劇される方もいらっしゃるのでネタバレしない程度に)
もう一度見たいです。
いっそ、全国公演にして函館にも来てほしいです。
名古屋公演は続きますし、福岡、大阪公演あるので、見に行ける方は是非!

[PR]
by hakodate0711 | 2015-08-15 23:54 | 日常

忘れられない夏の光景に・・・・

皆様、お疲れ様です。
今日は、2回更新です。
本当に暑い日が続きますね・・・・
皆様、塩分、水分と、熱中症対策は充分ですか?
高齢者の方に多いようですが、エアコン嫌いだからつけないという方、
生命に変えられないですので妥協して頂けるようお願い致します<(_ _)>
熱中症対策を取られたある動物の姿が衝撃的でした(笑)
さて、これが、その動物の姿・・・・
じわじわ来ますね・・・・最近お気に入りの画像です(笑)
先日の母の夢の件もあり非常に気になる動物となっていまいました(笑)
暑さも、疲れもこの画像で吹き飛ばしてください。

さて、私、お盆に戦後70年特別企画「南の島に雪が降る」を中日劇場にて
観劇する予定でして様々な媒体をチェックしておりました。
非常に評判良く、素晴らしい舞台とのことで楽しみです!
しかし、贅沢をいうなら東京(今日千秋楽でした)、名古屋、大阪、福岡だけでなく
北海道にも来てほしいのですが・・・・
ちなみに、柳家花録さん、松村雄基さん、川崎麻世さん等々男性出演者の方々が
軍人という役の為になんと坊主頭になっております・・・
しかも、皆様、カツラではなく本当に坊主頭に刈っております。
こちらは役者魂です!






[PR]
by hakodate0711 | 2015-08-09 23:16 | 日常

目を逸らしてはいけない・・・

皆様、お疲れ様です。
今日は、長崎の原爆投下の日ですね。
広島の原爆投下の日(8月6日)とともに忘れてはならない日です。
先日、被爆70年に合わせてNHKが行った世論調査で
「1000人余りへの世論調査で、広島と長崎に原爆が投下された日付について、
正しく答えられなかった人が全国で7割程度だった」というのがありました。
私も、ちょっと周りの人に「原爆投下の日」を聞いてみたら、
本当に答えられてませんでした・・・・
そして、去年には、原爆の語り部に修学旅行中の中学生が「死に損ない」等と
暴言を浴びせていた騒動もありました・・・・
非常に嘆かわしい話です。

しかし、対照的な話に終戦直後「原爆のおかげで第二次大戦が終結した」という
意識だったアメリカ国民が変ってきたというのを読みました。
先日のニュースでは、ネットアンケートで30歳未満のアメリカ人の約半数が
原爆投下を「間違っていた」と回答していたととのことです。
以前、広島平和記念資料館に行った時に見学者に外国の人が非常に多く、
皆真剣な眼差しだったことを思い出しました。
これは、アメリカの人々が歴史の経緯や核の脅威等を学んだ結果からだと思います。

日本人はこの暗い悲しい歴史にどこか目をそむけ、忘れようとし
アメリカ人はこの歴史を見つめ、繰り返してはならないと考えていたのかと
思いました。
この節目にまた、学び直していきたいものです。

関連記事
広島原爆の日
長崎原爆の日~何故、広島と長崎だったのか?~





[PR]
by hakodate0711 | 2015-08-09 22:30 | 日常

酷暑

皆様、本当にお疲れ様です。
今日も暑かったですね・・・函館も30度を超えました・・・
今日の北海道は沖縄より暑かったそうです(大汗)

今年の最初の暑さの思い出は、6月に東京に行った時に「観光するぞ!」と
気合入れていたのにも関わらず、暑さに参ってしまい、早々に地下や
屋内に避難したことです。
結局、まともに外を歩いたのは、浅草と原宿だけでした・・・
「何故、東京の人は、この暑さの中、この人混みを、あんな涼しい顔をして
歩いていられるのか?」と不思議でした・・・
そんな中、浅草でキレイで、さわやかな女性の車夫さん(いるんです)に
「乗りませんか?」と声をかけられましたが、私、キティちゃんのように
りんご3個分の重さではなく、りんご×××個の重さがあるので恐縮しました。
街もゆっくり歩きたかったので遠慮しましたが、ちょっと勿体なかったです。

