カテゴリ:河合師範( 36 )

皆様、お疲れ様です。
来週は、待ちに待った盛岡できよしのコンサート(夜の部参加予定)です!
しかし、今回は氷室さんの東京ドームの1・2日目でゲットした席よりも
後です・・・(T_T)
今まで、函館最前列、釧路4列目と良席をゲットしてきてきたので
タカを括っていて、今回大丈夫と思っておりましたが、完全に裏目に出る形でした。
やはり、ちゃんと具体的に祈らないとダメですね・・・

ここで、今の私に最適な河合師範の指導を・・・

「良くしよう!!と祈れば良くなる。それ以外は無駄。みんな勤行・唱題しているが、
一念がきちんと御本尊に向いているかどうか。それが、祈っているかどうかということ。
「絶対信心で解決しようという強い決意と、具体的な目標を決めて一念を定めて
祈っていること」を『祈る』と言う。祈るから叶う。唱題してても祈っていない場合、
決意・目標が曖昧な祈り、唱題のための唱題、これは、『惰性の祈り』。
「どうしようか」と方法諭を考えている唱題は『迷いの唱題』。
「だめだろうなぁ」と思って祈っている『不信の唱題』は一念が御本尊に向いていない。
祈ってないから叶わない。唱題ではなく祈りが大事。

 具体的に強く祈ること。そうすれば叶う。それ以外は叶わない。
唱題のための唱題もつまらない。先生は「疑いや形式であれば、たとえ100万遍
あげても境涯が開けるものではない。自分自身の発心で、目標を決めて唱題すれば
必ず開けるのである。義務的・形式的な勤行・唱題、それは惰性のあらわれであり、
空転を生むだけである。きちんと一念を定めて祈らなければだめだよ。」と言われている。
こうなりたい、こうしたいと祈ればよい。信心は心ですること。頭でするのではない。
心を、素直にぶつけることを祈りという。できるかどうかではなく、「こうなりたい!」
と祈ればいい。必ずそうなる。信心は簡単です。

河合師範 「信心の基本を学ぶ」②

よく、「ご本尊様はちゃんとわかってくださるから、自分のことは
祈らなくてもいい」とか言われる方おりますが、絶対にダメです。
今回の私みたいになりますから・・・・後悔先に立たずです。
皆様はこのような後悔なさらないようにお願い致します。


[PR]
by hakodate0711 | 2016-10-30 19:57 | 河合師範

半南無の話 

皆様、お疲れ様です。
私のお盆は、いきなりパンケーキ焼きはじめたりとどこに行くこともなく
ダラダラ・・・じゃなくて多々考えることがあり、
河合師範の指導を読み返してます。
その中でも、今日は自分にも多々思い当たる話として「半南無」のお話です。

ある人が大きな借金をして店舗を改装し、開店が間近になった時、
「こんなに借金をして、返せるだろうかと思うと、自信がなくなってしまって」
と落ち込んで、ションボリして来られました。

「自信と言ういうのは、困難なことをやり抜いて成功したときにつくもので、
今から自信があったらおかしいでしょう。御本尊に強く祈り、
『絶対に成功させてみせる』と確信をもって挑戦してごらんなさい。
必ずうまくいきますよ」と激励したところ、決意して帰られました。
そして、開店して2か月ぐらいたってから、
「新装開店は大成功でした。ちょっぴり自信がつきました」という手紙が届きました。

