7月6日に思う

皆様、こんばんは、
70年前の1943年(昭和18年)の7月6日は
牧口常三郎初代会長と戸田城聖2代会長が治安維持法と不敬罪に
より連行された日であります。
牧口先生は獄死、戸田先生は獄中闘争を貫き出獄
両会長の「正義の行動を貫く」精神を受け継いだ第3代会長の
池田SGI(創価学会インタナショナル)会長は創価学会を192カ国
地域に広めていきました 。
70年後の2013年今月、南米アルゼンチン共和国の司法・人権省が管轄する
「差別・排外主義・人種主義国立研究所」(INADI)は、牧口・戸田会長に
「牧口常三郎先生、戸田城聖先生の入獄から70年に、この顕彰を贈る。
両先生は第2次世界大戦中、軍部政府から治安維持法違反などの理由で
弾圧を受けたが、それに屈することなく信念を貫いた」
と記された「顕彰状」を贈りました。

私、今日聖教新聞でのこの顕彰の記事読んで、この御書がうっすら思い浮かびました。

よき弟子をもつらときんば 師弟・仏果にいたり・あしき弟子をたくはひぬれば
                    (ぶつか)
師弟・地獄にをつといへり、師弟相違せば なに事も  成べからず
   (じごく)           (そうい)     (ごと)(なす)
(華果成就御書 900ページ)
 (けかじょうじゅごしょ)

(通解)
良い弟子を持つならば、師弟は共に成仏し、悪い弟子を養えば、
師弟は地獄に堕ちると言われてる。師匠と弟子の心が違えば、何事も成就する
ことはできない。
 
(資料 御書をひもとく要文123選 創価学会 男子部教学室編)

牧口先生、戸田先生、池田先生と善の師弟の連帯が学会を繁栄させ
このたびの顕彰に結び付いたような気がします。
果たして、私たちも「良い弟子」と成り得るか否かこれからが勝負です
[PR]

by hakodate0711 | 2013-07-06 23:07 | 御書

師弟の月

皆様、こんばんは、お疲れ様です
本格的に暑くなってきましたね、
我が家のキュウリもの育ちもよく育ってきて嬉しい限りですが
熱中症が本当に怖くなってきております
鎧、兜、西洋風甲冑、着ぐるみをお召しになる方は本当に
ご注意を・・・・・(本当に、どんな人やねん(汗))

昨日は7.3でしたね
「7.3」とは何ぞやということでちょっと調べてみました
本当は、昨日書きたかったのですが、まとめるまで時間がかかりました

1945年(昭和20年)7月3日午後7時
治安維持法違反、神札をうけなかったとのことでの不敬罪容疑で
逮捕された戸田城聖第2代会長がが出獄
この2年前の1943年(昭和18年)7月6日に、戸田会長が、
牧口常三郎初代会長と共に治安維持法違反と神札を受けなかった
不敬罪の容疑で連行され、厳しい環境の中、翌年11月18日牧口会長は
獄死します
戸田会長は殉教された牧口常三郎会長の意志を受け継ぐ決意されて
出獄されました。

1957年(昭和32年)7月3日午後7時
公職選挙法違反という事実無根の容疑をかけられ池田名誉会長が不当逮捕
「罪を認めなければ、次は戸田会長を逮捕する」という検察の脅迫に、
「衰弱した戸田先生を投獄させるようなことがあってはならない」と、
師と学会を守るため、一度は罪を認め、法廷闘争で身の潔白を証明することを決意。
逮捕から2週間後の7月17日に、大阪拘置所を出所しました。
1962年(昭和37年)1月25日大阪地方裁判所判決で無罪を勝ち取るまでの
戦いの始まりでした。

調べてみたところ、同日、同時刻も不当逮捕での入獄出獄・・・・
本当に数奇としか言いようのないことです。
池田名誉会長は、7月3日に寄せて「出獄と入獄の日に師弟あり」と詠んでおります。
7月は、男子部、女子部の結成月でもありま、「師弟の月」といっても良い月です
「師弟の月」始まったばかり、まだ、まだこれからです。
[PR]

by hakodate0711 | 2013-07-04 22:32 | 池田先生