皆様、こんばんは、お久しぶりです
随分長らく、更新が滞っておりましたが
何をしていたかというと、東京に行くため、仕事を片付け、
昨日まで2泊3日で東京に行っておりました

東京では、明治座にて早乙女太一くん主演の「神州天馬侠」の
千秋楽を見て渋谷の柴犬バーの「ブラックシープ」のハナさんと戯れ
信濃町の本部に行って、創価文化センターを見学し、
信濃平和会館の勤行会に参加したり等々しっかり満喫しました

「神州天馬侠」もう一度見たいし、ハナさんにもお会いしたいし
本部にもまた行きたいです!各感想は、また後日に!
[PR]
by hakodate0711 | 2013-04-30 21:15 | 日常

皆様、こんばんは、
今朝の兵庫、淡路島を中心とした地域の地震・・・・・
地震の大きさ、余震が続き、18年前の震災等を思い出し、
不安な思いをされた方非常に多いと思います
被害の最少、余震が早く収まること等祈ります。

日本は、環太平洋造山帯に属して、非常に地震が多い国です。
いつ、どこで地震が起こるかわかりません・・・・
家、学校、職場、外出先等々、地震に対応していけるよう
備えていかなければなりません
[PR]
by hakodate0711 | 2013-04-13 23:55 | 日常

喜とは自他共に喜ぶ事

皆様、おはようございます。

新しい人、場所で頑張られてる方も多いと思いますが、その中で
「喜とは自他共に喜ぶ事」 (御義口伝巻下 御書761ページ)
とあるように共に喜び合って、動けること祈っております。

私、再来週、上京するために色々チケットをとったりしておりました。
旅の準備するのは、楽しいながらもなかなか大変です・・・・
私、昔、電車の乗り継ぎ失敗して、一人で青森のフェリー乗り場で
一晩明かしてしまった事があります・・・
未だに忘れられません・・・・(汗)
[PR]
by hakodate0711 | 2013-04-12 08:23 | 御書

笑う朝には福来たる? 

皆様、こんばんは
のっけからなんでしょう、このタイトルは・・・・
すいません、私最近「紙兎ロぺ」にハマってまして・・・・そこからです(汗)

「人生勝利の要諦は 一日の出発の決意だ。まず朝に勝て!
 リズム正しい生活で充実と成長の日々を!」(わが友に贈る 平成25年4月9日より)
とありますように、学会では、「朝に勝て」と常に教えられております。
「笑顔  笑顔は、幸福の結果というよりも、むしろ幸福の原因だといえよう。」
(池田大作 名言100選より)とも言われております。

この言葉は、この二つの要素を兼ね備えてる言葉のような気がします
笑って朝を迎えられたら、最高ですね
ちなみに、ロぺの従弟は「ノリユキ」という名前だそうです・・・・
なんか色々衝撃を受けました・・・(汗)
アキラ先輩のお父さん、リスなのにパンチパーマ・・・・(笑)
私はそんな彼らのおかげで、笑って朝を迎えております(笑)

今月、上京できたら、紙兎ロぺのために
フジテレビに寄ってしまいそうです(笑)
[PR]
by hakodate0711 | 2013-04-09 22:41 | 池田先生

皆様、こんばんは
書いてる時に日付をまたぎましたが
昨日は創価学会第2代会長戸田城聖先生の亡くなられた日です・・・
この前、戸田城聖全集2巻(質問会編)を購入致しましたので、
今日は、その中から戸田先生のご指導をご紹介させて頂きます

(質問)
入信して以来、平和な家庭生活ができますように、また折伏ができます
ようにと、毎日五千べんの題目をあげてきたのですが、最近、会社の上役を
折伏したのがもとで圧迫され、生活に困るのですが、その理由について
おうかがいします。

(戸田先生の回答)
それは、あなたの折伏の目的が間違っているのです。折伏というものは、
自分が幸福になりたいからやるというのではなく、御本尊様の功徳に歓喜し、
相手の境遇に同情して、慈悲の心をもって折伏するのが、ほんとうの折伏する者の
態度です。
利己的な動機で折伏しても、結果はでません。折伏はうれしさのあまり行ずる
ところに、しぜんと功徳があふれてくるのです。

当ブログの2012年の11月15日の「河合師範の信心の基本を学ぶ③」のところでも
「御書に、『喜び身に余るが故に堪え難くして自讃するなり(P.334)』とある。
嬉しくてしようがないからつい「仏法はすごいよ」と言ってしまう。これが本当の折伏。」
というのがあります。

折伏は苦しくやっちゃだめですね、楽しくいきましょう!
[PR]
by hakodate0711 | 2013-04-03 00:33 | 戸田先生

ないものねだり

皆様、こんばんは

皆様、色々お忙しいかと思います。、
今の時期、私の働いてる業界は稼ぎ時です。
私も髪を振り乱し、仕事に勤しんでおります。
髪が振り乱れ、流行の壇蜜様のように色っぽくなればいいのですが
壇蜜様にはなれず、リングの貞子様になってしまいます(笑)
しょうがないので、化粧直しの鏡の前で一人貞子ごっこをして
いました私は相変わらず、こんな調子です(笑)

仕事があるのはありがたいことなのですが、イライラしてやってられ
ないと思う時もあります・・・・
無職の時は仕事したくてしたくて、働いてる方が羨まして
どうしようもなかったものです・・・・

そこで、綾小路きみまろさんの漫談の一説を・・・

人生なんて、みんな、無いものねだりです。
無いものが欲しいのです。皆さん。
男性は女性が欲しいのです。女性は男性が欲しいのです。
かたちの違うものがほしいのです。
かたちの違うもので感じあっているのです。

そこがいい、あそこがいい、大したこと無いんです。

子供のいない人は子供が欲しいのです。
ひとりの人は結婚したいのです。
結婚したい人はひとりになりたいのです

「ないものねだり」
人間、形は違えども遅かれ、早かれ苦労はするもの、
人と比べてもしょうがない・・・・と思う今日この頃です
[PR]
by hakodate0711 | 2013-04-01 23:40 | 日常