人気ブログランキング |

境涯革命五原則

境涯革命五原則

一、他人に言ったら愚痴になり・御本尊に訴えれば祈りになる。
二、世法で苦労すれば苦しみが残る・信心で苦労すれば喜びと福運が残る。
三、感情で対すれば怨嫉となる・題目で包容すれば成長出来る。
四、方法ばかり考えると迷いになる・決意して祈ると知慧が沸く。
五、出来ないと決めると出来なくなる・やろうと決めて祈ると力が出る。


「冬は必ず春となり、逆戻りしない」にお越し下さりありがとうございます。
常連の方々にはご理解頂いていると思いますが、当ブログは創価学会指導、
教学、私のお気楽な日常が綴られております。
指導、教学において自分の見解が多分に含まれている所もございますので、
ご了承くださるようお願い致します。
このたび、2013年11月18日と当ブログの1年(2012年11月2日開始)
を記念し、この「境涯革命五原則」を胸に2030年に邁進していきたいと
思いトップに持って参りました。宜しくお願いします。

最近、管理人多忙でして、記事更新、過去記事整理がままならなず様々滞っております。
誠に申し訳ございませんが、コメント受付を休止しております<(_ _)>
 
また、過去記事の整理の編集作業のため、過去記事のコメントをオフにしておりますので
誠に申し訳ないことに、過去に頂きましたコメントはブログ上からは消えております。
せっかく頂き、勿体ないお言葉の数々ですので別のデーターにて保管させて
頂いております<(_ _)>




# by hakodate0711 | 2020-11-18 02:12 | 指導

皆様、お疲れ様です<(_ _)>
皆様と同様忙しい日々を送っておりました・・・
忙しさや、強気弱気の波に翻弄され更新がなかなかできなかった
というのもあるのですが、戦えば戦うほどに法華経の敵を見つけ
怒りに震えること多々ありました・・・
激情に任せて暴言や失言をしてしまったらとんでもないことに
なったり、足をひっぱたりしかねないので少し頭を冷やしてからと
思い発言を控えていた部分もございました・・・

さて、戦えてる人も、なんだか戦えてない人も、皆様に、こちらの御書を・・・

謗 法 を責めずして成仏を願はば火の中に水を求め火を尋ぬるが如くくなるべし 
(ほうぼう)
はかなし・はかなし、何に法華経を信じ給うとも謗 法 あらば必ず地獄にをつべし、
                     (ほうぼう)
うるし千ばいに蟹の足一つ入れたらんが如し、毒気深入・失本心故は是なり
                  (どっけじんにゅう・しつほんしんこ)
曾谷殿御返事 1056ページ

(通解)
謗法を責めないで成仏を願うことは、火の中に水を求め、水の中に火を探すような
ものである。 はかないことである。はかないことである。いかに法華経を信じて
いても謗法があれば必ず、地獄に堕ちるものである。千杯もの漆の中に蟹の足
を一つ入れたようなものである。
「毒気が深く入って本心を失えるが故」(法華経如来寿量品第16)とあるのは
このことである。

例え、信心を頑張っていても、「法華経の敵」を見過ごし、戦わなければ、
自身の成仏は絶対にあり得ないとのこと

「うるし千ばいに蟹の足一つ」と仰せのように大量の漆も、蟹の足を一つ入れ
ただけで漆の効能は全部なくなってしまう。少しの謗法もあってはいけないとの
譬えとのことです

日顕含め傲慢の輩等の極悪は勿論、近年、SNSの発達により、
俗衆増上慢(法華経の行者を迫害する、仏法に無智な人々。
法華経の行者に対して、悪口罵詈(悪口や罵ること)などを浴びせ、
刀や杖で危害を加えることもある)もまた明らかになってきました。
勝利を祈ることは大事です、しかし、これらの輩に対しての祈りを
忘れてはなりません。
これらを野放しにすれば、上記の御書と解説の通りの今までやって
きたことはゼロそして、また悪も人知れず大きくなっていくのです。
最後の最後、このことを忘れずにいきたいものです。






# by hakodate0711 | 2019-07-20 22:27 | 日顕宗(悪)僕滅

皆様、お疲れ様です、そしてお久しぶりです。
いつの間にか「令和」の時代に突入しました(汗)
誰の血も流れず、誰の不幸もなく、新しい時代の節目に遭えたのは
素晴らしいことだと思っております。
そして、このブログも「平成」「令和」と二つの元号を跨ぎ続くとは
思っておりませんでした(笑)

さて、ゴールデンウィーク中、更新しようと思っておりましたが
厚田に行ったり(なんと、今回は私も運転したりしました・・・)
持ち帰りの仕事したり、題目の強化に勤しんでおりました。

「よく、お題目があげられない・・・」というお話を聞き、
人それぞれの対処方法を聞いたりするのですが、
私が題目を続けられる理由は、「サボるとすぐ福運がきれるから」です。
私は、1日1時間以上題目をあげていないと、みるみる福運が減って
色々トラブルが起き、日常の歯車が狂っていくのが、はっきり出てきて
常日頃、さぼることが許されない状況に置かれております(笑)

3月初旬のある朝、なんだか、元気がわかず、
母に「私、まだ題目足りないわ・・・」と言った瞬間、
背後から「足りない」と言う声が聞こえてきました。
その声の正体は・・・たまたま、かけていたいたテレビのCMの声でした(笑)
その声のタイミングに、「あぁ、やっぱり題目足りないんだ」と
改めて自覚しました。
そこで、いつもより、また少々腰を据え、題目をあげております。

6月には、またちょっと東京に行くし、また忙しくなるし
気合入れねばならないなと思っております。






# by hakodate0711 | 2019-05-12 16:38 | 私の体験談

皆様、お疲れ様です<(_ _)>
本当は、三越劇場で見たマクベスの感想を書く予定でしたが
私の頭の中で、あの曲がリピートしたため、予定を変更します。
あの曲とは、はなわさんの「埼玉県のうた」が・・・
先日「翔んで埼玉」を見てきました。
函館では公開してしてなかった(「上映しろ函館(T_T)」)ので、
わざわざ札幌に・・・しかも友人まで巻き込んで見にいってきました\(^o^)/

感想を一言でいうと
突き抜けすぎて、面白かったです!
私の今まで見た映画(数少ないですが)NO1となりました!
もう一度、見に行きたいですというかDVD即買いです!

