徒然なるままに書いてます

by hakodate07

<   2013年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

そうしましたら、やがて見えてきました。日本の文化に2つの流れがあると言われています。
一つは「村の文化」。もう一つは「海の文化」。

この「村の文化」というのは、いわゆる、「長いものには巻かれましょう」。
日本では、「世間体を気にする」と言いますね。この世間体を気にする
というときの「世間」というのは、実は村なんですね。社会ではないのです。
ですから、村を出てどこかに行きますと、「旅の恥はかき捨て」なんです。
日本国中、どこへ行っても、顔見知りの人がいないところは、もう世間ではないんです。
したがって、「旅の恥はかき捨て」なんです。
そういう意味では規則を守るのは村の中だけでいいんですね。
ですから、第二次世界大戦の時でも中国へ行ってさんざんひどいことをしている。
若い女性を暴行したり、小さい子どもを虐殺したり、すでに、村の外に出ていますから、
世間にはいないわけですから中国人に対しては何やってもいいという、
そういう普遍的な倫理性が働かないのが村の文化の一つの特徴なんですね。
いわゆる、日本人にとっての「パブリック=公」というのは、すなわち、村なんです。
村からどう見られるか。

精神医学でも対人恐怖症というのがありますが、この対人恐怖症なんかでも、
顔見知りが一番問題になります。見知らぬ人はあまり気にならない。
つまり、世間ではないわけです。顔見知りでない人は世間の人ではないですから、
恐怖の対象にならないんですね。
日本人の心性の中にこの村意識というのは、現代でも強烈に根づいております。
学校や会社も村ですし、仲間内も村になるわけです。
我々、日本人はこの村から排除されることを強烈に怖がります。
いわゆる仲間外れになることが怖い訳ですが、それはこの「村文化」に生きている
からなんです。この仲間外れを怖がる傾向は現代の青少年に強く見られる特徴ですから、
現代の若者も村文化の中に生きていることになります。
我が国の子供のいじめの問題も淵源はこんなところにあるという印象を持っています。
私の所には精神科の患者さんや、喘息・アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎とかの
アレルギー性疾患の患者さんが主に来られるんですが、今までに一万人以上の
患者さんが来られました。
その患者さんを見ていつも思うんです。みんな、真面目なんです。世間をみると、
真面目な人も不真面目な人もいますよね。ところが、私の所に来る患者さんは
ほとんど不真面目な人はいないですね。みなさん真面目なんです。
一万人くらい来れば、不真面目な方がいてもいいと思うんですが、ほとんどいらっしゃらない。
[PR]
by hakodate0711 | 2013-06-26 20:41 | 於保先生(ドクター部)指導
「海の文化と村の文化」(2000年4月23日)
ドクター部 於保 哲外 先生
「第5総県ドクター部・白樺・医療技術部会合同部員会」  
厚木平和会館

はじめまして。
数年前の2月、佐渡の見える柏崎にある牧口記念館にセミナーで訪れました。
この柏崎は牧口先生がお生まれになったところですね。
牧口記念館は牧口先生の生家の近くにありました。
土曜日で午前中が診療だったものですから、午後、新幹線で柏崎に向かい、
夜、セミナーをやったんです。
質問会が終わって、夜の10時半ころでした。せっかく来たのだから
、牧口先生の生家を見てみたいということで、地元の男子部の人にお願いして、
牧口先生がお生まれになった家に行ってみました。
今でも、敷地だけが残っています。間口五間、奥行き九間という区画整理されて
いるんですが、そのあたりは、全部そういう区画の家が並んでいました。
すぐそばに荒浜という海岸があるのですが、生家からほんの2、30メートル
ぐらいのところです。荒い浜と書くように、すごく風がきついところだそうで、
私が行ったときも雪は積もっていなかったのですが、下から吹き上げて
くるような強い風と雪でした。
その荒浜についてどうしてお話しするかというと、牧口先生のお生まれに
なった地、また、時というのが非常に不思議なんですね。

この荒浜から日本海に向かって立つと佐渡は右前方に見えます。
日蓮大聖人は佐渡に流されますね。流される時、鎌倉街道をずっと
北上してきまして、寺泊に着かれました。荒浜からみるとこの寺泊は
右手になります。大聖人はそこで何日か風を待たれて、佐渡に渡られました。
佐渡に流されて、帰りは2年半後です。今度は柏崎の番神岬(ばんじんみさき)
というところに上陸されたそうです。
この番神岬は、荒浜から見て、左手になるんです。
こうして全体を見渡すと、大聖人は荒浜を中心に半円形を描いて、
佐渡に渡り、鎌倉へ帰られたんですね。その半円形のちょうど中央に、
牧口先生は生まれたことになるんです。

