神州天馬侠IN名古屋

皆様、こんばんは
函館も本格的に暑くなってきました

今日のわが友に贈るでも
川・海・山での事故に注意!
「自分は大丈夫」との油断・過信を排し 有意義な時を過ごそう
とありましたので事故には気をつけてください

思えば、私の夏は、7月連休の名古屋旅行からはじまりました
7月ここのサイトに来て下さる方の検索ワードでGLAYに負けず劣らず
の検索数を誇ったのは「神州天馬侠」でした
今日は中日劇場で観劇してきた「神州天馬侠」の話を
(前回の観劇は2013年 5月 5日春の東京旅行記①~神州天馬侠~にて)

前回の明治座とは、また違う楽しさがありました
名古屋のうだるような暑さ+照明設備+重ね着の衣装・・・・・
出演者の皆様が本当に倒れるんじゃと心配になりました
なのに、演技、殺陣や立ち回りにそんな疲れもなく、大胆で、太一君の舞踊も見事でした・・・
明治座の時少しセリフ回しが変わっていたところがありました。
変わったセリフに酒井敏也さん演じる穴井梅雪のあまちゃんで
お馴染みの「じぇじぇじぇ」が・・・・・ツボでした・・・(笑)
出演者、皆重ね着衣装で暑そうだったのですが
一番暑そうだったのは松村雄基さん演じる金髪のカツラ+西洋甲冑+マント
を身に着ける呂宋兵衛でした
格好もインパクトありますが、カタコト英語、立ち姿、濃いキャラにまた磨きが
かかっており(汗)私が選ぶ2013年のベストキャラにノミネートされております(大汗)
大千秋楽、私は観劇できなかったのですが聞いた話によると
フランスパンもって高笑いしていたとのこと(素敵すぎる、見たかった・・・・(泣))
彼は南蛮は南蛮でもフランス人ハーフだったのでしょうか・・・・?
気になるところです(汗)
後から、松村さんからサイン貰いました、呂宋兵衛とは違う落ち着いたいい人です
[PR]
by hakodate0711 | 2013-08-03 21:34 | 日常

皆様、こんばんは
まだ、函館は、GLAYライブの余韻に浸っております
そして、今日から5日まで「函館港まつり」
またもやお祭りに入った函館の街です。
今日は27日のライブ感想を・・・・

①会社から緑の島へ
会社で化粧、着替えを終え車を置いて
カッパ上下、長靴、上着、ペットボトルと結構な荷物を抱えながら会場へ
まさか、自分の人生で会社帰りに長靴持って函館の野外ライブに行く日が
やってくるとは思いませんでした・・・・(汗)

②緑の島
会場に着いたものの入場まで大行列・・・・
入場中、着用していたハードコンタクトにゴミが入り、「目が、目が~」と
一人、天空の城ラピュタのムスカごっこ・・・・・
鹿肉食べたり、ゆるキャラ「てるひこ」さんに逃られたり・・・
ここまででも、結構なドラマが・・・・(笑)
そういえば、私、松村雄基さんのライブに行った時にも、
連休の時の名古屋も道迷ったり、電車乗り間違えてえらいことに(大汗)

③ライブ開始
防水対策のため、実質的な開演が16:00頃
函館市からの歓迎のカラー放水
OP映像は「灰遊記」、ジョジョ風画のメンバーに大爆笑
GLAYフィギュアの歌う「はこだて賛歌」
「はこだて賛歌」からライブが始まるバンドは函館史上後にも先にも
GLAYだけですから!

27日のセットリストは
1. グロリアス
2. 口唇
3. 「pure soul」メドレー
(「YOU MAY DREAM」「ビリビリクラッシュメン」「FRIEDCHICKEN & BEER」)
4. SOUL LOVE
5. 「UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY」メドレー
(「Way of Difference」「girlish MOON」「Father & Son」)
6. またここであいましょう
7. 「灰とダイヤモンド」メドレー(「真夏の扉」「LADY CLOSE」「ひどくありふれたホワイトノイズをくれ」)
8. TWO BELL SILENCE
9. 「BEAT out!」メドレー
(「More than Love」「Yes, Summerdays」「原色の空<Cloudy Sky>」)
10. 生きてく強さ
11. DARK RIVER
12. 「BELOVED」メドレー
(「GROOVY TOUR」「RHAPSODY」「Lovers change fighters, cool」)
13. a Boy~ずっと忘れない~
14. 「GLAY」メドレー(「シキナ」「風にひとり」「Chelsea」)
15. Satellite of love
16. HISASHI Solo
17. 「THE FRUSTRATED」メドレー
(「HIGHCOMMUNICATIONS」「Runaway Runaway」)
18. BEAUTIFUL DREAMER
19. Ruby's Blanket
20. Bible
21. Eternally
<アンコール>
22. 函館メドレー(「Cynical」「CRAZY DANCE」)
23. 彼女の“Modern…”
24. 誘惑
25. ACID HEAD

色んな想いがあって、これというのを申し訳ないくらいにまとめきれず
かといって、全部書いたら、何日かかるかわかりません(汗)
GLAYが故郷函館を愛し、動かし、函館市民がこんなに楽しそうに
協力しあって心待ちにしておりました時でした
天候不順等あって、すべてが順調ではなかったかもしれませんが
他の方のライブ感想のブログを読んでいて、「GLAYがもっと好きになった」
「函館が好きになった」、「函館にまた来たい」と仰ってくれる方が
沢山いたことにGLAYの、函館市の皆の思いが通じたような気がします。

規制退場のため出るのに、40分ほどかかり緑の島から車のある会社へ再び徒歩・・・
年齢のせいか、運動不足からか、はしゃぎ過ぎなのか、足をつってしまい
横断歩道で倒れて動けなくなるところでした・・・
帰りは、夕飯のおかずにやっぱり「ハセガワストア」の焼き鳥をと思い
ここなら、混まないだろうと踏んでいた会場から遠く離れた「ハセガワストア」
に寄ったのですが・・・・・私、間違っておりました・・・・
そこもGLAYファン以外入ってはいけない雰囲気なくらいにファンで占拠されておりました・・・





c0250395_23191018.jpg

[PR]
by hakodate0711 | 2013-08-01 23:32 | 函館話