<   2013年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

昨日は「池田名誉会長の入信記念日」と「壮年部の日」(汗)

皆様、こんばんは
昨日の8月24日は「池田名誉会長の入信記念日」と「壮年部の日」という
意義あるでしたね
その日に更新しようと思っていたのですが、またもや睡魔に負けました(大汗)

四条金吾が、竜の口の刑場に赴く日蓮大聖人を決死の覚悟でお守りし、
後世に名を残したのは40歳。
「兄弟抄」の池上兄弟の兄である池上宗仲が、良寛の熱心な信者で
ある父康光から勘当を言い渡される大難にあったのは54歳。
池上牧口初代会長は57歳で入信し、命をかけた立正安国の闘争を
起こされました。
広宣流布の勝負に打ってでるのは壮年期なのですね
壮年部が「公布の黄金柱」たる所以ですね

そんな壮年部を讃え壮年部の父に氷あずきを買ってこようと思ったら
見事売り切れておりました、また探してきます・・・・
[PR]
by hakodate0711 | 2013-08-25 22:22 | 御書

終戦の日

皆様、こんばんは 今日も暑かったですね
今日の函館は、今年2回目の真夏日でした
おかけで、今日は引籠りになりました
この暑さも、喉元過ぎれば忘れてしまうのでしょうか?

今日は終戦の日です。
思うところは多々あり、語りきれないのですが、最もいえるのは、
「戦争ほど、残酷なものはない。戦争ほど、悲惨なものはない」
ということです。
このことは「喉元すぎれば暑さを忘れる」のように忘れては
いけないのです
[PR]
by hakodate0711 | 2013-08-15 21:02 | 日常

辻副会長の指導(要旨)④

辻副会長の指導(要旨)④

また、五月二十二日、岡山文化会館に行った時、若い婦人が指導を受けに来た。
二才半の男の子が、筋ジストロフィーという難病にかかり、悩んでいるという事だった。
この病気は筋肉が縮んでいく原因不明の病気で、それが内臓まで達し、
遂に死ぬという恐ろしい病気だ。

 私は婦人に言いました。子供で苦労する業だ。御本尊には大増長と
したためられていらっしゃる。膨張して伸びていくのだ。それなのに縮むとは
一体何事だ。これは、よほど御本尊に反対したのだ。親子で広宣流布するから
治して下さいと、願いなさい。
 法華経とは伝染病だ。あの世まで伝染する、死んだ人まで成仏させる事が
出来るのだ。

 貴方の子供は、まだ生きているではないか、生きている子供に法華経を
伝染させる事が出来るのは当たり前だ。
「此の御本尊は、罪として滅せざることなし」だ。
 貴方の悩みは、今の謗法の罪ではない。過去の謗法なら必ず滅することが
出来ます。

 親子は一体だ。真剣に祈りなさいと指導しました。この婦人はすこし
愚痴っぽい人で初めのうちは、「子供は先生に命名してもらい、福子とばかり
思っていました」とか、何とか言っていた。
 私は、先生は申請があれば名前は付けてくれるよ。しかし、貴方の業までは
取ってくれないよ。自分の業は自分で消すのだ。と指導しました。

 そしたら報告の手紙が来ました。
「三日目に子供が走り出した。私はショックを受けた。御本尊はすごいなあ。
本当に有り難いな。嬉しい事です。滑り台をすべれるようになった。
正座できるようになった。それまでは、ちょっと走るとすぐ転び、その度に顔を
打ちつけて、毎日鼻血を出し、顔中傷だらけだったのです。」
 こうして子供が治っていく姿を見て、婦人が常々、共に信心するようにと
願っていた主人も、信心に目覚め、真剣にやるようになった。
 この婦人にとってそれまでは、この子供の為に自分は、こんなに苦労をする
のだと思っていたが、この事によって今度は、子供がいたからこそ、自分は真剣に
信心できるのだ。お題目をあげる事が出来る。全て子供のおかげであると、
愚痴の信心から感謝の信心に180度の転換をした。そして自分の一切の願い事が、
これを境に全部叶い、思いどうりになりましたとある。

 こうした体験を聞くに付け、私は御本尊の偉大さをつくづく感じます。
こうして、指導を受け功徳を受けられるのも全て、組織の有り難さです。
 結局、私達は先ず、御本尊に向かった時の姿勢がどうなのか、それが大切なのです。