「続・生活にいきる信仰 Q&A」 河合一 第三文明社より

(当ブログ  2014年3月29日  自信をつけるには・・・・  参照

この話に類して、別の河合師範の指導を・・・

どうしたらいいかと祈っている人がいるが、全く意味がない。
交番へ行って「どこへ行けばいいのでしょうか?」と聞いているようなもの。
答えがない。御本尊が何か決めるのではない。自分が決めて祈るからそうなる。
「こうしたい!」「こうなりたい!」と祈ること。必ずそうなる。
「困った!御本尊!以上終わり!」簡単です。これを『南無』と言う。
南無というのは、「生命を任せます!」と言うこと。
「お願いします。あとはよろしく!」これで良い。でも結構任せていない人が多い。
「お願いはしてみます。でもだめだろうな。」と祈っている。
だからそうなる。願い通り。できないと決めたら御本尊不信。
だめだと決めたら御本尊不信、自分の中の甘さも御本尊不信。願ってお任せ。
「お願いします!あとはよろしく。」これでよい。信仰というのは、無理だから祈る。
方法がないから祈る。常識で不可能だから祈る。方法があれば祈る必要はない。
やればいいんです。道がいないから祈る。それが南無。そう御書に書いてある。
「湿れる木より火を出し、乾ける土より水をもうけんが如く強盛に申すなり」と。
「“湿った木を燃やしてみせる、砂漢から水を出してみせる”と強く祈るんだよ!」とおっしゃっている。
「不可能を可能にするのが信仰だよ!」とおっしゃっている
「お願いはしてみます。でもだめだろうな。」と祈っている。
これを『半南無』と言う。半信半疑は不信だから叶わない。「だめでしょうね。」とその通りになる

(当ブログ 2012年 11月 15日 河合師範 「信心の基本を学ぶ」①  参照)

やる前から「自信がない」「責任を持てない」というのは、
やる前から「だめでしょうね。」という一念でいるから本当にそうなってしまう・・・
家電製品とか壊れた時に、知らない業者さんにでも簡単に修理を依頼して
任せっぱなしにできるのに、何故、何か困った時に、絶対のご本尊様に
素直にお願いできないのでしょうか?
せっかく、素晴らしいご本尊様を持ってるのに、それに頼らない宝の持ち腐れだし
非常に失礼な話です。
最近、様々な時事問題を見ていて、仏の目から見たら、どんな天才と言われる人が
考えて確信持ってやることでも所詮は凡夫のやること・・・・
蟻がやることみたいなものでちょっとしたことで覆ってしまうと思うことがあります。
心から素直に「南無妙法蓮華経」と唱え「こうしたい!」と「こうなりたい」
という一念をぶつけてしまいましょう!



[PR]
by hakodate0711 | 2016-08-12 19:24 | 河合師範

困った時は・・・

皆様、お疲れ様です。
雄基病(「ロス」通り越し「病」です(汗))発病させ、ヒムロス発症させつつ
きよし出演の「うたコン」「サラメシ」(カキフライおいしそう・・・)見てました・・・・
色々カオスです(笑)
ただ、時は「加速するランニングマシン」ですので少しでも立ち止まれば
大怪我するので、その辺は気をつけるようにしてますが・・・

さて、皆様、「学会活動が・・・」「仕事が・・・」「学校が・・・」「家庭が・・・」
「人間関係が・・・」「ブログやツイッターが・・・」様々な悩みに直面してることと
思います。
そこで、今日はこんな河合師範の指導を・・・

北海道でおもしろい話を聞いた。青年部時代は隊長で地区幹事さんで、
漁師だったが今は福運がついて船を何隻も持っている漁会社の社長。
一昨年・去年の鮭漁が不漁で大赤字で困っていた。
北海道漁村部長が指導に行って、
「鮭が獲れないと言うけど、鮭がいないんじやないでしょ?来ないだけでしょ?
呼べばいいじやないですか!海に国境はないんだから。」と言った。
それから本気で祈ったら、それまで20匹しか獲れなかったのが300匹獲れたそうです。
大漁が続いていっぺんに黒字になってしまった。信心は簡単です。
商売でお客さんが来なければ強く祈って呼べばいいんです。その上で努力と工夫をすればよい。

河合師範「信心の基本を学ぶ」③より

困った時は「お題目」です!
当ブログのトップに掲げてる境涯革命五原則
「四、方法ばかり考えると迷いになる・決意して祈ると知慧が沸く。」
「五、出来ないと決めると出来なくなる・やろうと決めて祈ると力が出る。」
でもありますので!
私は題目は特に「朝」に力を入れます。
何故、「朝」かと申しますと、また指導を引用いたしますが

