皆様、お疲れ様です。
今年もあと数時間となりました。
今日は、引き続きの大掃除と料理に追われておりましたが無事終え、
一息ついて「紅白」見てます。

さて、昨今のネット社会において簡単に誹謗中傷できる世の中になりました。
ネットやその他の媒体において皆様の中にも悪口を言われたり、
嫌がらせを受けたり、理不尽な目に遭ったりした方いると思います。

そのような方たちの為に、2014年10月26日の記事でも引用した池田先生の指導を・・・
「末法の法華経の行者を軽蔑し、いやしめる権力者、その臣下、そして民衆は、
迫害した当初は、何も起こらないように見えても、必ず滅びる」(1190ページ)
 善人は黙っていてはいけない。口うるさくしなければ、悪人はすぐに
悪いことを始める。
 ユゴーは叫んだ。
「善が沈黙を守っている間に悪がひょっと顔を出す。この間の戦いが人間の戦いであります」
(「自由劇『ユゴー全集』8所収 川路柳虹訳、ユゴー全集刊行会。現代表記にした)
ゆえに、悪人を責め続けることである。
 勝つか負けるかである。最後まで悪には、とどめを刺さなければいけない。
日本人には、この“徹底的に”が、なかなか、できない。だから社会が変わらない。
(1998年7月17日)
輝きの人間世紀へ 御書とその心 池田大作 283~284ページより

この指導を読み、私はいつも悪への打倒の祈りを強めます。
その中で、私自身、題目をあげていて、過去の苦しいこと、悲しいこと、悔しいこと、
後悔多々思い出してどうしようもなくなる時があります。
しかし、「世法で苦労すれば苦しみが残る・信心で苦労すれば喜びと福運が残る」との
境涯革命五原則の一つの言葉を思いだし、奮い立たせました。

そして今年は私の、函館の、北海道の宿命転換の戦いにて結果が出すことができました!
しかし、悪はまだウヨウヨしてます。
来年も悪への追撃の手を緩めず進みたいです。
そして、皆様が笑顔でいられる黄金の未来をもたらしていきたいです。


[PR]
by hakodate0711 | 2014-12-31 21:34 | 池田先生

今年最後のライブ♪

皆様、お疲れ様です。
今日、朝起きたら、父がテレビ見ながら「ようかい体操」を
踊っておりました。
その後、中島みゆきさんの「麦の歌」を聴きながらお風呂掃除
しておりました・・・・
こんな感じ(どんな感じ)で、今日の我が家は、洗濯と掃除に
明け暮れておりました・・・
明日もこんな感じなるかと思います。

さて、先日、松村雄基さんのライブに行ってきました。
二部構成のライブで、第一部は一人芝居、第二部がライブ、
その後撮影会という形でとても楽しかったです!
ただ、私、撮影会のため、思いっきりメイクに気合を入れ、
「日本エレキテル連合」の朱美ちゃんみたいになっておりました(汗)
第一部の一人芝居において、社交的な博士、紳士的な執事、ギャル男、
引籠りのオタクの青年の人格を持つ多重人格者を演じておりました。
引きこもりのオタク青年については、まさか、松村さんのこういう役を
見たことはないので、物凄くビックリしました。
その役をリアルに演じられ、私と重ねあわせたりするところが多々あり妙に
切なくなっておりました・・・・流石です・・・
ギャル男の時にはゴールデンボンバーの「女々しくて」を熱唱!
女の子をナンパする時は「子猫ちゃん♪」子猫ちゃん呼ぶときは「ルールルー」
とのノリ・・・お気に入りキャラです!
引き込まれるお芝居でした、DVD購入決定です!

そして、第二部のライブ・・・・
滅茶苦茶カッコ良かったんです!またパワーアップしてます!
男の色気が漂ってます、汗すら美しい・・・

帰りたくない・・・夜の部も見たい・・・
でも、函館から来てる身、翌日は仕事・・・
しかも、昼の部のこの時間でさえ、最終便の飛行機の時間ギリギリ・・・・
完全に無理・・・・
その衝動なのか日本エレキテル連合の朱美ちゃんメイクなのに
滅茶苦茶なリクエスト(今年流行の・・・壁が無かったのでエアで(笑))
をし、緊張のあまり顔以上に、頭が真っ白になりました・・・
こんなのはじめてです・・・
まさか、あんなリクエストを答えて頂けると思わなかったので
本当に嬉しかったです、感謝です!
来年、松村さん35周年を迎えられるというので、
お芝居は勿論来年のライブも楽しみです!
来年は朱美ちゃんにならないようにしたいです(大汗)


[PR]
by hakodate0711 | 2014-12-30 22:07 | 日常

皆様、お疲れ様です。
今年も、今日を含めあと3日(といってもそのうちの1日もあと数分・・・)
となりました・・・・
何かと忙しい師走の時期です。
皆様も、バタバタ走りまわられてると思いますが「魔」も強く出ている時期か
と思います。
私も忙しくやっと遅ればせながらインフルエンザ接種をしてきました・・・
やらねばならないことも書きたいこともたくさんあります。
しかし、何かが抜けていて、やらなきゃと思いつつできない・・・
これも「魔」なんでしょうかね・・・
先日、母がスーパーで財布を落とし
(善意ある方が拾って下さりカウンターに届いて母の手元に無事戻った
拾って届けてくださった方ありがとうございます<(_ _)>)
私も車を運転中、信号のない道で、左右の確認を怠り危うく接触事故・・・と
こちらも油断と言う名の「魔」が・・・
いっそ、あの大ヒットアニメ「妖怪ウォッチ」のように
「魔ウォッチ」なるものがあって「魔」が見えたらいいのにと思う今日この頃です・・・

しかし、「紅白」「レコ大」「演歌の花道」「駆け込みドクター2015身体チェンジSP! 」
眺めながらの楽しい年末年始を過ごいたいので、魔に付け込まれないように
したいです。
皆様、楽しい年末年始のためお気をつけくださいませ!