それが、大聖人が流されてから何年後か、みなさんご存知ですか?
ちょうど600年後なんです。牧口先生のご生誕は、竜口の法難から
600年後ですが、佐渡流罪と竜口の法難は同じ年ですから。
大聖人の佐渡流罪からちょうど600年後に、そして、大聖人が巡って帰られた
半円形の中央に生まれられるという不思議な時と場所の一致を感じました。
こういう不思議さの符合というのは「これで終わらないぞ」と勘が働くんです。
「何かあるぞ」ということで思索したんです。
[PR]
by hakodate0711 | 2013-06-26 20:37 | 於保先生(ドクター部)指導
皆様、こんばんは
今日は、「法華経というのは 『喜ぶ経典』」(当ブログ2013年2月9日)の
ドクター部 於保 哲外先生の「海の文化と村の文化」の指導を掲載させて
頂きます
2000年の指導ですので一部描写において現在はっきり事実確認ができない
誤解等を招く恐れがある箇所一部ブログ主の判断において
一部略させて頂いておりますことをご容赦お願いします

私はこの指導を読んだ時に、目から鱗が落ち、心が軽くなりました
是非、皆様に読んでいただきたいと思います
[PR]
by hakodate0711 | 2013-06-26 19:00 | 於保先生(ドクター部)指導

函館DAYS①

皆様、こんばんは
昨日、「函館総県の大会」に参加させて頂きました
気合の入る会合でした
その模様は今日の聖教新聞の第2面にも載っております
尚、私その写真には写っておらず、ちょうど私の隣の人で切れております・・・
会合中、「明日の聖教新聞に載りますので」と言われた瞬間、
「しまった、もう少し、丁寧に化粧してくれば良かった!」と思った口ので、
写ってなくて、ホッとしてます・・・・(汗)
ちなみに明日6月25日が「函館の日」、6月26日「大沼の日」です

さてはて、函館にも夏がやってこようとしてます。
温暖化の影響か、函館も年々暑くなってきており、私の幼い頃は扇風機
すら出していなかったのについ、数日前にエアコンを付けました・・・・・
エアコンの羽が動く度に「羽自動で動いてるよ!」「エアコンだよ、凄いね」
「文明の利器だ!」といちいち歓声を上げる一家に、取り付け業者の方から
なんだか可哀そうな視線を向けられておりました
哀れついでに、ドライバーを忘れて行かれたので気が付いたら取りに来て
頂きたい今日この頃です
[PR]
by hakodate0711 | 2013-06-24 22:08 | 函館話

北海道なお話~熊編~

皆様、こんばんは
北海道も、だんだん暑くなってきまして
うちの家の周りでは、パセリが良く育っております。、
我が家では、パセリを、サラダ、シチュー、グラタン、麻婆豆腐、
そして、卵焼きに入れたりしております。
栄養もあり、彩りも良くなっていい感じになってお勧めです。

そんな北海道でこの前、こんなニュースが・・・・
「前にクマ、停車したら後ろからもクマ」  
北海道幌延町問寒別の道道で27日午後10時40分ごろ、近くの会社員の軽乗用車に
クマが体当たりした。北海道警天塩署によると、道路を走行中に前方にクマを見つけ
停止したところ、後ろから別のクマがぶつかってきたという。会社員にけがはなかった。
衝撃で車体後部のガラスが割れた。また車体後部ドアの中央部分に約30センチ四方の
へこみがあり、右側には前脚をついたような跡が残っていた。同署はクマが頭から突っ
込んだとみている。2頭はその後、道路脇に逃げ込んだという。
(5月28日のネットニュースから部分抜粋)