以 上
[PR]
by hakodate0711 | 2013-08-13 22:10 | 辻副会長

辻副会長の指導(要旨)③

辻副会長の指導(要旨)③

 福井県大野市へ指導に行った時、Kさんという家が拠点になっていたの
で訪問した。二月六日か七日のことだった。
 この人は三才の時、はしかに罹り、それがもとで以来、盲目になってしまった。
五十一才の人だ。私は言ってあげました。
 目の玉があるんだろう、目の玉があるんだったら目は開くよ。何故なら、
この御本尊は開目抄の御本尊だ。「開目抄」とは目を開かせる教えだ、
目が開くとあるではないか。
 それなのに、あなたの目が見えないというのは、よほど御本尊の教えに対し
反対の事をやったからだ。経文にもある。
「汝は、・・・空しく生々に眼なかるべし」過去世に誰よりも謗法していたのだ。
 どうか、私の謗法を許して下さい。会い難き御本尊にお会いできて、
私は本当に嬉しい、広宣流布に命を捧げますから、どうか御本尊のお顔を
見させて下さい。
 家族の者の顔を見せて下さい。そして広宣流布の闘いをしていく為に、
この社会を見させて下さい。と、祈っていきなさい、と指導しました。

 そしたら三月の初めに報告があって、五十年ぶりに目が見えました。
と言ってきた。

 この体験によって今、福井県中が沸き返っている。たった一人の人の目が
見えたという事で、地域がこんなにも変るのものかと驚いている。
 しかし、このことを通して私の思うことは、どうしてもっと早く目が開か
なかったのかということです。
 我家も拠点に提供している人ですから、信心もあるし、勤行も欠かさず
やっている。では何故か、それは勤行、唱題がいい加減だったのです。
信心が惰性になっていたのです。

 「一心欲見仏、不自惜身命」とあるように、真剣に祈らなければならない。

 この自分を御本尊と同じにしてくれるのか、本当に有り難いと思って題目を
あげていけば、我が身が南無妙法蓮華経になるのだ。仏に病気の仏や、貧乏の仏などいない。
 従って悩みは解決するのだ。だから人間革命できる。
 こうした事が出来るのは人間だけの特権だ。犬はワン、猫はニャン、豚はブーだ。

 犬や猫は、南無妙法蓮華経は唱えられない。ブーはどこまでもブーで、
南無妙法蓮華経ではない。従ってニャンやブーでは成仏できない。
仏性は出ないのだ。

 私達の体は、妙法の当体です。御義口伝にある。頭は妙なり、喉は法なり、
であるに、頭が痛いというのは、それは妙法の頭ではなく、邪宗の頭だから
痛いのだ。腹が痛い、内臓が悪いというのは妙法の腹ではないからだ。
邪宗の腹だから悪いのだ。
 また、足が動かないというのもそうだ。妙法の足なら動くのだ。
それは邪宗の足だから動かないのだ。

 四月二十七日、中大阪県へ指導に行った時、関西本部副婦人部長が、
車椅子に乗って指導を受けに来た。この人は直腸ガンになり、
その後、後遺症で足が動かなくなってしまった。
 本部副婦人部長にまでなった人だから、信心はある人です。
勤行唱題も真面目にやっているでしょう。しかし、下半身の麻痺が治らない。
そこで、悩んで私の所に来たのです。私はその婦人に対して言ってあげました。

 駆けずり回って広宣流布の為、闘いますのでこの足を治して下さい。
椅子のままでは、一軒一軒、家庭訪問するのに狭い所まで入って行けません。
ですから治して下さい。と、祈っていきなさい。そして、南無妙法蓮華経を噴水の
様に湧き出させていくんだと。

 私達は悲しい時は体中でその悲しみを表す。また、暗い時は、体中で暗さを
表し、嬉しい時は、体中でその喜びを表すではないか。

 時には飛び上がって喜ぶ時もある。同じように南無妙法蓮華経を噴水の様に
我が生命に、そして、五体に涌き出だすようにして題目をあげていきなさい。
そうすれば、必ず守られます。
 御書にある「諸天昼夜に法の為に衛護す」「月々日々につより給え」とある様に
強盛に祈っていきなさい。と、指導してあげました。
そしたら、三日目に足が動いた。   
 四日目に寝返りが出来るようになった。五日目にお小水が倍も出るようになった。
膀胱や全ての筋肉の活動が活発になってきたのでしょう。