[PR]
by hakodate0711 | 2014-12-29 23:18 | 日常

皆様、お疲れ様です。
今日は、やっとブログを冬仕様に模様替えをしみました
さて、不埒な輩が多い昨今ですが、最近、幅聞かせてる不埒な輩と
いうことで今日は悪徳週刊誌のお話を・・・・

有名どころでは完全にゴシップ誌に堕ちた恥ずかしい雑誌
「週刊文春」は自称・元看護師の証言による「池田大作重病説」を
「衝撃スクープ」と大々的に報じました。
しかし、この自称・元看護師は、池田先生の担当でなかったどころか、
実際に看護師であったかどうかさえ定かでないという・・・
結局、「週刊文春」の記事が、虚報・誤報のオンパレードだったわけです。
その後、「なんちゃってお詫び文を」読者投稿欄の脇にたった17行載せたましたが、
このガセネタの形跡は、「週刊文春」ウェブサイトのバックナンバーコーナーから消される
こともなく、目次の脇に訂正も載せないままにしております。
よく、「池田大作重病説」のネタを言ってくるのはインターネットを使って検索をかけた人が、
ミスリードされた結果なのです。
皆様、もし、身近にミスリードされた方に関してはこのように回答してあげてください。

「週刊新潮」はもっとひどいし、「フライデー」も指して変わらない雑誌です。


皆様、このように悪は日顕宗や顕正会だけではございません、
学会や法華経の行者を貶める「週刊新潮」「週刊文春」「フライデー」等の
学会等を陥れるマスゴミも撲滅対象です。

私の解釈としては、この手の週刊誌を愛読することは
「法華経の御(おん)かたきをば大慈悲(だいじひ)の菩薩(ぼさつ)
も供養すれば必ず無間地獄(むげんじごく)に堕(お)つ」
(1133ページ 主君耳入此法文免与同罪事
(しゅくんのみみにこのほうもんをいれようどうざいをまぬかれるのこと))
(通解 法華経の敵に供養すれば大慈悲の菩薩でも必ず無間地獄に堕ちる)
にあたるかと思います。
この手の週刊誌は名誉棄損で訴えられた時の裁判費用を含んで販売して
おりますので、学会や法華経の行者と裁判を行う時の費用に使われて
しまい、自らが法華経の敵になってもしまいます・・・・
怖いですね~、恐ろしいですね~、皆様、その手の雑誌は買ってはいけません!
撲滅を祈りましょう!



[PR]
by hakodate0711 | 2014-12-20 22:07 | 日顕宗(悪)僕滅

皆様、お疲れ様です。
全国的に大荒れの天気となっておりますが、皆様大丈夫でしょうか?
函館の天気は、落ち着いておりました。
ご無沙汰しておりましたが、私、何とか生きております(汗)
ご心配おかけしてすいません。

しかし、最近、「魔」と言うものが、びっくりするようなところに潜み
引きずり降ろしてくるものだと思うことがありました・・・・
皆様、「魔」というのは私たちが想像する以上に狡猾で何手先も
読んでくるものです。
これからの忙しい師走の時期、伸びてくるなら手は魔の手より猫の手が
良いですね(笑)
とりあえず、「ルールルー」と子猫ちゃん呼んでみます(あれ?)
[PR]
by hakodate0711 | 2014-12-18 23:14 | 日常

皆様、寒い中、本当にお疲れ様です。
あっという間に師走ですね(汗)
色々お忙しいと思いますが、本当に事故にお気を付け下さい・・・

さて、今日は、この前の「お題目の話③ 喉のケア」の松村雄基さんのラジオでの話の
続きからになります。
松村さんが「先輩の俳優さんに、喉のケアのこといろいろ教えて頂いて・・・・
とにかくね、リラックスすることなんだって。
『大体、赤ちゃんの声っていうのは嗄(か)れないだろう?』って・・・
あれだけ大きな声で泣いてるけど、嗄れた赤ちゃんの声なって聞いたことない。
なんでだろう?それ、緊張してないからなんですって。喉をしめてないから。」
と仰っておりました。
すごいです、非常に為になるお話です!
実は、私、題目してる時「絶対叶える!」「ここで絶対終わってたまるか!」等と
いう一念のあまり力むタイプです・・・・
声が嗄れやすいのを納得してしまいました(汗)
皆様「一念の因果」なので「一念」は非常に大事ですが力み過ぎずには
注意しましょう!

そして、「赤ちゃん」で思いだした御文と池田先生のご指導を・・・・

 日蓮大聖人は、題目の深い意義がわからなくても、題目の功徳を
そのまま身に顕(あらわ)していくことができる、と教えてくださっている。
 それは、あたかも「子供が母のお乳をすうのに、その味(中身)を知らなくても、
自然に、その身に利益(りやく)を得(え)る(成長していく)」(341ページ)
のと同じであると、と。
生まれたばかりの赤ちゃんのように、法門を理解していなくても、
題目を疑わずに唱えていけば、自然と、題目の偉大な力を身につけていく
ことができる。大聖人の仏法は、〝民衆”に開かれた〝民衆のための仏法”
なのである。
(1992年7月2日)
輝きの人間世紀へ 御書とその心 池田大作 41ページより

南無というのは、「生命を任せます!」と言うことですから
赤ちゃんのように疑わない心での題目をしていくこと最重要なのですね
今日は、ちょっと遅いので(汗)明日から!



[PR]
by hakodate0711 | 2014-12-03 23:22 | 私の体験談