暑い日が続きますが、皆様お気を付け下さい!
水分、塩分を摂取し熱中症対策をするのも勿論のこと
ギリギリまで冷房をつけるのを我慢するようなことはしないようお願い致します。
私も、扇風機フル稼働させながら唱題しておりますので・・・






[PR]
by hakodate0711 | 2015-08-05 22:13 | 日常

男花 氷川きよしコンサート(夜の部)IN函館市民文化会館

皆様、お疲れ様です。
今日も暑かったですね・・・函館も暑くて外に出たくなかったです(汗)
この季節、「いっそ坊主にでも・・・」と思われる方もいるかと
それも名案かもしれません、今、お洒落坊主とか流行ってますし・・・

さて、お待たせしました、きよしLOVEのレディ達にお送りします。
って言いながら遅くなって申し訳ございません<(_ _)>
7月9日(木)函館市民会館 氷川きよしコンサート(夜の部)感想です!
この日は、函館立待岬で「男花」ごっこをする人々がいたとか、いないとか(笑)
腱鞘炎気味(今は大丈夫です)の手を庇い左手でリズムずれずれのペンライト
奮う娘の私は、前日から「きよし」コールの練習をする父とウン年ぶりに
オペラグラスを引っ張り出した母を連れての親孝行コンサートとなりました!
この日の、この部のコンサートは、質問コーナーで若い女の子があったたりと
周りを見るとわりと若い年代の人が多かったです。
そして、私の両隣(両親とは席が離れてしまったので)は、札幌での握手会に
参加し、函館も昼夜参加というパワフルなレディ達から撮りたてきよし写真を
見せてもらいながらきよしトークを・・・・
そんなレディ達に負けじと私は3月の明治座公演トークしてきました(笑)

肝心のコンサートはというと歌唱力、トーク、パフォーマンス、見せ方、艶等
「素晴らしかった」といってしまえば、それまでなのですが、今回、特に目を
見張ったのは「体力」です。
かねふくダンスを披露してくれたのですが、このダンス、物凄い激しいものです。
「男花」でのマイクスタンドを振り回しのパフォーマンス・・・・
「今日、2回目のコンサートのはずなのに、こんなに涼しい顔してるこの人は
どんな体力してるんだろう・・・・」と思い見ておりました。
やっぱりプロ中のプロですね(汗)
初コンサートとなった両親も楽しかったとのこと・・・
母は、初コンサートなのに、まるでデビュー時からのファンのようでした(笑)

帰り際には 赤文字系雑誌を読んで3代目さんとかのライブに行っていそうな
お嬢さんたちとお話をしたところ「木曜8時のコンサート~名曲!にっぽんの歌~」
見て、去年からきよしファンになってはじめてのコンサートとのこと・・・・
はい、ここで、すいません、私先輩風吹かせ、過去2回のきよしコンサートについて
語りました(笑)
このお嬢さんたちを見ながら「あと60年はきよしの時代が続く・・・」と
思っておりました(笑)

最後に、氷川きよし様、西寄ひがし様、スタッフ及び関係者の皆様、
支離滅裂な感想ですが非常に楽しかったです。
来年、またのお越しをお待ちしております<(_ _)>
その時、また両親を連れ親孝行させて頂きますので宜しくお願い申し上げます(笑)

[PR]
by hakodate0711 | 2015-08-01 22:13 | 日常


徒然なるままに書いてます


by hakodate07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
日常
函館話
旅行記
日顕宗(悪)僕滅
私の体験談
池田先生
戸田先生
牧口先生
辻副会長
私が聞いた体験談
於保先生(ドクター部)指導
河合師範
御書
指導
生命が変わらないとまたやる
教学
怨嫉の話
宿命転換
因果の理法
世界の人々
お知らせ

以前の記事

2019年 11月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

お気に入りブログ

最新のコメント

管理人多忙につき、これか..
by hakodate0711 at 03:10

メモ帳

最新のトラックバック

スペインの経済発展を象徴..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

2018年も宜しくお願いしま..
at 2018-01-02 18:46
決着と挑戦
at 2017-12-27 22:52
本当の勝敗は見えぬところにある
at 2017-10-29 17:40
函館百景① 野生のパンダ!?
at 2017-10-11 20:33
真面目に生きることは「功徳」
at 2017-08-19 19:56

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
哲学・思想

画像一覧