私の叔父の知り合いは、朝方、車で走ってたら、前方に
「こんなに朝早く、どこの親父歩いてるんだ」と思ってみたら、
それは、人ではなくヒグマだったそうです・・・・
「鋼の錬金術師」「銀の匙」で有名な漫画家の荒川弘先生の農家エッセイ漫画
「百姓貴族」(面白くて、勉強になる漫画です)の中で「昔『北海道は一家に一頭
ヒグマを飼ってるですよ』と言う嘘を信じてた人がいた」との話があったのですが、
私の母の友達の家がヒグマ飼ってましたよ・・・・
かなり昔の話で、芸を仕込んで、客寄せの赤ちゃんクマちゃんとのことでしたが・・・
そんなヒグマですが、お会いしたら、基本的に生きて帰れません
私の父の知人は釣り中に熊に遭遇して帰らぬ人になりました・・・・
函館からちょっと離れたところの話です
北海道で本当に、山道に入るときは、お気を付け下さい。

尚、函館山は熊が出ません
函館山は他の山と連なっていないのでクマが移動できないかららしいです
なので、函館を訪れた方は安心して夜景をお楽しみください
[PR]
by hakodate0711 | 2013-06-19 22:02 | 日常

法華経の兵法③

皆様、こんばんは
今日は、「函館総県青年部の日」です
ちなみに私、昨日は、女子部の会合と座談会に出席してきました

私の地区の座談会において御書講義は地区部長が講義してくれます。
地区部長は教学の知識がスバ抜けており、教えるのも非常に上手な人です

今月の「法華経の兵法」について、講義していただいたのですが、
その中で大百蓮華6月号65ページの

「なぜ、ご本尊に向かえないのか。おっくううに思ってすまうのか。
その理由の一つは、頭のどこかで、願いが叶うとはおもえないからじゃないかな。
御本尊に祈ることは、”叶わない” 〝乗り越えられない”という不信にまっこうから
挑んで、打ち破っていくことになるんだ。
池田先生は『祈りから智慧も生まれる。確信も、歓喜も生まれる』と教えられて
いるよ。」

の箇所を引用し、「不信が怖いんだよ」とおしゃっていました。
「ちょっとやっただけで叶うわけないという心」 いわゆる不信、法を軽く見る心が怖い・・・
「ちょっとの時間ならいいかと思わず、少しでもご本尊様の前に座ること」
私が女子学生部時代に、ある先輩が「題目できない」と相談していてそれに対し
別の先輩が「題目しなきゃと思わず、まずは、ご本尊様の前に座ってみよう」と
指導していたのも思い出しました

何分、何時間やらなきゃと考えれば、義務になり、唱題のための唱題になってしまう
ような気がします。
まずは、「少しの時間でも御本尊様の前に座ってみよう」からで・・・・
[PR]
by hakodate0711 | 2013-06-17 21:20 | 御書

広布の父

皆様、こんばんは
私、週末とても行きたかったライブイベントがあり、ギリギリまで調整して
悩みましたが、色々立て込み日程が合わずやっぱり苦しくなってしまうのと
お財布が風邪気味なので断念しました(大泣)
絶対、絶対、絶対福運つけて近いうちに絶対リベンジしたいと思います(大泣)

さて、今週日曜日は父の日ですね
私の父は、家中のカレンダーに赤丸印をつけ「父の日」と書き込んでいました
新手の壮年部の主張です
今日の聖教新聞の社説にも、「誇り高き黄金柱」として下記のように言及
されておりました

名誉会長は”広布の父”に、こうエールを送っている。
「我ら壮年の誉れとは、いったい何か。それは、わが人生の道にあって、
信心を根本に打ち立てた『勝利の旗』の数ではあるまいか。『誰か』ではない。
『自分』である。自分が勝つことだ。自分に勝つことだ。その姿こそが、皆に勇気を
波動させていくのだ」(『随筆 栄光の朝』〈広布の賢者の壮年部(下)〉)
”創価の父”が厳然と立ち上がれば、各部の力も、勢いも倍加する。

本当に、青年部、婦人部が安心して走れるのは、縁の下の力持ちの壮年部が
いるからなんです。
そんな、広布の父を大切に!
[PR]
by hakodate0711 | 2013-06-14 22:13 | 池田先生

最敬礼

皆様、こんばんは
昨日、本当は更新したかったのですが、睡魔という魔に負けました
昨日は創価学会最強「婦人部の日」でしたね
今日のわが友に贈るも
「日々朗らかに 幸の輪を拡大する
 婦人部の皆様に感謝!偉大な功労に 全同志が最敬礼!」
とありました、まさにその通りです

うちの地区の婦人部の方々も個性豊かです
ある日、父がテレビである芸人さん相手に圧倒するくらい大笑いしてる婦人をみて
「どっかで見たことあるオバサンだ・・・・」と思ったらうちの地区の婦人部の人でした・・・・
その芸人さんは、その番組の別の回でもその方のことを話しておりました
流石です