一日の勝負は、朝
その日の勝負は、朝なんです。朝の決めて・祈ったかどうかで
決まるんです。だから、朝負けたら、一日負け。
夜、お題目をあげても、福運にはなるけど、その日の勝敗には
もうだめなんです。消化試合みたいなものなんです。

河合師範御書講義⑩より

とあるからです。
私の仕事は、イレギュラーで予測がつかない展開が多いので
朝唱題しないと、本当にきついです・・・
「朝」に「ご本尊様に○○の件どうにか解決させてください」とぶつけながら
ウン年間続けてきました。
もし、題目してなかったら、今まで続いてなったかもしれません・・・
朝弱い方でも、時間なくて大変なかたいらっしゃると思いますが
ほんのちょっとでもいいと思うので、まず、実践してみてください!
[PR]
by hakodate0711 | 2016-06-14 22:09 | 河合師範

皆様、お疲れ様です。
4月に入って、はじめての更新となります(汗)

さて、今日は福運を消してしまう行為についてです。
パッと思いつくのは、当ブログであげております「愚痴・文句・怨嫉」
(詳細は、愚痴と文句と怨嫉は厳禁 参照)です。
それ以外にも福運を無くしている行為があり、以前ここで書いた占い等に頼る行為
占いと不信の関係 参照)があると思います。
その他であげる一つに「うっかり謗法」(勝手に名前付けました)というのがあります。
学会の方でも、特に壮年の方に多い傾向なのですが、あまり考えずに「他宗」特に「禅」
の格言を堂々と使っちゃったりする人がいます(大汗)
そういうのを見たり、聞いたりすると「それ福運消してるよ・・・」と思います。
いずれ、ちゃんと書く予定ですが、「禅」は「四箇の格言」(しかのかくげん)
でいうところの「禅天魔」(ぜんてんま)と言われております。
そして、河合師範の指導にあった「禅」のちょっとした話を引用させて頂きます。

前の第六東京井上男子部長(当時)の井上県長が島根県にいったでしょ。
そこで、謗法厳禁とやかましくいったんです。そこの、大B長、大B担(当時)
のお店の名前がダルマ食堂といっていた。長年ダルマ食堂で来たわけです。
そこの、大B長、大B担が「ダルマ食堂」って謗法でしょうかと、井上県長に
指導を受けに来た。そして、井上県長から私(河合師範)のところに電話が
かかってきたんです。「ダルマ食堂」って謗法でしょうかと。「ダルマ食堂」って
名前そのものを拝むわけではないから謗法とは言えないかもしれないけれど、
でも、邪宗の教祖の名前をつけることはないでしょ。「弘法食堂とか、
法然食堂とか名前をつけるか」とかつけますか?。それと、おんなじ事です
から、それで、井上県長(当時)が「大福食堂」と名前をつけてあげたそうです。
ダルマというのは、行き詰まっている姿ですからね。手も足も出ないんですから、
縁起のいいものではないんですよ!。

(当ブログ 河合師範御書講義⑤

こうやって、河合師範の指導を改めて読むと「禅」って手足が出ない行き詰りの
宗教なんですね・・・
たまたま、耳にした禅の言葉で「善をも思わず悪をも思わず」って言葉があります。
「善悪、自他、左右、是非といった二元的な考えから脱却すること。」意味らしいの
ですが、「慈悲魔と申す魔・身に入って」(御書526頁)にある「慈悲魔」
(慈悲魔は衆生の心に一分の慈悲心があるのに乗じて、その心に取り入る。
あわれみの情をいたずらに募らせ、是非善悪の判断を狂わせます)の観点からしても
「悪に対して何も言わない。破折しない。それでは、魔をかばうことになる。
己心の魔に負けているのだ。」という池田先生の言葉からで検証していくと
禅という宗教が「自分、魔です」って自白してるような言葉です。
サスペンスドラマの犯人でも、2時間は「自分が犯人じゃない」って引っ張るのに、
それを、いきなり白状してしまっております(笑)
牧口先生も「よい事をしないのは悪いことをするのと、その結果においては同じである。」
という言葉もございます。
こうやって書いていくと、本当に日本の「事なかれ主義」という「悪」を作りあげたのは
この「禅」の「魔」のせいだったではないかと考えてます。
そして、そんな「禅」の言葉を有り難がって使うとになると、「魔」の思想を広めることに
なるので完全に謗法になちゃってると思うのです。
「しまった、やっちゃいました」等と思ってる人は、河合師範の指導の受け売りに
なりますが、考えをしっかり改めて命の重心重くして、祈って福運積んでいきましょう!
命の重心を重くすれば「ダルマ」ではなくて何度も立ち上がれる「起き上がりこぼし」
になるのです。
せっかく毎日積み重ねてきた福運です、消したら、勿体ないですよ!
福運は大事にしましょう!