 
[PR]
by hakodate0711 | 2013-08-13 22:09 | 辻副会長

辻副会長の指導(要旨)②

辻副会長の指導(要旨)②

御本尊からすれば出してあげたい功徳の100%を頂いているかどうか、
おそらく皆はその10%から20%で終わっているのではないかと思う。
そんな状態では、大きな宿命に負けてしまう。
 何故、御本尊に題目をあげれば功徳があるのか、また題目をあげる、
その題目が、病気のためにあげたなら、その病気にしか効かない。また、
商売のためにあげたなら、その商売だけにしか効かない。
 そんなことはない。御本尊は私と同じ生命にしてあげようとおっしゃっている。

「我が如く等しくして異ならしむること無けん・・・如我等無異」とある。
「御本尊様、あなたと同じ命を私にも顕わせて頂けるのですか」と、感謝して
題目をあげていくべきだ。題目をあげていけば、我が身、南無妙法蓮華経に
なるのだ。

 「皆成仏道の法華経と久遠實成の釈尊と我等衆生、全く差別なしと悟りて
南無妙法蓮華経と唱うるところを生死一大事の血脈とは言うなり」とあるで
はないか。それを本当かなと思ったり疑えば、自分と御本尊は、もう離れている。

 差別ありとしているから血脈がうすい。したがって功徳も少なくなるのだ。

「此の御本尊全くよそに求むることなかれ、只我等衆生の法華経を持ちて
南無妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団におわしますなり」と、我々自身の中に
南無妙法蓮華経があるのだ。
 しかし、その南無妙法蓮華経は、なかなか出てこない。出せない。出せない
から凡夫というのだ。では、どうすれば出るのか、それは声で出すのだ。
桜の花を見て「綺麗だなあ」、月を見て、「いい月だなあ」、また、ゴキブリを見て
「いやだなあ」、と思うのも目で見る事によって、そうした生命が出るし、感じるのだ。
 いい音楽を聞いて、「ああいいなあ」、また、会長のテープを聞いて感激し決意する。
これは耳を通してそうなるのだ。 
 御本尊に対しては、声で関係するのです。即ち南無妙法蓮華経と声を出して
唱える事によって、我が身の仏性が涌現するのだ。
「声仏事を為す」とある。題目をあげていけば仏性が涌現するのだ。爆発するのだ。
 詐欺や泥棒に会えば、この野郎という命が爆発する。悩みの命が爆発すれば、
自殺もする。仏の生命や貧乏の悩み等、全て解決するのだ。
 何故なら「いかなる病、障りをなすべきや」とあるではないか。
 貧乏は「幸を万里の外より集むべし」とある。「自我得仏来」だ。
 そのためには、いい加減な題目ではダメだ。誰かが与えてくれるだろうと思うのは
間違いだ。それなら「他我得仏来」になる。そんなものではない。

 
[PR]
by hakodate0711 | 2013-08-13 22:00 | 辻副会長

辻副会長の指導(要旨)①

辻副会長の指導(要旨)①

今日は本当の信心の話をしたい。本当の信心の前進が出来なければ
いけない。勤行というのは命に直接関係がある。
 命に関係あるものに三つある。先ず食べる事と寝る事だ。
栄養を撮らなければならないし、寝なければならない。
 この二つは誰でもよく分かるし皆やっている。あの人が気にくわないから、
今日は食べる事はやめたとか、もう寝るのを止めるなんて事はしない。

 ところが、勤行については、ちょっと何かあるとやめてしまう人がある。
これは勤行や題目が自身の命に直接関係あることを知らないからだ。
 題目をあげれば自分の運命を良くする。あげなければ、どんどん悪くなる。
やらなければ、自分の本来の運命が、念仏の運命や真言の運命の方へ
向いて行ってしまう。また、本来の胃腸が弱いというような病気の運命、
貧乏の運命の方へ引きずられてしまうのだ。

 こうしたことは、目に見えない。だから日々の勤行や唱題を怠けてしまう
のだ。恐ろしい事だ。

 「一切衆生、南無妙法蓮華経と唱うるより外の遊楽なきなり」とあるが、
本当にそう思って勤行しているかどうかだ。
勤行しながら「足が痛いなぁ」とか、「一体誰がこんな長い勤行を決めたのだ、
もっと短く出来ないのか」と思ってる様ではいけない。