そして、今日はそんな婦人部の一人でもある私の母の〇〇回目の誕生日です
そんな、母は、また明日も新聞配達です
明るく頼もしい婦人部を大切に!
[PR]
by hakodate0711 | 2013-06-11 22:18 | 池田先生
皆様、こんばんは
今日は「高等部の日」です
私は高校生の頃は勤行、唱題はしていたものの、この頃はまだ
創価学会員ではなく内徳信仰をしておりました
(詳細はブログの2012年 12月 10日の大悪をこれば大善きたる~私の入信経緯~で)

高校生の頃、色々悩みはありましたが、最大の悩みは「勉強と進路」でした
勉強してても思うように成績は伸びないし、下に弟がいるため、「浪人はさせない」と
言われていたので、もう背水の陣の気持ちで「ご本尊様、〇〇大学に行かせてください」
と祈って努力したところ、なんとか進学できました(汗)

どうしたらいいかと祈っている人がいるが、全く意味がない。
交番へ行って「どこへ行けばいいのでしょうか?」と聞いているようなもの。
答えがない。御本尊が何か決めるのではない。自分が決めて祈るからそうなる。
「こうしたい!」「こうなりたい!」と祈ること。必ずそうなる。
「困った!御本尊!以上終わり!」簡単です。これを『南無』と言う。
南無というのは、「生命を任せます!」と言うこと。「お願いします。あとはよろしく!」
これで良い。でも結構任せていない人が多い。「お願いはしてみます。でもだめだろうな。」
と祈っている。だからそうなる。願い通り。できないと決めたら御本尊不信。
だめだと決めたら御本尊不信、自分の中の甘さも御本尊不信。願ってお任せ。
「お願いします!あとはよろしく。」これでよい。信仰というのは、無理だから祈る。
方法がないから祈る。常識で不可能だから祈る。方法があれば祈る必要はない。
やればいいんです。道がいないから祈る。それが南無。そう御書に書いてある。
「湿れる木より火を出し、乾ける土より水をもうけんが如く強盛に申すなり」と。
「“湿った木を燃やしてみせる、砂漢から水を出してみせる”と強く祈るんだよ!」と
おっしゃっている。「不可能を可能にするのが信仰だよ!」とおっしゃっている
「お願いはしてみます。でもだめだろうな。」と祈っている。これを『半南無』と言う。
半信半疑は不信だから叶わない。「だめでしょうね。」とその通りになる。
(ブログ012年 11月 15日 河合師範 「信心の基本を学ぶ」①より)

悩みを具体的に、素直に祈ってそして、その上で、努力すれば叶います
祈らずに、「ああしよう」「こうしよう」とか考えると策に溺れてしまいます
まずは、「法華経の兵法」です
[PR]
by hakodate0711 | 2013-06-07 22:10 | 御書

永遠の青年

皆様、こんばんは
明日は、創価学会初代会長牧口常三郎先生のお誕生日(旧暦とのことですが)です
「牧口先生は70代で、『我々青年は』と。多宝の同志も益々元気に、社会の光」
と今日の聖教新聞の寸鉄にありました
かなり前に読んだのでうろ覚えで正確ではないところがありますが
創価新報の「花の3丁目地区」で多宝会?のおじいちゃんが戸田先生の
もとで3・16の式典の警備についていた体験談を話す時に
「わしは、まだ青年部だ~」と叫ぶ話がありました
結局、年齢の問題でなく、心の問題なんですね
「心こそ大切なれ」とは、まさにこのこととか考えましたら

こんなニュースが・・・・
俳優の山下真司が3日、都内で行われた海外ドラマのDVDリリース記念イベントに出席。
ラガーシャツを着て登場した山下は「また『スクール☆ウォーズ』みたいな熱い
ドラマをやりたい」と切り出し、「この前、(同作で生徒役を演じた)松村雄基くんと
飲んだときに、『山さんが発起人になって、また心が熱くなるドラマをまた作りましょう』と
言われた」と告白。「そう言われて、忘れてたハートが燃えてきた」と、制作構想を熱く語った
(ネットニュースから抜粋)

相変わらず熱いです・・・・彼らも永遠の青年です
今後の展開にドキドキします、私も最近、熱いドラマに飢えてますので
[PR]
by hakodate0711 | 2013-06-05 22:49 | 牧口先生