尚、境涯革命五原則の案内のところで書かせて頂きましたが、多忙のため
しばらくコメントの受け付けはお休みさせて頂きます<(_ _)>

関連記事
愚痴と文句と怨嫉は厳禁
占いと不信の関係
河合師範御書講義⑤
慈悲魔とは
「悪」を許したり、何もしない人間も「悪」

[PR]
by hakodate0711 | 2016-04-10 10:40 | 河合師範

皆様、お疲れ様です。
今年も終わりに近づいてきましたね・・・
痛い話かもしれませんが、先日、忘年会対策として一人で歌の練習
してきました、いわゆる、ひとりカラオケです(汗)
歌の練習だったはずなのに、だんだんヒートアップして好きな歌ばかりを
いれていまい、非常に痛々しいなりきり大会になってしまいました(大汗)
そこで、もっと松村雄基さんの曲を入れてほしいとか
きよしの「男花」やTMRの歌の時は、オプションとして「風」をつけて
欲しいとかワガママなことを考えておりました(笑)
いいエネルギーチャージでした(笑)

さて最近、「実証」について考えることがあります。
功徳を受けてない信心は、信心してない人から見たら「裸の王様」
みたいに見られてるのかなと思ってみたりする今日この頃です(汗)
見えなければ、悲しいことに、どんなに「素晴らしい」と言っても
信じてもらうことができないので(汗)

某ダイエット会社のラ○ザ○プのCM(太ってた→痩せてカッコよくなった)
見てると気になりますよね?
痩せてキレイになった、カッコよく変わった人に「どうして、痩せたの?」
「何やったの?」聞きたくなりますよね?
逆に、太ってる人に「いいダイエットあるんだけど・・・」と言われても、
聞きたくないし、「あぁ何回もダイエットして、リバウンドしてああいう風に
なったんだ、あんな風にならないでおこう!」と違う決意されますよね(汗)

四条金吾は、また決意をして、
大発心をして頑張るわけです。前後、四年間大難が続くんですね。
だけど、最後は、主君の信用が前より倍増して、所領が三倍にもなるん
ですね。そうゆう大勝利の実証を示すんです。そうゆう面で、社会の中で
実証を示していかなければ、広宣流布の推進はできないんです。
逆に、信心しているからといって、「信心してもちっとも変わらないじゃないか」
「仕事もちっともできないじゃないか」と、そうゆう風に、生活の上に実証を
示せないで、むしろ人に御本尊を疑わせる、と、すれば謗法だと、
よく戸田先生が言われました。そして、広宣流布の妨害だといわれたんです。
こうゆう、大変な世の中だからこそ、信仰者の一人一人が見事な実証を
示していくこと自体が、折伏になり、広宣流布の推進になるんですね。
そうゆう面で、信心は観念じゃいけないんです。

当ブログ 河合師範御書講義⑬(最終回)2012年12月26日 参照

体験は自分一人のものではありません。
その体験を聞いて「もっと、頑張ろう!」「こうすればいいのか!」
と発心する人「創価学会に入る」と決意する人が出てきます。
「こんなこと祈っていいの?」と思うこともあると思いますが、
「人を不幸にすること」(悪の撲滅は別)以外、何祈っても良いんです。
だから、いつまで具体的に、しっかり自分の願いをご本尊様にぶつけてください。
当ブログは、皆様の喜びの体験を随時待ってます<(_ _)>

このたびも、ありがたいことに多くコメント頂いております、
これから読みますので返信等は後日となります<(_ _)>

[PR]
by hakodate0711 | 2015-10-18 18:06 | 河合師範

恐怖の惰性チェック!

