<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

不信の言葉 「どうせ」①

皆様、お疲れ様です。
あと、数時間で3月も終わりで、もう4月ですね・・・
仕事、学会、氷川きよし特別公演、遠ざかるネバーランド等と私にとって
怒涛の3月でした(遠い目)
もう、1年の四分の一が終わって、平成26年度も終了・・・本当に早いものです・・・
東京の方は、桜が満開のようですが、函館の桜のはまだまだです・・・
おそらく、例年通り、4月の下旬に咲き始め、ゴールデンウィーク頃が満開かと
思いますので、「忙しくて桜を楽しめなかった」「もっと桜を愛でたい」等の方
是非、北海道にいらしゃってください(笑)

さて、先日、ある漫画を読んでいたら
「『どうせ』って言葉で楽しくなる人はいないからな
 『どうせ人間』は重い荷物しょわせて相手を一緒に沈めようしてるわけさ」
という言葉がありました。
すごい説得力のある言葉です。
でも、皆様、人生で結構「どうせ」という言葉使ってませんか?
「どうせ私なんて」という言葉は、「どうせ仏なんて」と言ってるのと同じことです。
この「どうせ」が、何故、謗法の言葉かは少しずつ書いていきます。






[PR]
by hakodate0711 | 2015-03-31 23:08 | 怨嫉の話

進まざるは退転

皆様、お疲れ様です。
またもや、書いてるうちに日付変わってしまいました・・・
この時期バタバタしてお疲れの方も多々いると思います。
私も、その中の一人です・・・
書きたいことも多々あるのですが、なかなか、頭がまとまらず、
時間もとれておりません(大汗)
その割に「ごきげんよう」の録画、ブログの模様替え等忘れてませんが(滝汗)

そんな中、目まぐるしく変わる日常や社会情勢について
会社での何気ない会話で耳に入ってきた一言を思い出しました。
「評価される『変わらない味』は、その時代の味覚に合わせて変化させ続けてる。
 逆に、本当にそのまま何もしなかった『変わらない味』は、『味が落ちた』と
人から言われてしまう」という一言を・・・

そして、以前あるところで読んだうろ覚えの記事ですが
「ある女優さん達は、自分の良かった頃の髪型やメイク等変えないために、
余計に年齢を際立たせ、痛々しく見えてしまう・・・・
しかし、別のある女優さんは、その時の自分を楽しみ変化させるため
年齢を重ねても魅力的になっている」というのを読んだことがありました。
賛否両論あると思いますが、納得できる話です。


池田先生のスピーチに
「たとえ、一時は、成功をつかんだかのように見えても、油断したり、
立ち止まってしまえば、すぐに後退が始まる。敗北に向かって落ちていく。
『進まざるは退転』なのです。前進し続ける人が、真実の成功者です」
という言葉があります。

「進まざるは退転」というのは、信心だけの話ではありません。
上記の例を挙げても、人間、企業等にも言える話なのです。
もっと広くいってしまえば、今生きてる生物は進化して今の姿になってるわけです。
そうでなければ淘汰されてしまうわけです。
その時代、環境の変化を楽しみながら、前進していきたいものです。

というわけで、今日(日付変わったので)は高校時代の友人と対話してきます。
うっかり、漫画喫茶で「NARUTO」とか読み直して延々
無言は避けたいところです(二人とも少年漫画好きなので・・・)










[PR]
by hakodate0711 | 2015-03-29 00:26 | 池田先生

理想の対話

皆様、お疲れ様です。
先週、行ってきました東京では桜の開花が発表されたとのことですが、
今日の函館は雪がちらつくものの、流石に積もることはなくなってきました。
そんな季節に、私も、幾分か行動的になり、友人達と会う約束をしております。
皆様もあるとおもいますが、私、久しぶりに友人と連絡を取る時に、
どう切り出そうと緊張する時があります。
しかし、今回は、「東京行って、『氷川きよし特別公演』見て来たよ~」とか
「『遠ざかるネバーランド』見て来たよ~」と言いながら現場写真
(勿論とってもいい場所や状況のものですが)入りLINEやメールを送りまくり
ながら連絡を取っておりました(笑)
こういう話に皆食いつきがよく、今までの友人の知らなかった趣向が垣間見えたりします。
(この辺の話は旅レポ、舞台レポも交えて後日書かせて頂きます(笑))