 勤行・唱題が出来る事が、何にもまして最高に楽しいというのでなければ
ダメだ。
「所詮、南無妙法蓮華経は歓喜の中の大歓喜なり」とある。

 結婚することは嬉しいことだろう、しかし南無妙法蓮華経は、それ以上に
嬉しいのだ。何億のお金が貯まったということも嬉しいだろう、しかし、
それ以上に嬉しいのだ。また永年の宿願でもあった家をやっと新築する事が
出来た。それも嬉しいだろうが、南無妙法蓮華経はそれ以上だ。
 なかなか出来なかった子供がやっと生まれた。これも嬉しい事だろう。
しかし、南無妙法蓮華経は、もっともっと嬉しいのだ。このように思って感謝して
題目をあげているか自分の心に問いなさい。

 
[PR]
by hakodate0711 | 2013-08-13 21:59 | 辻副会長

辻副会長の指導 プロローグ

皆様、こんばんは
お盆でお休みの方もお休みでない方も
この酷暑の中体調はいかがですか?
今日は辻副会長の指導を一つ
その前に、辻副会長をご存じない人のために

辻 武寿(つじ たけひさ 1918年~2012年)
埼玉県出身。旧制・東京豊島師範学校(現・東京学芸大学)卒業。
小学校の元・教師(教師時代に 池田香峯子夫人の担任を務めていました)
蒲田支部幹事、青年部長、指導部長、総務室長、創価学会理事、創価学会副会長、
参議会議長、最高指導会議議員等々の役職を歴任。元・日蓮正宗 法華講大講頭。
創価学会草創期の蒲田支部幹部の「蒲田の三羽烏」の一人として名が挙がっておりました
辻副会長は、池田名誉会長が創価学会内でただ一人「先生」と呼よんだくらい会員にも
信頼厚き指導者でありました。日蓮仏法教学を根幹に据えた強力な生活指導として、
全国の会員を奮い立たせ、「貧乏治しの辻」、「病気治しの辻」として知られ、
その卓越した指導は伝説となっています。
[PR]
by hakodate0711 | 2013-08-13 21:36 | 辻副会長

エアコンの歌

皆様、こんばんは
今日も、また驚異的な暑さですね・・・・
40℃って未知の世界です・・・
とうとう、我が家において禁断?のエアコンが稼働しております
母が、歓喜に打ちひしがれております・・・
ここで、紙兎ロぺで出てきたエアコンの歌を・・・・(うろ覚えですが・・・・)

1年ぶりにエアコンつけた
おかしな臭いがした~ぁ
きっと1年使わぬうちにカビがは~えてきたのだろう
1年ぶりにエアコンつけた
電気代目が飛びでた~ぁ
きっとエアコン消さずに旅行行~ってしまったからだろう♪

「ギャ~!」な歌詞ですね・・・・(大汗)
1年間エアコンつけっぱなしにした電気代っていくらでしょう・・・
本当に目玉飛び出る金額でしょうね
その前に、夏に温風、冬に冷風の状態だったら
部屋の中どうなっちゃうんでしょう?
皆様、お出かけの前にはエアコンのスイッチ、電気、ガス、
戸締りをご確認の上お出かけください!
[PR]
by hakodate0711 | 2013-08-11 19:09 | 日常

長崎原爆の日~何故、広島と長崎だったのか?~

皆様、こんばんは
今日は、被爆68年となる「長崎原爆の日」です。
原爆投下の時刻の11時2分、港近くの立体駐車場にいた私も
サイレン音に合わせ、ここでもまた黙祷しました。

今日は、原爆について調べ、私の拙い文章ですが少々まとめました

①何故、原子爆弾が作られたのか?
当時研究が始まっていた原子爆弾をナチス ドイツが保有することを恐れ
先に原爆を成功させるためにアメリカ、イギリス、カナダが
原爆開発・製造のために、科学者、技術者を総動員し原爆が作られました
これが世に言う「マンハッタン計画」です。

②なぜ日本だったのか?
ドイツは、1944年11月にすでに原爆製造を中止していました。
アメリカもマンハッタン計画を中止にするか、見合わせてもいいはずでしたが
アメリカは、原爆投下の目標をはじめから日本と決めていました
その理由は、「原爆が不発だった場合、日本人は原爆の研究をしていた
ドイツ人ほど、不発弾から原爆の秘密を見破ることはないから」ということ
また、アメリカ、イギリスの首脳に、有色人種に対する偏見があったことも
大きな原因でした。