皆様、こんばんは
このたびの台風により被害を受けられた地域の皆様に
謹んで お見舞い申し上げます。
函館も今は落ち着いておりますが、昨日からの大雨と強風で
見事に寝不足となっておりました(汗)
しかも、昨日は地震(震度4)も発生・・・・
天気が良ければ、自然に触れ合おうと思い砂漠に行ったつもりで
浜辺を散歩と思ったのですが完全に無理でした・・・
しょうがないので家で大人しくアフリカの壮大な自然の画像を見て
おりました・・・・

そんなアフリカの壮大な自然を見つめて小さい自分を見直そうと思い
以前にも載せました指導ですが、読み直した指導を一つ・・・・

先生は、「信心が惰性になったら退転だよ。」と言われた。頑張っていても退転。
どういう時が情性か?10項目ある。

情性とは
一.信心の上での決意・目標が曖昧なとき

二.勤行しているが具体的祈りがないとき

三.勤行・活動が受け身になったり義務的になっているとき

四.信心のことで愚痴や文句が出るとき

五.信心の歓喜や感動・感謝が感じられないとき

六,求道心が弱くなっているとき

七.仕事や家事がおろそかになっているとき

八.悩みに負けて落ち込んでいるとき

九.広布の使命感がなくなっているとき

十.幹部としての自覚や責任感が薄れているとき

 ひとつでも当てはまれば惰性。惰性は空回り。やっていることは間違ってないのだから
一念さえかえればよい。自分のために信仰すること。変わるために信仰すること。

河合師範 「信心の基本を学ぶ」③ 2012年 11月 15日より


うわっ・・・・何個か当てはまってるよ・・・・私・・・・
いつ、読んでも厳しい指導です・・・・
ただ、当てはまっていても、自分を追い詰めないでください
「自分ってダメ」と自分を追い詰めると、落ち込んで、
また愚痴と文句が出ちゃいますから
ご本尊様に「これをしない自分になりたい」と任せて祈っちゃって下さい
今日ダメでも、明日頑張ればいい、人生七転び八起きです!
3日坊主でも、10回決意してやり直せば、1か月ですし、
120回決意してやり直せば1年、
1200回決意してやり直せば10年続けたことになりますから(笑)
[PR]
by hakodate0711 | 2014-08-11 23:38 | 河合師範

皆様、こんばんは
暑い中、今日も一日お疲れ様です。
函館も真夏日でした・・・・
でも、日本で、「暑い~」とか言ってたら
アフリカとかどうなっちゃんでしょう・・・・・
ライオンもとい獅子の子のぬいぐるみを眺めながら
思うわけです。
アフリカに行かれる方はお気を付けください(誰が行くんだ・・・(汗))

さて、最近、教学等が疎かになっていたのですが
これではいかんと思い読んでいた指導で気になった一部分を・・・・・

牧口先生は、「昔はよかった、ああだこうだと昔の自慢話ばかりする人は、
今が悪いという証拠である。その反対に、昔は悪かったと話す人は、
今がよい生活をしている人である」と話し、過去よりも現在が大切であり、
さらに現在よりも未来を開いていくのが信心である、と教えられました。
未来を決めるのが、現在の決意なのです。
(続・生活に生きる信仰Q&A 河合一より)

以前にも書いたことがあると思いますが、私、昔、引きこもってました・・・・・
今は、無事就職し、今年だけでも、氷室京介、北島三郎、松村雄基、
ゴールデンボンバー(この人たちの共通点が・・・・という質問は無しです)
のライブに行く生活を送っております・・・・
これも、また開けたことになるのかなと思っております。
ここから、また、未来に繋げていきたいです。
[PR]
by hakodate0711 | 2014-07-31 22:29 | 河合師範