言わなきゃ、義務的なことと思うことは、なんとなく先延ばしに
なってしまい自分を追い詰め苦しく余計言いづらくなってしまうものですが、
楽しいこと、面白いこと、自慢したいことというのは、どんなに口を塞がれても
言いたくなるものです。
どんなに、口を塞がれても仏法の話をしたくなるようなのが理想かと思い、
そんな対話ができるようにと祈る今日この頃です。


[PR]
by hakodate0711 | 2015-03-23 23:12 | 私の体験談

奇跡

皆様、お疲れ様です。
先日の東京では「氷川きよし特別公演」に「本部」に、
「遠ざかるネバーランド」にと充実しすぎてて、うっかり
飛行機に乗り遅れるところでした(大汗)

本当は、3・16である昨日に更新したかったのですが
旅の疲れと睡魔に負けました・・・・
今日は、先日見た上記の「遠ざかるネバーランド」
(ピーターパンの話をベースにしてるのですが自殺問題や十界、一念三千について
詰め込んでる哲学的なストーリーでした。詳細は感想と共に後日書かせて頂きます)
においてピーターパンの友達、トゥ―トルズ(以下(トゥ))が
海賊フック船長の部下ドンキー(以下(ド))に囚われてる時の会話の印象的なシーン
(うろ覚え)がござしましたのでご紹介

(ド) 「みんな言ってるよお前のことが好きだって。
     船長だって言ってたろ、お前のことが好きだったって。」
(トゥ)「言ってないよ。」
(ド) 「言ってたろ。」
    「『ピーターパンは必ずお前のことを助けに来る』って。
     それは船長なりの『好き』ってことだ。
     すげぇんだぞ、船長に『好き』って言わせるなんて奇跡だよ。」
(トゥ)「そんなの奇跡じゃないよ。
    『今日のご飯はハンバーグ。』はい、奇跡。
    『あ、わりとおいしい。』はい、奇跡。」
(ド) 「そうだよ、それ全部が奇跡だよ。」

というシーンがございました。人間何気ないことでも奇跡なんです。
「人身(じんしん)は受けがたし爪(つめ)の上の土・人身は持(たも)ちがたし草の上の露」
(通解 人間に生まれてくることは難しく爪の上の土のようにまれであり、
その身を全うすることは難しく、草の上の露のようにはかない。 
崇峻(すしゅん)天皇御書 1173ページ)
生きていること、目が見えること、耳が聞こえること、口がきけること、匂いを嗅ぐことが
できること、体が動くこと、内臓が動いてること、何か一つできることそれ自体奇跡なんです。
よく、ロボットなどに人間が行う機能を一つつけるだけでも物凄い労力と費用が
かかり、大発明となります。
そこから考えても「人間」は本当に奇跡の存在なんだと思いました。
そして、今日生きてることだって奇跡なんです。
今、台風で大変なことになっているバヌアツの人々だって、事故や災難等に遭われた人だって
前の日にこんな目に遭うとは思ってもみなかったはずです。
明日が来ることは当たり前ではありません、本当に奇跡なんです。
この「生きる」という「奇跡」に感謝していきたいものです。

ちなみに、帰りの飛行機内で、自分の会社の社長に会いました私・・・・
社長から「ここで会うなんて、凄い偶然、奇跡だね♪」と言われました。
えぇ、本当に「奇跡」です(大汗)











