本当の勝敗は見えぬところにある

皆様、本当にお疲れ様です<(_ _)>
私も、しばらくだれておりました
その割に、安く大阪に行く方法を西村京太郎の小説の登場人物ばりに
調べてたな私・・・
結局、年末、東京に行くので結局断念しましたが(泣)

さて、今日は、物事、今、目に見えてる結果だけで判断しない
ほうが良いと思う話を二つほど紹介します。

まず一つは、1週間ぐらい前に判明した話を・・・
今から5年ほど前ですが、母と私は、ある友人の家に対話しにに行き、
帰り際、友人の旦那さんの態度に「ひぃぃ、絶対、怒ってるよ~」
と思い、それ以来なんとなく避けておりました・・・・
しかし、ほんの一週間ほど前、その友人とラインでやり取りをしていたら、
旦那さんの話になり友人よりも、実は、旦那さんの方が遥かに理解し
応援し、信じてくれていてくれたことを聞きました・・・
私も母もいい意味でビックリ仰天です(汗)

もう一つは、以前こちらのブログの2016年3月16日の
桜梅桃李② どこで咲き誇るかわからない・・・にて紹介した話ですが・・・
ある有名大学の信心強盛な女性が、就職活動の結果、彼女は、自分の希望しない
中小企業の会社に就職することになりました。
一方で彼女の友人(信心してない)は大企業に就職しました。
当然の如く彼女は、「どうして、あの子があの大企業に就職できて、なんで私が・・・」
と非常に悔しい想いをしたそうです。
しかし、彼女の就職した企業は不況に強く、残業も少なく、年間休日も多く
尚且つ、都市から郊外に向かう通勤なので渋滞に巻き込まれずに楽で
学会活動し放題で毎日が充実していたとのこと(笑)
前述の友人は、大企業に就職したものの、残業三昧で休みも取れず、毎日
疲れ切っていたということ・・・・

余談ですが、仕事でも言い争いになった人とは後後、信頼関係が生まれ
何もなかった人の方が、最後の最後で大揉めになったりすることがあります。
本当の勝敗は、すぐ目に見えるところにあるわけでなく
意外なところにあるものです。





[PR]

by hakodate0711 | 2017-10-29 17:40 | 私の体験談

函館百景① 野生のパンダ!?

皆様、お疲れ様です。
大分ご無沙汰して申し訳ございません<(_ _)>
社会情勢も変動し、私自身、仕事に、学会活動に、趣味に
バタバタしてる間にあっという間に早いもので10月・・・・

今朝、車線変更の際にサイドミラーの確認が甘くて
危うく事故を起こすところでした・・・本当に危なかったです・・・
自分の運転が下手なのはもちろんですが、魔が来てるな
と思うところありますので注意喚起と自分の戒めにも
書かせて頂きました・・・・
皆様、お気を付けくださいませ・・・・

さて、上野動物園で生まれたパンダが「香香(シャンシャン)」と
名づけられ、盛り上がってる頃、函館では、野生のパンダが・・・・!
「観光資源が増えた!」と思ったのですが、野性のパンダではなく、
正体はヒグマとのこと
道総研環境科学研究センター、間野勉自然環境部長曰く
「ヒグマで間違いありません。 (見た目から)2歳~3歳
くらいの個体か雌の成獣。 パンダのように見えるかもしれないですけど、
(こういう配色は)北海道のヒグマでは一般的です」 とのこと 
「一般的なヒグマですか?ここまで、パンダ柄なのは見たことないんですが・・」
という疑問は多々あるんですが・・・・
間近で見てみたいところですが、遭遇したら確実に命がないので止めておきます・・











[PR]

by hakodate0711 | 2017-10-11 20:33 | 函館話