変毒為薬①

皆様、こんばんは
今日一日お疲れ様です。
下の写真の桜は、GWの厚田での納骨の帰りの途中森町で撮影したものです。
c0250395_0425115.jpg

道南の桜は散ってきておりますが、一昨日、父は、友人たちと花見に行ってました。
桜散ってきてるのにと思いつつも、よく考えてみれば
彼らは花を愛でるというより、だた単に飲みたかったようです(^_^;)

さて、今日は指導を一つ

信心するということは、「悩みがなくなる」ことではなく、
「悩みに負けなくなる」ことであり、「どんな悩みも乗り越えられて、
幸せになっていける」ということなのです。「災い―災難や不幸」を転じて
「幸い―幸福」になっていくための信心なのです。
 
ですから、悩みが起きたら「宿命転換」をするチャンスであり、
二度と同じことで悩まなくなるチャンスであり、大功徳を受けるチャンスだ―
と受け止めて、勇んで信心に励むことが大切なのです。

池田先生は、「競い起こってくる苦難は、すべて私どもを成仏へと導いて
くれる。宿命を転換し、幸福の人生を開いていく『縁』ともなる。
そうしていってこそ、強盛な『信心』である。仏法では『変毒為薬(へんどくいやく)』と説く。
苦しみの『毒』を喜びの『薬』に変える力が生命には本来ある。
その生命の力をかぎりなく引出し、証明しゆくのが信仰者の人生の
ドラマなのである」と話しています。
苦しみや悩みが起きたらチャンス―ピンチがチャンス―なのです。

(続・生活に生きる信仰Q&A 河合一  第三文明社より)

私自身、いじめを受けたのがきっかけで、信心をしはじめ
(2012年12月10日の「大悪をこれば大善きたる~私の入信経緯~」参照)
そして、池田先生や河合師範等こちらに掲載している指導と出会う時は
悩み苦しんでどうしようもない時です。
そのため、苦しみや悩みが起きたらチャンスというのがわかるところです。



 
[PR]
by hakodate0711 | 2014-05-13 22:37 | 河合師範

皆様、こんばんは
今日も1日お疲れ様です。
函館は、桜はまだ先ですが、タンポポなどの花々が咲き始めております。
しかし、そんな春の訪れとともに、睡魔もやってくる(季節問わずだろうという
ツッコミは受け付けません(笑))のですが、今日は、気合入れて見たい
ドラマがあるので睡魔という名の「魔」と戦います!

春は、新しい出発、そこで思っても見ない出発を迎えた人
その状況に戸惑ってる人等々いらっしゃると思いますが、
今日はこんな指導を・・・・

ある心理学者が、トップセールスマンといわれる超一流のセールスマンの
性格を調べてみたところ、意外なことに、ほとんどの人がセールスマンには
向かないと思われている内向性だった、といっています。
内向性の人は、人と話すことが苦手だったり、あまり行動的ではないので、
セールスマンとしては苦労するのが普通といえます。
しかし、そういう性格の人でも、セールスの勉強を懸命にやり、工夫と努力を重ね、
失敗を繰り返しながら超一流の力をつけて、多くの人から信頼され、
素晴らしい業績をあげるようになっているのです。
反対に、外向性の人は、一般に、性格的にセールスに向いているので、
ある程度の成績はあげられますが、工夫と努力をあまりしないとカベにぶつかって、
あまり伸びないということが多いようです。

「自分の性格には欠点が多い」ということよりも、「だから自分はダメなんだ」と
思い込むことのほうが、自分をダメにしてるといえるでしょう。
ダメなのは性格ではなく、自分なんかダメだ、そんなことはできないと
きめている「弱い自分自身」なのです。

「続・生活にいきる信仰 Q&A」 河合一 第三文明社より

この河合師範の話と似た話を、あるテレビ番組で芸人さんたちがして
いたので、ちょっとご紹介・・・・
「お笑い芸人は、学生時代クラスで一番面白かった?」という質問に対して、
6人全員が「NO」と回答
「お笑い芸人はどんな人が向いている?」という質問に
ある方は「妬み嫉み等をバネに出来る人」と回答
そういえば、芸人さんは、普段、あまりしゃべらないとか素は暗いとか
不遇をバネにしている人が多いような気がします。