[PR]
by hakodate0711 | 2015-03-17 23:22 | 御書

お江戸へGO

皆様、おはようございます。
私,もんげー都会のお江戸に行き、蝦夷を留守に致します。
夕方、明治座で観劇、明日、本部と東京芸術劇場へ行く予定です
本部では「生命が変わらなければまたやる」の資料を収集してきたいと
思っておりますのでしばしお待ちを<(_ _)>


[PR]
by hakodate0711 | 2015-03-14 06:01 | 日常

妙とは蘇生の義なり 蘇生と申すはよみがへる義なり

皆様、お疲れ様です。
今日の函館は暴風雪です・・・・
私は、今週末の上京の為、スケジュールを詰め込んだため
なんだかフラフラしております・・・・

さて、今日は東日本震災から4年ですね・・・・
本日のタイトルの御文は東日本震災の時に、被災した学会員の方を
支援した折、お礼ととともに送られてきた決意の言葉です。
強い決意に心打たれていたので、ご紹介させて頂きます。

  妙 とは  蘇生の  義なり 蘇生と 申 すは よみがへる義なり
(みょう) (そせい)(ぎ)    (もう)

法華経題目抄(ほけきょうだいもくしょう) 947ページ

(通解)
妙とは蘇生の意味である。蘇生とは、蘇(よみがえ)るということである。

先生のこの御文のことを引用したご指導を一つ

 人生、いろいろなことがある。悲しみがあり、苦しみがある。毎日、
いやなこともある。夫婦げんかもあれば、離婚して不幸になる場合もある。
仲が良くても、子どもが病気になることもある。自分が病むこともある。
ありとあらゆる悩みがある。生きていくことが、どれほどたいへんなことかー。
 その人生を「生きて生きぬく」ためのエンジンが信仰である。ロケットのように
悩みの雲を突きぬけて、ぐんぐん上昇していく。生き生きと、限りなく向上していく。
幸福の大空を遊戯(ゆうげ)していく。そのための噴射力(ふんしゃりょく)が
信心である。
 南無妙法蓮華経と唱えれば、「生きぬく力」がわいてくる。「希望」がわいて
くる。煩悩即菩提(ぼんのうそくぼだい)で、悩みを喜びに、苦しみを楽しみに、
不安を希望に、心配を安心に、マイナスをプラスに、すべて変えながら生きぬいて
いける。絶対に行き詰まりがない。
 日蓮大聖人は「妙とは蘇生の意義である。蘇生とは蘇るということである」
(947ページ)と仰せである。個人も、団体も、社会も・国家も、すべてに
「生きゆく活力」を与え、みずみずしく蘇生させていく。それが妙法の
偉大なる力である。
(1994年2月6日)
輝きの人間世紀へ 御書とその心 池田大作 344ページより

私がどうこう語る言葉もない、様々な状況に置かれてる人に対して
先生の的確な激励の指導ですね。
そして、「蘇生の姿」は仏法を立証する姿だと私は思っております。


 



[PR]
by hakodate0711 | 2015-03-11 22:10 | 御書

人のことはほっとくか祈るか、どっちかしかない

皆様、お疲れ様です。
というか、書いてるうちに日付跨いでしまいました・・・・
もう、3月ですね・・・
早いもので、今年も六分の一が終わっちゃいましたね・・・・
バタバタしてるくせに来週末、明治座と東京芸術劇場に行く予定を
立てました・・・
「自分の首絞めてる?」と聞かれそうですが
私、自分に楽しみ与えてあげないとやる気をおこさない人間なので(笑)

さて、先日の「愚痴りたくなった時どうしたらいいの?」の続きの記事において
「それでも、まだなんとなく納得いかない」「モヤモヤする」という方のために・・・

 正しくても怨嫉した方が罰を受ける。させた方ではなく、した方に罰が出る。
そう御書に書いてある。「それが本当でも嘘でも」と書いてある。
怨嫉する理由が何であっても、同志であれば功徳はマイナスになって出てくる。
相手が間違っていれば、相手は因果の理法で裁かれる。人が裁くのではない。
法が裁く。相手の成長を祈ってあげること。そうすれば自分も相手も良くなる。
「幹部のくせに」と言わないこと。変な幹部もいるが、成長を祈ってあげること。
「幹部のくせに」と言ったら怨嫉になる。