「埼玉県民には、そこらへんの草でも食わせておけ」の台詞の通り
それは、それは滅茶苦茶な世界ができあがっております(笑)
茶番劇と言いながらも、ストーリがちゃんと作りこまれており、
差別の問題だったり、親子の関係だったり、人の成長物語だったりするので
笑いだけでなく、泣けるところ泣けます。
「のだめカンタービレ」「テルマエロマエ」の武内英樹監督がメガホンを取り
未完であったこの作品を「魔夜先生が続き描いたら、こうなるだろうな」
と言うのを余すことなく描いております。
GACKTさんは、主人公の麗そのまんま過ぎて、麗を演じることが
彼の使命のひとつだったんじゃないかと思うくらいでした(笑)
原作の男性から女性に変更させることも検討された百美役を
「これ、私が男性の役をそのまま演じたほうが面白くないですか?」と
提案し演じた二階堂ふみさん、キュートで応援したくなりました!
大漁旗を華麗に着こなし怪演した伊勢谷友介さん
流石のカリスマ京本政樹さん・・・等々出演者皆様、この世界の人では
と疑うことないくらいにハマっておりました。

原画展に行くほどの魔夜峰央先生のファンの私ですが、パタリロは勿論、
ラシャーヌ、妖怪始末人トラウマ、毒師プワゾン、美少年的狂想曲、
多くの魔夜先生の作品読んできております。
再出版前の「翔んで埼玉」が収録されていたという「やおいくんの日常的で
ない生活」の単行本も読んだことがあったのですが、
何故か「翔んで埼玉」を読んだ記憶がないのです・・・
未完成の上に、魔夜先生自体描いたこと忘れてた35年以上前のそんな作品が
今になって日の目を見るどころかスポットライトのど真ん中に立ち
話題作になっているのです・・・
武内監督はインタビューで「30年前の原作なんですけど、当時は出来なかった、
今だから出来る作品なのかなって」と仰っておりました。

そして、はなわさんの「埼玉県のうた」も元々は「埼玉県」と言う歌で
2003年に発表したアルバム『HANAWA ROCK』に入っていた一曲でした。
武内監督は、この「埼玉県」について「2年前からこの曲を聴きながら、
プロデューサーたちと作品を作り上げていました」とも仰り、
是非、主題歌にとはなわさんにオファーしました。
「埼玉県」をグレートアップさせたのが「埼玉県のうた」です。
はなわさん自身、15年以上前の歌が、初の映画主題歌となり、今、話題となっているのです。
時代、キャスト、スタッフ、技術等々揃った今だからこそできた映画だったと思います。

昔、女子学生部時代の友人が体験の中で「『時』がある」ということを
語っていたのを思い出しました。
まさに「時」がなせる技なのかもしれません・・・
なかなか叶わない、上手くいかないと思う時あるかもしれませんが
願いが叶う時というのは一番良い時を選んでる時かもしれません。

今年は魔夜先生の代表作「パタリロ」が上映されるのですが、
「翔んで埼玉」のヒットにより「パタリロ」の期待のハードルが上がったなと思いました。
役者さん、スタッフさん、大変かもしれませんが、「パタリロ」大いに期待しております!
そして、今日は奇しくも魔夜峰央先生のお誕生日!おめでとうございます。
この記事が、今日書かれたことも「時」だったのかもしれません。




# by hakodate0711 | 2019-03-04 22:02 | 私の体験談

皆様、お疲れ様です<(_ _)>
来週末は東京に行くので、その準備もありつつバタバタしてる
うちに日が空いてしまいました(汗)
「GLAY好きの函館在住の管理人さんは、「Winter,again」とか
聴いてロマンチックな函館の冬に浸っているのね」と思っておられると
思いますがそれは、絶対にありません!
函館のリアルな冬は、寒さ、雪、氷、それに伴うトラブル等との戦いですから!
冬は、気持ちが寒くなるので、なるべく冬の歌は聴かないようにしてます・・・
むしろ、「「HOT LIMIT」踊ってみた☆ 登美丘高校ダンス部
Tomioka Dance Club 」の動画等見まくって
「雪よ、融けよ」「暖かくなれ」という一念で生きております。
春通り越した方向を見てます(笑)

さて、最近、社会を見ていると痛ましいことの多く、
腸(はらわた)煮えくり返り一日中イライラ、モヤモヤしてることがあります。
そんなイライラ、モヤモヤしながら、お題目をあげていた時に、
ふと心に浮かんだのは「因果の裁きはある」ということでした。
その後、ちょっと学会誹謗の罰の現象を見てしまい
「うわ~、何、このクリーンヒット」と驚きつつ、
仏法、学会や先生の誹謗中傷はなんと恐ろしいんだろうと改めて思いました。
ネット等で学会や先生の誹謗中傷をしてる人はどんだけ恐ろしいことを
してるのかなと怒りを通り越して心配と哀れの感情が湧いてきました。
そして、また、お題目をあげていた時に、心に浮かんだのは
「どんな理屈も仏法に勝てない」ということです。
皆様、仏法には素直に従っていきましょう!

# by hakodate0711 | 2019-02-10 21:40 | 因果の理法