③最初の目標は「京都」だった・・・・
日本の目標都市として、大きな工場や、軍事施設があった「小倉」「広島」
「新潟」「京都」の四都市が挙がっていました。
第一目標は地形的に盆地であり原爆の威力の効果を確認するには最適である
「京都」でしたが、歴史が古く文化財の多い都市であり、終戦後の日本との関係
を考え京都に原爆を落とすことに対して強烈な反対があり、目標から
はずされました

④「広島」の理由
連合国の捕虜収容所をもたないとの理由で広島が第一目標になったようです。
軍都、広島は、明治より軍事上の重要な位置にあり、中国大陸との交通の便もよく
瀬戸内海を控え、大陸からの攻撃にも直接遭う危険の少ない、軍事上の拠点として
軍事施設が次々とつくられてきました。
また、宇品港が造られ、軍の物資や兵隊を運びました。
昭和20年当時、広島には、9万人近い軍人と軍属がいました。そして
昭和20年6月頃には市民も残らず防空体制に組み入れられ、広島市全体が一つの
大きな軍事施設となっていました。
また、地形的にみても、広島は山に囲まれデルタの街で、爆発の被害を最大限にする
という理由からも、原爆投下の目標都市として第一番に狙われたのです。


④「長崎」の理由
長崎については、三菱重工長崎造船所、世界最大の戦艦「武蔵」等が作られ、
軍事的な意味からも重要な町でした。
しかし、当時長崎の人口は約25万人と、アメりカ軍にとっては、原子爆弾の威力を
確めるには、少し小さすぎる町だったこと、地形的に不適当な問題がありました。
しかし、京都が外されてことによって代わりに長崎が原爆投下地の候補に
浮上しました。
8月2日の原爆投下作戦命令書には、攻撃する日を「8月6日」にすること、
第1攻撃目標を「広島市中心部」、第2攻撃目標を「小倉市中心部」、
第3攻撃目標を「長崎市中心部」とし、投下条件として、目視投下のみとしています。
これは、原爆が爆発した時の様子を、記録するという必要性からでした。
8月6日には、第1攻撃目標の広島の原爆投下において、その威力が凄いもので
あることが確認されました。
そして運命の8月9日、第2攻撃目標である九州小倉に向むかったボックスカーは、
天候のために、目標を第3攻撃目標である長崎に急遽変更となりました。

参考資料
ヒロシマ「平和への出発(たびだち)」創価学会婦人平和委員会編(第三文明社)他

広島、長崎は戦争の終わりではなく、核の脅威の時代の始まりだったのです・・・・・
それに対し、私たちが、「何ができるか」を考えた時に、まずは
「知ること」から始めなければいけないのです・・・・
[PR]
by hakodate0711 | 2013-08-09 23:54 | 日常

広島原爆の日

皆様、こんばんは
今日は、被爆68年となる「広島原爆の日」です。
8時15分、私も会社で黙祷しておりました
数年前、広島を旅行した時に原爆ドーム、広島平和記念資料館を
見学してきたのですが展示にある資料から、その当時の生々しさが伝わり
犠牲になった人たちの痛み、戦争の恐ろしさ、平和・・・悲しみ、多々考えさせられました
展示とは別に、印象に残ったことが見学者に外国の人が非常に多く、
皆真剣に見学していたことでした。
様々な国が核を保有し、その核も広島原爆の何倍の威力を持つ現在
核の問題は、もうどの国も避けて通れないこととなりました

日本は世界で唯一の被爆国です、この悲劇から「平和の尊さ」を
世界の人々に伝えていかなければならないと思います
[PR]
by hakodate0711 | 2013-08-06 22:58 | 日常


徒然なるままに書いてます


by hakodate07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日常
函館話
旅行記
日顕宗(悪)僕滅
私の体験談
池田先生
戸田先生
牧口先生
辻副会長
私が聞いた体験談
於保先生(ドクター部)指導
河合師範
御書
指導
生命が変わらないとまたやる
教学
怨嫉の話
宿命転換
因果の理法
世界の人々
お知らせ

以前の記事

2018年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

お気に入りブログ

最新のコメント

管理人多忙につき、これか..
by hakodate0711 at 03:10

メモ帳

最新のトラックバック

スペインの経済発展を象徴..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

本当の勝敗は見えぬところにある
at 2017-10-29 17:40
函館百景① 野生のパンダ!?
at 2017-10-11 20:33
真面目に生きることは「功徳」
at 2017-08-19 19:56
バッファローマンと会社と創価家族
at 2017-08-17 18:53
嫌いな人と因果と祈り(酒と泪..
at 2017-07-09 18:24

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
哲学・思想

画像一覧