 正しくても怨嫉になってしまう。成長を祈ってあげれば相手は変わらなくても
自分は良くなる。相手がやるからこちらも怨嫉をやり返すことを『差し違え』と言う。
これもよくあるが、両方とも功徳が消えてしまう。人のために功徳を消してはつまらない。
人のことはほっとくか祈るか、どっちかしかない。感情をぶつければ怨嫉になる。
御本尊に祈ってあげれば自分も相手も変わる。

河合師範 「信心の基本を学ぶ」②より

また河合師範「信心の基本を学ぶ」② かた抜粋しましたが
今回は上記の「人のことはほっとくか祈るか、どっちかしかない。」に
ついて掘り下げてみます。
「ほっとく」というのは、十四誹謗(松野殿御返事 御書1382ページ 
「教学の基礎」創価学会教学部編 324ページ)にある、
正法信受している人を軽蔑する「軽善(きょうぜん)」、
正法信受している人を憎む「憎善(ぞうぜん)」、
正法信受している人を妬む「嫉善(しつぜん)」、
正法信受している人を恨む「根善(こんぜん)」
と「正法信受している人」へ持ってはいけない感情として戒められてるものに
当てはまらない方法を河合師範が示したのだと思います。
なので「もう無理」「もう生理的に考えるのも無理」
「考えると余計に嫌になっちゃう」等考えたくもないという場合には
この方法もありかと思います。

さて「祈る」場合の別の河合師範の指導が
あったので再度ご紹介(前回は、この記事の中で紹介)

ある女子部から手紙がきました。
職場の嫌な同僚が辞めますようにって祈っていいかって聞いてきたことのある子です。
相手の成長を祈り始めると、その人が、ある朝の朝礼で突然号泣しながら
「もう人の嫌がることはしない」と言い出したそうです。
相手の成長を祈ったから相手が変わったんです。
みんな結構「あの人は変わらないよ」と思って祈らないもんです。

1998・2・14門真文化会館 河合師範の指導から抜粋

人間指摘すると、その指摘が正しくとも反抗したくなり
言い合いとなり話がこじれ余計悪い方向に向かっていく時があります。
池田先生の指導の境涯革命五原則から考えてみても
「良くなるように」「成長しますように」と祈るのが一番の近道かと思います。
ご本尊様経由で相手の生命に訴えるので、相手も無視はできませんから(笑)
「南無妙法蓮華経」の一言だけでいいんです、祈ったことに変りはありませんから







[PR]
by hakodate0711 | 2015-03-05 00:19 | 怨嫉の話


徒然なるままに書いてます


by hakodate07

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
日常
函館話
旅行記
日顕宗(悪)僕滅
私の体験談
池田先生
戸田先生
牧口先生
辻副会長
私が聞いた体験談
於保先生(ドクター部)指導
河合師範
御書
指導
生命が変わらないとまたやる
教学
怨嫉の話
宿命転換
因果の理法
世界の人々
お知らせ

以前の記事

2018年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

お気に入りブログ

最新のコメント

管理人多忙につき、これか..
by hakodate0711 at 03:10

メモ帳

最新のトラックバック

スペインの経済発展を象徴..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

本当の勝敗は見えぬところにある
at 2017-10-29 17:40
函館百景① 野生のパンダ!?
at 2017-10-11 20:33
真面目に生きることは「功徳」
at 2017-08-19 19:56
バッファローマンと会社と創価家族
at 2017-08-17 18:53
嫌いな人と因果と祈り(酒と泪..
at 2017-07-09 18:24

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
哲学・思想

画像一覧