池田先生も青春対話の中で、
「自分で自分を悪く決めつけてはいけない。
人間の可能性というのは、不思議なもので、自分は頭が悪いんだと
決めつけると、本当に頭が動かなくなってしまう。
『自分の頭脳はほとんど使っていないんだ。眠っているんだ。
だから、努力すれば、いくらだって自分はできるんだ』と確信することです。」
と仰っておりました。

日々、怒られることがあり、直さなければいけないこともあるかもしれませんが、
そんな場面に遭遇するたびに「自分はダメなんだ・・・・」と思わないでください。
人から責められてるときに、自分まで敵になってしまってはどうしようもありません。
「愚痴」は「『自分がダメなんだ』というのを否定してほしい気持ち」から出て
きてるような気がします。
そして、その「愚痴」によって自分をまた疲れさせてしまい、先生や河合師範いうような
「自分をダメにさせてしまう」悪循環に陥ります。
それでも、学校や職場等々の様々な場面で、自分に怒鳴ってきたり、八つ当たりしたり
してくる人がいてつらいかもしれません。
池田先生は「『狭い心』『いばる心』『嫉妬』『自己本位』―それら低次元の感情が
人権を壊すのです。その延長に「戦争」や「犯罪」もある。」仰ってますので、
相手に、それをぶつける人にはそれ相応の結果が出ます。
そんな人に囚われず、「これから」を見て、自分の道を進んでください。
「弱い自分」を変える生命力をつけるのが「題目」です。
迷ったら「題目」をあげてみてください!
[PR]
by hakodate0711 | 2014-04-12 17:47 | 河合師範

皆様、こんばんは
今日も一日、お疲れ様です。
3月もあとわずかですね、忙しくお過ごしの方多々いらっしゃると思います。
私もミトコンドリアレベルの脳味噌をフル回転させながら忙しくしておりました。
あまりにもの忙しさに、自信を無くしたり、関係ない過去のことをグチグチ
掘り返して一人で暗くなってる時もあります。

そんな時、河合師範のこんな指導を読みました。

ある人が大きな借金をして店舗を改装し、開店が間近になった時、
「こんなに借金をして、返せるだろうかと思うと、自信がなくなってしまって」
と落ち込んで、ションボリして来られました。

「自信と言ういうのは、困難なことをやり抜いて成功したときにつくもので、
今から自信があったらおかしいでしょう。御本尊に強く祈り、
『絶対に成功させてみせる』と確信をもって挑戦してごらんなさい。
必ずうまくいきますよ」と激励したところ、決意して帰られました。
そして、開店して2か月ぐらいたってから、
「新装開店は大成功でした。ちょっぴり自信がつきました」という手紙が届きました。

「続・生活にいきる信仰 Q&A」 河合一 第三文明社より

これから、入学、就職、転職、異動、引越し、クラス替え等々新しい環境で
生活する皆様多々いらっしゃると思います。
そこで、苦手なこと、苦手な人間関係等々自分が思ってはいないような
環境に置かれると方もいると思います。

私自身、今の会社は車の運転が必須なのに、ペーパードライバーに毛が生えた
ような感じで入社しました。
その為、私の運動神経の鈍さをよく知る母は、「車の運転だけは・・・・」と
嘆いておりました。
それだけでなく、もっと苦手なこと、覚えなければならないこと、変わった出来事に
多々遭遇してるうちに「朝お題目あげて会社に行こう」と決意し今日に至ります。
困難な場所に身を置くことは自信をつけるチャンスなのかもしれません。

かなり昔、私の友人(信心してる)が新卒で入った職場で悩みに
悩み泣いていたのに、1年経つ頃、「慣れちゃ~って」と話す高笑いにも似た
余裕すぎる声色に「私の心配は何だったのよ~」と思いつつ
「人間って変われば変わるものだな」と感心したものです・・・・・
[PR]
by hakodate0711 | 2014-03-29 22:27 | 河合師範